« 春を感じる花、ナガミヒナゲシ | トップページ | 自家製「もっちり豆富」 ! »

世界の文字で遊ぼう

「世界の文字で遊ぼう」という、面白いHPを見つけた。

http://www.geocities.jp/p451640/moji/skm/skm_00.html

ハングル、モンゴル、タイ、ヘブライなど、世界各国で使われている文字について、どういう仕組みで成り立っている文字体系なのか、という説明がついていて面白い。また、自分の名前など、ひらがなで入力すると、その文字に変換してくれるというページもあって、楽しめる。

日本語は縦書きで上から書く、あるいは横書きの場合は左から右へ、というのが基本だけど、言語によっては、縦書きで上から書くのが基本だが、行の並べ方は左から右(モンゴル文字)、とか、横書きで右から左へ書くと決まっている(ヘブライ文字、アラビア文字)など、さまざま。

中には、横書きのときは左から右へ、右から左への両方があり、しかも縦書きもあって、その場合は下から上へ書く(ヒエログリフ=古代エジプトの文字)といったものもある(ルール、ないじゃん)。文字自体は、ピクトグラムっぽい感じで、味わいがある。

そういえば、5、6年前に一時、トンパ文字なんていうのもはやったことがあったな。これもどうちらかというとピクトグラムっぽい感じで、可愛かった。

可愛いといえば、純粋に形だけを見てみると、タイ文字やビルマ文字は、なんだか丸っこくて可愛いらしい。ルールはなかなか複雑そうだ。

何かの形を写し取って簡略化して示す(つまり文字にする)とか、次の世代に何かを伝えていくために何かの形で記述しておきたい、という欲求は、古くから綿々と続いてきたんだろう。

25世紀ぐらいには、日本のひらがなやカタカナ、漢字も、きっと変わってるんだろうな。

|

« 春を感じる花、ナガミヒナゲシ | トップページ | 自家製「もっちり豆富」 ! »

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春を感じる花、ナガミヒナゲシ | トップページ | 自家製「もっちり豆富」 ! »