« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

8月31日は「ヤ・サ・イ」の日

今朝の新聞、真ん中のページを開けると、なにやらカラフルな全面広告が。

そして、「8月31日は、野菜の日。」というキャッチコピーが目にとまりました。

なるほど、「8・3・1=ヤ・サ・イ」ね。ふだんあまり目にすることのない野菜の花たちの絵が描かれています。オクラやレタスの花なんて、観賞用としてもよさそうです。

PhotoPhoto_2そんな「野菜の日」にふさわしく(?)、まず朝イチで、先週、タネをまいたハクサイとルッコラの間引き。

うーん、どれを間引いたらいいか、迷うよ~bearing。でも、これは、いい苗を育てるために必要な作業。いちばんひ弱っぽい芽を間引きました(左の写真)。

ルッコラ(右の写真の右)も、間引いて少し、芽と芽の間にゆとりを持たせました。あと、2、3回、間引きの作業をして、いい芽を残していきます。

間引いた芽は、食べられます。ルッコラは、こんな小さくても、しっかりルッコラのゴマ味がする。ハクサイも、さっぱりした味。あとでサラダに混ぜて食べよう。

間引きのあとは、「やさいの時間」の再放送で、「タマネギの球根」の植え方を勉強。

藤田先生いわく、「タネからまくと5カ月ぐらいかかりますけど、この時期に球根から育てたら、もう年末には収穫できますから」

藤田先生、私、早速、タマネギの球根、買ってまいりますdash (あれ、でも、どこで売ってるんだろう?)。

| | コメント (0)

シシトウが辛くなる理由

8月24日のブログで書いた「やさいの時間」のテキスト。

4月号からほしくなってしまって、ネットで注文して揃えました。

「趣味の園芸ビギナーズ」と「やさいの時間」の内容が一緒になって1冊になっています。

49表紙をみると、4月号から6月号は、「花時間」(角川マガジンズ刊)を感じさせる、おされ~な感じ。しかし、7月号から9月号は、一転、藤田智先生と野菜のコラボ(?)3連発。私はゼッタイ、7月号以降のほうが好きだな。

ちなみに、台割は、4月号も9月号も、そんなに変わってないみたい。

「やさいの時間」のほうは、いろんな野菜の育て方に関して、野菜の性質を考えると、こうしたほうがいい、というアドバイスがたくさん。科学的な説明がなされているので、「そうなのか~」と、いちいちナットク。

5月号はトマトの特集でした。あ~、これを先に読んでおけば、もっと収穫量、増やすことができたかも~。

6月号は、トウガラシ、シシトウの特集。シシトウって、たま~に、ものすごく辛いのが混ざってて、「あ、当たった!bearing」というときがありますよね。なんで突然、辛いのができるのか、コラムがありました。

読むと、いくつか理由があるようなのですが、その一つは、株が水切れや肥料切れなどのストレスを受けた場合。そうかあ、野菜もストレスを感じると、おいしくできないのね。

野菜づくりって、科学的な論理がわかると、もっと面白くなりそう。

8月号の最後の告知ページに、藤田先生が、所属される恵泉女学園大学で、公開講座を開かれるという情報があるのを発見!eye

早速申し込んじゃいました。「日本野菜紀行-秋編」というもので、ダイコンやカブ、イチゴなど、野菜の性質や栽培のメカニズムなどを知って、上手に育てるコツを学ぶ、というもの。

本当に興味と必要があって知りたい、と思ったことを勉強するのって一番身につくと思うし、なにより、わくわくします。

| | コメント (2)

これが子持ちレンゲの花?

Photoほとんど放置状態の子持ちレンゲ。

水をやったり、肥料やったりせず、あんまり手をかけないほうが、コイツらは元気なんです。自分にちょうどいいポジションをちゃんとみつけて、根を伸ばして成長していく。

で、昨日見ると、いちばんボス格の花の真ん中から、なにやら伸びているものが……。

もしかして、これが、子持ちレンゲの花sign02

子持ちレンゲは、ランナーの先につく可愛い子株からは想像できないほど、結構、グロな花が咲くということ。

「子持ちレンゲ 花」で、イメージ検索すると、いろいろな方がブログで紹介されています。

天狗の鼻のように伸びていくらしいのですが……。さて、どんな花に成長するのやら。

| | コメント (0)

ベランダからなにやらカサコソと……

昨日の夕方のこと。暗くなったベランダから、なにやらカソコソと物音がします。

「なんだろう? セミが迷い込んだのかな? でも、ゴキだったらイヤだから放っておこう」

30分ぐらいして、パソコンに向かって原稿を書いていると、右目の視界の最も外のほうに、そこにはあるはずのない「緑色」のものが、何かある!

