« 冷え性の強い味方、ゲット | トップページ | 合格祈願菓子が気になる »

アルク「日本語教師になろう 2009年版」に記事書いた

アルクから毎年、刊行されるムック「日本語教師になろう」の2009年版が、1月19日、刊行になりました。

Photo私がフリーランスになったのを知ったアルクの編集者の方が、声をかけてくださり、何本か記事を書かせていただきました。3章の後半、国内就職と海外就職の部分などを担当しました。

今年の編集テーマは、日本語教師の魅力を明るく伝えたい、ということ。日本語教師は、景気がよくなると、なり手が少なくなる、と言われます。実はいま、日本語教育業界は人手不足。新しい人に入ってきてほしいということもあって、そのような編集方針が打ち出された、ということでした。

その編集方針通り、今回は、日本語教師として活躍している魅力的な先生たちが、たくさん紹介されています。私も取材で、何人かの先生にお会いしましたが、みな、日本語教師という職業を自然体で楽しんでいる様子。

日本語教師って、ちょっと変わった人がなる職業、のように思われていた時期もありましたが、久しぶりに取材に出て、その認識は変わってきているな、と感じました。

本はすでに書店に並んでいると思うので、ぜひご覧ください。

http://shop.alc.co.jp/spg/v/-/-/-/7008025/

|

« 冷え性の強い味方、ゲット | トップページ | 合格祈願菓子が気になる »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冷え性の強い味方、ゲット | トップページ | 合格祈願菓子が気になる »