« 大野雄二さんの「犬神家の一族」はやっぱり名曲 | トップページ | 三軒茶屋のるーちゃい&ディーチャイでリフレッシュ! »

「留学生・就学生を一本化」の記事が朝日に

今日2008年3月20日、朝日新聞14版 38面に「留学・就学生を一本化 政府方針 30万人実現へ転換」という見出しの記事が出ていた。

まだ、今朝の時点では、新しいニュースなのか、朝日新聞のネットニュース「アサヒ・ネット」で検索したがヒットしなかった。

記事によると、福田総理が1月に出した「留学生30万人計画」の実現に向けて、留学生を増やす目的がある、という。

「就学生」は、一般の人には耳慣れない言葉かもしれないが、主に日本語学校で学んでいるのが就学生。留学生は大学や専門学校で学ぶ学生で、ビザの種類も違う。

「就学生」は、留学生と同じように、「学校に通っている」のに、定期券の「通学割引」の対象にならなかったり、奨学金制度も少なくて、留学生に比べると冷遇されている。

これが一本化されて、就学生も留学生と同じような待遇を受けられるようになるとすれば、朗報だと思う。成り行きに注目したい記事だ。

追記:アサヒ・コムに、やっと出ました。今のところ、報じているのは朝日だけのようです。

http://www.asahi.com/job/news/TKY200803190334.html

**********************************

|

« 大野雄二さんの「犬神家の一族」はやっぱり名曲 | トップページ | 三軒茶屋のるーちゃい&ディーチャイでリフレッシュ! »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大野雄二さんの「犬神家の一族」はやっぱり名曲 | トップページ | 三軒茶屋のるーちゃい&ディーチャイでリフレッシュ! »