視線をそちらに向けると、なにやら虫が……。

さらに近寄ってみると、あれ? スイッチョン?

カソコソ音の正体はコイツだったのかな? 珍客さん、とりあえず記念撮影。

Photo網戸ごしなもんで、あまり鮮明な写真でなくてすみません。

それにしても、必死にしがみついちゃってます。観察してみると、ときどき、まばたきなんかもして、顔もよくよくみると可愛い。おなかも膨らんだり引っ込んだり。ちゃんと呼吸してるんだね。

手ブレしない写真を撮ろうと思い、何か台を……と、その場を離れ、数秒後、戻ったら、もう姿は消えていました。

日が落ちるのもだいぶ早くなり、しかも、ここ数日の気温の低さのせいか、すっかり夜の主役はセミから秋の虫へ。過ぎ行く夏を感じました。

| | コメント (0)

ハクサイも芽が出ました!

Photo昨日にひき続き、同じような写真で恐縮ながら、ハクサイも芽を出しました!

可愛いハート型の双葉です。

どうやらこれも、夜のうちに芽を出した模様。

ルッコラも、昨日から今朝にかけて、芽の数が増えました。

もう少したったら、間引きの作業。丈夫な芽だけを残して、ほかは摘み取るのですが、この判断が難しい……。

みんな可愛い芽に思えて、抜いてしまうのも忍びないweep

でも、よいものを残して絞らないといけないんだよな~。

あ、でも、それって、仕事も同じかもsign02

| | コメント (0)

土がボコっ、ボコっ……あ、芽だ!

Photo早起きして、いつものように植物たちの様子を見ようとベランダへ。

土曜日にタネをまいたルッコラ。芽が出るまでは遮光することが必要、ということなので、鉢の上に新聞紙でふたをしてあります。

新聞紙をめくってみると、なんだか土がボコっ、ボコっと盛り上がってます。

「あれ? 虫でも出たのかな? せっかくタネ、まいたのに……gawk

と思って目を近づけてみると……「芽」でした~!happy01

5~7日ほどで芽が出る、と本には書いてあったのですが、土、日、月と3日で芽が出るとは早い! 昨日の夕方は出ていなかったので一晩で大きくなったんでしょう

ルッコラは、丈夫だし、根を残して外側の葉から摘み取るようにすれば、長く収穫が楽しめます。サラダにしたり、ピザにのせたり、ベーコンと一緒に炒めたり。あ~、夢のルッコラライフ! 

日曜にまいたハクサイも、早く芽、出してほしいんですけど~catface

| | コメント (0)

東京電力の雨量・雷観測情報

この夏は、結構雷が多かったですね。

雷がきそうだぞー、というときに、「東京アメッシュ」と並んでよく見たのが、東京電力が運営する「雨量・雷観測情報」。

関東甲信越地域限定ですが(東京電力だから当然か……)、地図上に雨量と落雷地域などが示されるというもの。

落雷は3分ごとの更新、雨量は6分ごとの更新。結構これも、刻々と変わる様子が面白いです。

落雷は、その落ちた時刻によって色わけされているので、雷が足跡を残して動いていくような感じで、これも面白い。

ただ、雷がなり始めると、アクセスが集中するのか、重くなって表示されなくなることもしばしばでした。東電さん、来年はもっとアクセスしやすいようにしていただけると嬉しいなあ。

これから秋にむかって、だんだん雷も減ることでしょう。今後の心配は台風かな。台風の面白いサイト、何かないかな。

| | コメント (0)

日光消毒できないじゃん……

昨日、土の再利用のため、日光消毒をしようとビニールの袋につめたものの、天気予報によると、この先1週間ほど、あまり天気がよくない模様。

日光消毒できないじゃん……despair ま、自然相手じゃ、仕方ないか。

Photoところで、NHKで放送している「やさいの時間」という番組に、最近ハマってます。

恵泉女学園大学の藤田智先生という先生が講師で、いろんな野菜の育て方をビギナーでもわかりやすく説明してくださっています。

この藤田先生が、いい味出してるんです。ちょっと秋田弁で、野菜が本当に好き、という感じ。

書店に行ったときに、番組テキストがあったので、手にとってみたら、藤田先生、いろんなポーズを取らされて撮影されてます。アイコラ、変装もあり。先生、そこまでなさらなくても~(coldsweats01) 

