« 『合格するための本 2009年度版』刊行! | トップページ | 私は、ほんと、我慢できない女 »

オリーブの木に、花のつぼみが

Photoベランダにあるオリーブの木に、花のつぼみがつき始めた。オリーブは、樹齢が若すぎると花がつかない、と聞いていたのだが、去年あたりから花が咲くようになった。これがうまく受粉すれば、オリーブの実がなる、ということ。嬉しいなあ……。

と、思ったのもつかの間。オリーブは、1本だけだと受粉が難しく、実をつけさせたいなら、もう1本、違う種類のオリーブをそばに置かなくてはならないらしい。しかも、種によっては花の咲く時期が違うので、できるだけ花の咲く時期が近い種を選ぶとよい、ということ。

我が家で、今、つぼみを付け始めているのは、ミッションという種だ。調べると花の咲く時期が近いのは、ルッカもしくはネバディロ・ブランコという種類。ネバディロのほうが、受粉力(?)が強いということで、ネバディロちゃんの苗木を買ってきました。でも、まだ小さいから、つぼみがつくまで、また時間がかかるんだろうな。

ということは、自家製オリーブを作ることができるのは、まだ先か……。でも、ネバディロちゃんも、つやつやした若芽を出して成長しようとしている。うーん、成長を見守るか、もっと成長したネバディロちゃんをもう1本買うか。迷うところだ。

|

« 『合格するための本 2009年度版』刊行! | トップページ | 私は、ほんと、我慢できない女 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花と園芸」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『合格するための本 2009年度版』刊行! | トップページ | 私は、ほんと、我慢できない女 »