« 群馬では「くれる」と「あげる」が、ややこしや~ | トップページ | 『合格するための本 2009年度版』刊行! »

中国大陸で「日語能力測験・聴解」の対策本が出版に

昨年、松岡龍美先生と一緒に出版した日本語能力試験の聴解対策の本。

すでに韓国では時事日本語社から、台湾では大新書局という出版社から出版されているのだが、今回、中国大陸での出版が決まり、昨日、その刷り上りが届いた。大陸では、「天津電子出版社」というところで出版されているようだ。

表紙のデザインなどは、台湾版を踏襲しているが、ハコには入っていなくて、本冊のみの簡単なつくり。使い勝手はよさそうだ。解説と練習問題がたくさん掲載されていて、それにCDが2枚ついている。

_edited_3ちょっと驚いたのが、このCD。紙の袋には入っているものの、本にそのまま2枚、はさみこまれているだけ。本屋さんで売るときに落ちてしまったりしないのかな。ちょっと心配になってしまった。

私も、編集者としてCD付きの本を作ったことがあるが、日本だと普通、本冊から離れないように、紙あるいはビニールの袋に入れて、表紙の内側などに糊で貼り付けるか、本の真ん中のページなどに綴じ込みにすることが多い。1つのカルチャーショックでした。

で、表紙をめくって、また驚いた。著者紹介で私の写真が出ている!

_edited_4そういえば、むかーし、「著者の写真を掲載するので、写真を送ってください」と言われ、送ったことを思い出した。それが掲載されていたのだ。

大陸でも、この本で勉強し、試験を受ける人がいると思うと、なんだか不思議な感じがする大陸での受験者はすごく増えている聞くので、著者としては、この本が役に立ってくれると嬉しい(もちろん、たくさん売れてくれれば、もっと嬉しい)。

|

« 群馬では「くれる」と「あげる」が、ややこしや~ | トップページ | 『合格するための本 2009年度版』刊行! »

学問・資格」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

仕事で関わった本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 群馬では「くれる」と「あげる」が、ややこしや~ | トップページ | 『合格するための本 2009年度版』刊行! »