先生の七変化を楽しみつつ、本の中を読んでいくうち、野菜づくりを本格的にやりたくなってきてしまいました。恐るべし、藤田マジック。

で、9月号に載っていた「サラダ白菜(ミニハクサイ)」と「ホウレンソウ」のタネを、早速購入。タネの蒔き時は、まさに今。でも、冒頭に書いたように、まだ土の準備ができてないので、まずはポットに種まきをしようと思います。

発芽しやすいように培養土を買ってこなくちゃ(あ、でも、また土が増える~coldsweats02

| | コメント (4)

「緑ごと」の日

昨日に引き続き、今日も涼しくて過ごしやすい。

こういう日は、「緑ごと(植物の世話をすること。青山組の造語)」にうってつけ。夏の野菜もそろそろ収穫が終わったので、トマトを抜いて、秋まき野菜のための準備をすることにしました。

ベランダで植物を育てていて困るのが土。これまでは、混ぜると古い土が再生する、というものを買って混ぜて再利用したりしていたのですが、そうするとどんどん増える……。

捨てるのももったいないので、これまでは、面倒なのと時間がなくて、ちゃんとやったことがなかった「土の再生」をやってみました、土を日光で消毒して使う方法です。

①まず、鉢から 出した土をふるいにかけて、根や鉢底石、そのほか、大きなゴミを取り除きます。

このとき、少し湿っていたほうが、ほこりがまったりしないので、よいかもしれません。

②ゴミなどを取り除いた①の土を、大きなビニール袋に入れ、水を全体にかけて湿らせる。

③ビニール袋を密閉するようにして縛って、直射日光のあたる場所におくPhoto_4。できるだけ、空気を入れないようにしたほうがよいみたい。

Photo_5Photo_6直射日光で温められると、袋の中が60~70度ぐらいになり、さらに水分が入っていることによってスチームのような効果があり、土が消毒できる、ということのようです。真夏の直射日光なら1週間ほどで大丈夫ということ。

消毒が終わったら、タネをまく1週間ほどまえに苦土石灰と肥料をまぜれば土作り完了。

サイトによって、日光にさらす期間が1カ月になっていたり、ビニール袋の色も、黒や透明などいろいろなんですが、とりあえず、クリーニングに出したときの袋を利用しました。

さて、何の野菜のタネをまこうかな。それにしても、土の香りって、いいもんですね。

| | コメント (2)

「くらこん」のウラ話

8月14日のブログで書いた「くらこんの塩こんぶ」。

パッケージの「塩こん部長」が、ひときわ目を引きますが、今日はその「ウラ話」。

ウラ話といっても、塩こん部長の苦労話とか、ヤバイ話ではなくて、パッケージの裏面のことです。一番下を見て、これまた目を引かれました。

Photo食品衛生法では、食物アレルギーを引き起こす可能性のある物質が現在25品目あって、使用している場合は、表示することが定められたり、表示が奨励されたりしているということ。

厚生労働省のHPにも、「アレルギー物質を含む食品」として掲載されていました。→こちら。「別添2:アレルギー物質を含む食品に関する表示Q&A」の中の「A-2」というところに、25品目が出ています。

で、「くらこん」のウラを見ると、「使用している食品」として「小麦・大豆」が、まず表示されています。これは使用しているので、表示は当然でしょう。

目を引いたのはその下。「使用していない食品」として、上記25品目のうち、「小麦・大豆」を除いたすべての食品が表示してあるんです~!

どう見ても、塩こんぶを作るのに使用しないでしょう、と思われるキウイフルーツやバナナ、オレンジなども、しっかり表示されている~!

