« 三軒茶屋のるーちゃい&ディーチャイでリフレッシュ! | トップページ | 朝青龍のインタビューに感動した! 大相撲春場所 »

活版印刷と約物コースター

荻窪に「アトリエ・ハコ」という、古い民家を改装した小さなギャラリーがあります。

ここの2階では、フランス語の教室が開かれていたり、日本語教師なら教授法の勉強をしたときに必ず1度は聞いたことがある「サイレント・ウェイ」のレッスンもしている、ということで、前から気になっていた場所でした。

ギャラリーは1階。そこで、この週末、「活版と製本展」という作品展が開かれていました。

実は数日前、若頭が帰りがけに、このギャラリーの前を通りかかり、持ち帰ってきた案内ハガキがとっても可愛かったのです。

080321212107印刷業界では、写真植字やDTPの発達で、今はほとんどなくなってしまった活版印刷という方法。それをあえて使ってデザインをしたり、本や名刺などの作品づくりをしている、「LUFTKATZE(空の猫)」という方たちの作品展。

若頭も私も、仕事柄、活字には興味津々。特に若頭の実家は昔、活版印刷の工房を営んでいたこともあって、懐かしさを感じてでかけました。

いろいろと展示されている作品の中で、私が目を引かれたのは「約物コースター」なるもの(はがきの下に写っているものです)。

約物」って、なんだかご存知でしょうか。編集関係の仕事をしている方はご存知だと思いますが、「約物」とは、文字や数字以外の活字のこと。つまり「。」や「、」や「( )」などの記号や、「♪」「〒」などのマークの総称です。

080321211952この「約物」だけを使って和紙に印刷したコースター、というわけです。マニアックでいいよなあ。今はあまり使われなくなった郵便マークや何に使われるのかわからないマークも。接写したのが左の写真です。ちょっと暗いかな(実はデジカメが壊れてしまった・・・。ケータイではやはり、きれいに撮れない・・・sad)。

本にしても名刺にしても、活版で印刷したものは、活字の部分が微妙にへこんでいて、手で触るとわかる。活版印刷の活字って、やはり味わいがあるものですね。

|

« 三軒茶屋のるーちゃい&ディーチャイでリフレッシュ! | トップページ | 朝青龍のインタビューに感動した! 大相撲春場所 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
つるぎ堂と申します。
元日本語教師で、現在活版印刷をやっております。
私も活版印刷でいろいろと制作しております。
日本語教育業界と活版印刷はあまりイメージが結びつきませんが、
お好きな方もいらっしゃるんだなあとうれしくなりました。

ぜひ、ブログご覧ください。

http://tsurugido.23.dtiblog.com/

投稿: つるぎ堂 | 2008年11月16日 (日) 16時32分

つるぎ堂さん、ご訪問&コメント、ありがとうございました。

元日本語教師で、しかもいまは活版印刷のお仕事をされていらっしゃるということ。先ほど、ブログも拝見いたしました。素敵な作品を制作されていらっしゃいますね! 

私は教えるより、編集のほうが仕事としてはメインなのですが、仕事がら、文字にとても興味があります。

また、ブログ、遊びに行かせていただきますね。

投稿: 青山美佳 | 2008年11月16日 (日) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三軒茶屋のるーちゃい&ディーチャイでリフレッシュ! | トップページ | 朝青龍のインタビューに感動した! 大相撲春場所 »