« 可愛いサイズの炊飯器、ゲット | トップページ | 玉ねぎを切るときは口で息を »

北窓開く

フリーランスになりたてのころ、一時、俳句を趣味にしていた時期があった。仕事のほうが忙しくなって、最近はすっかり離れてしまったのだが、そのときに買った歳時記をたまに見ることがある。

春の季語で、とても好きなものがある。

「北窓開く」。

冬の間、閉め切っていた北側の窓。春が近づいて、だんだんと暖かくなってきたので、それを開ける、という意味だ。

今日は、そんな暖かさを感じる日だった。北の窓を開けると、まだ寒いことは寒いのだけれど、冬の間、部屋にこもっていた寒さが外に抜けていくように感じる。

今日の一句。

  北の窓 開けっ放して 抹茶ラテ

寒いのは本当に苦手。早く一気に暖かくなれ。  

|

« 可愛いサイズの炊飯器、ゲット | トップページ | 玉ねぎを切るときは口で息を »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 可愛いサイズの炊飯器、ゲット | トップページ | 玉ねぎを切るときは口で息を »