最初は、「え~sign02 そこまでしなくても」と思って、思わず笑ってしまったのですが、それは私が幸運にもアレルギーを持っていないからなのでしょう。

アレルギーを持つ方にとっては、それが命に関わることもあるのだから、安心して食べるためには必要な情報なんでしょうね。笑ってごめんなさい。

「使用していない食品」まで表示するとは、さすが、塩こん部長です。

| | コメント (2)

「上向き」な話

気は低迷、企業の収益は右肩下がり……なんだか世の中、下を向きたくなるようなことばかり。でも、今日は「上向き」な話。

といっても、ピーマンの話です。

アブラーの団体さんがついてしまって、一度はもうダメかと思われたピーマン。思い切って葉をカットし、例によってニームの煮出し液を葉にスプレー&土に撒いたら見事復活。

もう一花咲かせようと思ったらしく、けなげにも花をつけました。

で、見事結実しました! あれ、でも、なんかヘン!? PhotoPhoto_2

普通、ピーマンは下向きに実をつけると思うんですが、これ、思いっきり「上向き」に実をつけてます。

決して、写真の天地が逆になっているわけではありません。

上向きピーマン、成長中です。

| | コメント (2)

若ノ鵬ショック、抜けず……

大麻所持で逮捕された若ノ鵬。いまだ、ショック抜けず……。

その後、相撲協会幹部によって、若ノ鵬と同郷のロシア人力士への聞き取り調査が行われたということ。

ここで疑問。どうして外国人力士ばっかり、ターゲットにするんだ? 

そして懸念。今回の件で、「外国人力士」という存在に対して、風当たりが強くなること(すでにその気配は見える)。

若ノ鵬がやったことは、確かに許されないと思いますが、それによって外国人力士全体の問題に広げるのは、やはりちょっと違うと思うんだけど。

1人の例をもって、その国全体の人を「○○人はこうだ」と判断してしまう、という過ちを、自分も含めて、人はどうしても犯しがち。人はそういうもの、と言われてしまえば、仕方ないですが……。

でも、ある1人の日本人が海外で悪いことをしたとして、それによって日本人全体が犯罪者のように言われたら、「ちょっと待って。日本人全部が悪いことするわけじゃないんですけど……」って、言いたくなる。

「外国人力士」と一括りにして語るのはカンタンだけど、そこには危うさもあると思う。日本人力士を個人個人として見るのと同様、外国人力士だって、やっぱり個人個人で見るべきじゃないかと、私は思うんだけど……。

| | コメント (0)

電気代が先月の倍以上だ~!

昨日、電気代の請求書がきました。

金額を見ると……ひぇ~! 先月の倍以上……crying

できるだけ、こまめに電気を消すようにしたり、風があるときは窓をあけて風を通すようにしていたんだけどなあ。

まあ、毎年この時期、電気代は、ほかの月より高くなるのだけれど、今年は日中、家にいることが多く、夜も暑くて一晩中しつけっぱなしにしてしまった日も多かったからなあ。

財布にも身体にもよくないとわかりつつ、誘惑に負けて、エアコンを使いすぎました……反省。

その代わりといってはなんですが、ガス代は先月よりだいぶ安い。火を使ってない、ってことですね。

と書いていたら、風がだいぶ出てきた模様。これから東京地域にも、雷さま、登場でしょうか。涼しくなってくれるとよいのですが……

| | コメント (0)

若ノ鵬よ・・・

ロシア出身、間垣部屋の若ノ鵬。大麻所持で逮捕とのニュース。

ショックです。5月に連合稽古を見学させていただいたとき、白鵬に「かわいがられて」いた、ちょっとお茶目な力士。

ちょっと問題児っぽい感じはしていたけど、まさか大麻に手を出しているとは……。

厳しい処分になるよなあ、きっと。身体もいいし、素質もあるし、明るいキャラがいい味出しそう、と思っていただけに残念です……shock 嗚呼、若ノ鵬。。。

| | コメント (2)

シシトウ3兄弟

3第1期の収穫が終わったあと、追肥をしたら再び、花が咲いて実がなったシシトウ。

第1期より、花が密集して咲いたため、実も結構、くっついて生っています。

ちょうど大きさが3段階になっているシシトウ3兄弟を発見。

一番大きい兄ちゃんは、今晩あたり、収穫して煮浸しにしよう。

| | コメント (0)

涼しいから部屋の模様替えを

今日は朝から涼しくて、天国のようconfident。連日の酷暑から解放され、しとしと降る雨が本当に気持ちいいです。植物たちも、心なしか、ほっとしているように見えます。

涼しいせいか、身体を動かすのも苦じゃない。そこで、前々からやりたいと思っていた部屋の模様替えをしました。

ずっと、生活動線がこんがらがっていて、それがすごいストレスでした。しかし、頭の中で「この食器棚をこっちに持っていって、こっちの机を向こうに移動して・・・」と、考えてはみるものの、どうも決まらない。

でも、今朝はこの涼しさに誘われて、「ええい! まず、一番使いにくい食器棚を動かしてしまえ!」・・・とやり始めたら、頭の中で考えていたよりも、結果的によいレイアウトになった。

ダンナの資料も収める場所ができて、床の上に置かれていた資料もなくなって、気持ちいい。

貴重な涼しい1日、有意義に生かしたような気がします。

| | コメント (2)

浅野さんの漆展、行ってきました

Photo一緒に『中上級のにほんご』を作っている浅野陽子さんは、漆芸・蒔絵作家でもあります。

その浅野さんと、藍染物作家の陶守マリさんが、今週の月曜から銀座のギャラリーで開いている「真夏の工芸展」に、お邪魔してきました。

浅野さんは、編集・ライターの仕事でも、かなり忙しいハズなのに、いつの間に、こんなにたくさんの作品を作られたんでしょう!?

器やお箸などの実用的なものから、ペンダントやブレスレットなど、アクセサリーもたくさん。

また、最近は蒔絵で絵も描かれているということ。それも素敵でした~。

Photo_2いい色のブレスレットがあって、一目見て気に入ってしまい、購入。赤い色がなんとも上品。そこに金でアクセントの模様が入っています。

オールシーズン、いろんな服装に合わせて付けられそうです。

| | コメント (2)

毒のある植物って、結構あるんだ

真夏の庭を彩るキョウチクトウ。きれいな花だな、と思っていたのですが、実は毒がある植物だということ。

毒のある植物って、どんなのがあるんだろう、と思って調べると、結構多いことにオドロキ。

このHPでは、どんな植物が、どんな毒を持っていて、どんな症状が出るのかまとめられています。独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構というところのリストです。家畜に対する毒植物ということみたい。

花の写真もついていて、結構面白い。
有名どころでは、トリカブトやヒガンバナなど。トリカブトって、結構キレイな花なのね。

そして、意外な植物が毒をもっていることに、これまた驚き。
例えばスズランやスイセンなど。清楚な顔をしてアンタ、恐ろしい……というところでしょうか。

恐ろしいのはワラビにも毒があるということ。昔は家畜が食べてしまって、よく中毒を起こして死んでいたらしい。

植物のほうにしてみたら、食べられないようにという防衛で、毒を持っているんでしょうね。

このHPも、コメントが面白い。ところどころ、オカシナものも紛れ込んでます。

毒草はその加減によって薬にもなる。奥が深いです。

| | コメント (2)

「塩こん部長」のモデルは……?

Photo7月17日のブログで書いた塩こんぶ「くらこん 塩こんぶ」。近所の生協で購入したものです。

昨日、ダンナが、ある日本語教育関連の先生(K先生)にお会いしたところ、17日のブログを読んでくださっていたらしく、突然の告白。

実はこの「塩こんぶ」の発売元である「くらこん」の創業者は、K先生の奥様のおじい様なのだそうです(「の」が多いな・・・)。

なんという偶然! 早速気になってHPを検索したら、ありました。株式会社くらこんのHP!→コチラ。おー、塩ひじきふりかけというのもあるのかー。

Photo_2ところで、この塩こんぶ、なんといっても目を引くのが、パッケージに描かれた「塩こん部長」です。このちょっと高橋悦史入ってる、昭和ヒトケタのにおいのする部長って、いったい誰なんだろう、と思っていました。

HPの下のほうをみると、「塩こん部長って一体何者?」というボタンがある。その正体は、果たして……。気になる方は、コチラをご覧ください。実在だったのね。

そのほか、HPでは、塩こんぶを使ったレシピもいろいろ紹介されていて、お役立ちな感じです。

最初は正直、「何じゃ? このネーミング」と思ったりもしましたが、味もおいしいし、量もたっぷり入っているのが嬉しい。一家に1人、塩こん部長。

| | コメント (0)

興味津々な「緑のカーテン」

日本語とは関係ないほうの仕事で、「緑のカーテン」について、調べました。

「緑のカーテン」は、緑色の布のカーテンではなく、植物の葉を生い茂らせて、窓の外を覆い、直射日光をさえぎる、というもの。

植物は、根から吸い上げた水分を葉の裏から蒸発させる「蒸散作用」があるため、「緑のカーテン」の内側の気温が下がり、室内の気温も下がる効果があるそうです。

結構涼しくて、エアコンを使わなくてもすむようになる、ということで、電気代の節約にもなるし、身体にもよいみたい。

しかも、環境にもやさしい、ということで、最近は、あちこちの自治体や小学校などで、緑のカーテンをつくる取り組みが行われているようです。

杉並区のもの:http://www.kankyou.city.suginami.tokyo.jp/curtain/index.html
横浜市のもの:http://www.city.yokohama.jp/me/minami/kusei/project/midori/3340.html

緑のカーテン、興味津々! でも、ネットを張ったり、結構大掛かりな感じで大変そう?

向いているのはゴーヤやヘチマなどで、種まきは3、4月ぐらいにやるとよいということ。来年挑戦してみたいことのひとつです。

| | コメント (0)

食わず嫌いだった「ちんすこう」

Photo沖縄の有名なおみやげ、「ちんすこう」。

「珍しいお菓子」という意味があるというこのお菓子。なんとなく、これまで食わず嫌いで、敬遠していました。

ところが、数カ月前に、おみやげでいただいて食べたら、これがおいしい! すっかりファンになってしまいました。

で、同じものを、おととい、近所のカルディで発見。

宮古島産のもので、「雪塩ちんすこう」と言います。

普通のちんすこうとはちょっと違うようですが、塩加減、甘さともにちょうどよい。ちょっと小腹がすいたときに食べるにはもってこいです。

宮古島でとれる自然塩「雪塩」は、ミネラルも豊富なんだそうです。

| | コメント (0)

発根した!

昨日の水耕栽培トマト。今朝みると、枝の下のほうに、なにやら白いモヤモヤっとしたものが……

お~、なんと根が出ているではありませんか! 昨日は確か出てなかったハズ。一晩で根が生えたのか(ダンナの髪もそうだったらいいのに……)

Photo Photo_2 Photo_3

それにしても、発根までするとは、すごい生命力です。このまま、どこまで育てることが可能なんでしょうか。

もし、花が咲いて実がなったら、すごいかもしれない。こうなったら、いけるところまでいってみようと思います。

| | コメント (0)

水栽培でも結構イケる?

Photo_4Photo_2 トマトの枝が折れてしまった~。

でも、実がついているので、捨てるのは忍びないし……、ということで、急きょ、空き瓶に水を入れて挿しておいたら、結構元気な様子。

左は昨日の朝。

そして、右は今朝。

なんと、実も少し赤くなっています。sign01

このまま水栽培でも、熟しそうな勢い。

熟したら儲けモン。それにしても、トマトって、意外と強い植物なんだなあ。

| | コメント (2)

15分で

Photo今日の朝、カーテンを開けて植木の様子を見ると、シシトウがしなしなになってる~!

そういえば、昨日の夜、水をやり忘れてた~! 見ただけで、こっちのノドが乾きそうなぐらい、カラカラに土が乾いてる!

わー、かわいそうなことしちゃった。

慌てて、じょうろでたっぷり水をやりました。

すると、上のほうの葉から、だんだんとピンとしてくるのがわかりました。

そして、約15分後の姿が下の写真です。

Photo_2無事、元気を取り戻しました。よかった~coldsweats01

アブラムシも、いまのところ、ぜんぜん付いていない様子。

ニームスプレーをしたからなのかどうかは、証明できないですが、今のところ、まいたのはニームスプレーだけなのは確かです。

| | コメント (0)

8月8日のオリーブ

今日は8月8日。北京オリンピックがいよいよ開幕です。

中国でも、「8」はすごく縁起のいい数字だということ。北京オリンピックの開会日であるということ、また縁起のいい8が並ぶことから、中国では、予約も含めて、この日に結婚届けを出すカップルが2万組(!)いるそうです。→コチラ

数字の縁起かつぎ、って、中国にもあるんですね。

とかいいながら、うちも実は今日が結婚記念日。うちも中国のこと、言えないんですが、思いっきり縁起かついで、平成8年8月8日に婚姻届けを出しました。今日から13年目に入ります。よく続いたな。

というわけで、8月8日のオリーブです。先月7月7日のオリーブと比べると、すこーし、大きくなったかな。全部で30コほどが順調に成長しています。

  0808108082

| | コメント (5)

グーグルストリートビュー、すごすぎ……

今月5日に始まった「Google」の新サービスストリートビュー。バーチャルで、その道を歩いているように風景を見ることができる、というもの。

遅ればせながら、見てみました。

……す、すごすぎ。撮影時に通りかかった人や車まで写っている。

Google Earthが始まったときも驚きましたが、今度は上空からではなく、地上の光景なので、自分が普段見ている光景そのまま。「すごい!」を通りこして、怖いです。

うちの近所を見てみたら、さすがに幹線道路から入ったところまでは見られないのですが、ほんとにすぐ近所の光景がそのまま、見られました。

自動車にカメラを搭載して撮影した、ということ。いつごろ、撮影してたんだろう。先月半ばぐらいに取り壊された家は、そのまま写っていたので、少なくともそれよりは前だろうけど・・・。

映像は、どのぐらいで更新するんでしょうね。今はまだ、うちの前の道の映像はないようですが、撮影に来られたら、ちょっと怖いなあ。洗濯物なんかも写りこんでいるらしいので、下手なもの、出しておけないよおcoldsweats02

| | コメント (0)

可愛いフォント

「創作集団にほんご」のほうのブログにも書いたのですが、手書き風の可愛いフォント「ふい字」。

もっとほかにも可愛い手書き風のフォントってあるのかな、と思って検索したら、たくさんあるものなんですね。

たとえば、京風子(きょうこ)さんという方が運営されている「あんずいろ」というHP。ここで公開してくださっている「あんずもじ」というフォント。可愛らしくて、しかもきれい。漢字もシフトJISに入っているものは全部かけるようになっています。

フリーで配布してくださっているので、こちらダウンロードさせてもらっちゃいました。ちょっとプライベートな手紙を書くときなどに使いたい。

もう一つは、rinaさんという方の「rain road」というサイト。こちらも可愛いフォントがたくさん。アルファベット、ひらがなだけのものも多いようです。

ここの「XOフォント」というフォント。「う●●」マークが大好きな友人に紹介したら、とっても喜んでくれました。こちらでダウンロードできるようになっています。

そのほか、いろんな可愛いフォントをまとめて紹介しているサイトもありました。

http://www.akibatec.net/freefont/fff.cgi?mode=kt&kt=01_01

http://www.apple.cx/~riko/Font.html

全部が無料ではないですが、無料公開してくださっている方も多い。ありがたい時代です

| | コメント (0)

「東京アメッシュ」、見ちゃう

今日の東京は、突然強い雨が降ったり、雷が何度も襲ってきたりと、落ち着かない天気でした。

特に夕方ごろ、この辺りは雷様が真上で暴れていたようで、稲妻が光るのと音がほぼ同時。パソコンを立ち上げておくのが怖いので、何度もつけたり消したり。なんか仕事もあまり進みませんでした。

ところで、雨が降りそうなとき、最近、よく見るのが「東京アメッシュ」。東京都下水道局が運営しているHPです。10分ごとに、どこで、どのぐらいの量の雨が降っているか、地図上にわかりやすく示してくれるもの。

刻々と変わる様子は、見ていると結構面白いです。

今日はさすがに当てはまりませんでしたが、最近、この「東京アメッシュ」を見てて思うのが、埼玉と東京の境、23区と多摩地区の境あたりに、なにやら雨雲をブロックする見えない壁があるんでは?ということ。

というのも、北関東や奥多摩などで発生した雨雲が、東京に向かって進んできても、東京に入ろうとすると、急に右に流れて千葉のほうに行ってしまったり、やっと練馬あたりまで降りてきても、急に勢力が弱まり、結局都心までは到達せずに消滅したりすることが多いんです。

「一雨きてくれれば涼しくなる~♪」と待っていても、その期待が裏切られることが多い。

東京湾からの風の向きの影響なのか、ヒートアイランド現象が関係しているのか、原因はまだ調べていないのですが、汐●あたりに立ちふさがるビルが風を邪魔しているということも聞くし、練馬区では最近、雷が多く豪雨になりやすい、ということも聞くし・・・。

昔は、夏でも夜は、自然の風や夕立で十分、涼しかったハズなのになあ。一晩中、エアコンのスイッチが切れない夏は、これからも続くんだろうか。

| | コメント (0)

シシトウ第2章?

Photo7月の半ばに、それまでに花が咲き、実になったものは、すべて収穫しおわったシシトウ。

もう今年の収穫は終わりだな、と思っていたのですが、実をとり終えてから1週間ほどしたら、また花芽がつきはじめました!

「最後の気の迷いか?」と思いながらも、「これはひょっとして……?」とも思い、そのままにしていたら、花芽の増えること、増えること!

あっという間に、また花盛りになってきました。第1期よりも花芽の数は多いぐらい。

どれかに栄養を集中させるために、脇芽は摘んだほうがいいのかどうなのか、わからない。

検索してみると、「摘まなくてもぜんぜんOK!」みたいなことを書かれている方が多いので、私もしばらく放置してみることにしてみます。

今回は、この段階でニームスプレーをかけ、アブラー対策。これでアブラーが来なかったら、ニームスプレーの効果もホンマモンと思ってよさそうです。

Eiyouzai追記(2008.8.5)

そうそう、第1期の最後のほうで、栄養剤を上げました。再び花芽がついたのは、その影響もあるかもしれません。

| | コメント (0)

ハーブを食べる5:チーズトーストwithスイートマジョラム

Photoスイートマジョラムが、また元気に育ったので、今朝は、チーズトーストの上にのせて食べてみました。

チーズトーストにスイートマジョラムを、というのは、いつもコメントをくださる、さゆりんさんからいただいたアイディアです。

食パンを、まず少し焼いたら、その上に、とろけるチーズをパラパラ。そこに、ピザの素(トマトとバジルのペースト)を適量、かけます。

その上に、フレッシュスイートマジョラムと、バジルの葉をのせます。それをレンジで2分ほど焼けば出来上がり。お好みで、ピーマンやトマトなどをのせてもよいと思います。

私は、あっさりしてて、おいしいと思ったのですが、ダンナは「肉系のものがのってない……」と、ちょっと物足りなかった様子。

確かに……。

次回は、ベーコンを細かく切ってのせるか、ソーセージを薄切りにしてのせてつくってみようと思います。

| | コメント (0)

コインロッカーで売っているのは?

080730173240うちの近所には、大きな農家があります。

所有する土地は結構広いようで、うちの周りは畑が広がっている。なんとビニールハウスまであります(一応、23区内なんです~coldsweats01)。

ハウスではトマトが栽培され、一部生産緑地となっている畑では、きゅうりやナス、サトイモ、ピーマンなどなど、夏の野菜がつくられています。

そこで収穫された野菜は?というと、実は近所で販売さています。その販売所が左。そう、コインロッカー販売! 摘みたての野菜が入れられて、100円で販売されているんです。

安いし、おいしいので、近所の人には結構人気。トマトやきゅうりなど、人気のある野菜は、朝早くいかないと、あっという間に売れきれちゃう。

野菜だけでなく、たまに花や苗木なども売っていることがある。この日は、通りかかったのが夕方近くだったので野菜は売り切れ。左のほうに花の苗が残っていました。

この間は、ナスが3本100円で売っていたので購入。1本1本、結構大きくて、しかも味がしっかりしてました。ものによっては生協より安い。値上がりラッシュの昨今、ビンボー人には嬉しい販売所。

さて、夕飯の買い物がてら、ちょっとのぞいてこよう。

| | コメント (2)

ルビナビゲーションの辞書登録、やっとわかった

今、かかわっている本で、入稿データにルビをつけるために使っているのが「自動ルビ振りアプリケーション RubyNavigation」。キヤノンから出ているものです。

http://ps.canon-its.jp/rn/

テキスト形式にしたものを読み込ませ、一括してルビをつけることができるもの。モノルビかグループルビかの選択や、教育漢字について学年ごとに振るか振らないか、1学年ずつ、設定ができるようになっていたりしていて結構便利。

例えば、日本語能力試験2級までの漢字にはルビを振らない、としたいとすると、小学校1~3年生までの漢字にはルビを振らない(抑制)という設定にすると、だいたいですが、振られないようになります。

ただし、それではまだ精度が悪いので、もっと正確にしたい、と思ったときに、「辞書機能」で、ルビの「抑制・出力」の登録ができるようになっています。

ところが、この使い方が、わかりにくくて、ネットで調べてもぜんぜんわからず、マニュアルみてもワカラナイ。しかし、あれこれと使っているうち、ようやく登録できる方法がわかりました。これでだいぶ効率があがりました。

「辞書管理」を立ち上げる→ルビ編集画面に戻り、ルビを振りたい語をWクリックして選択→マウスの右ボタンで出てくる「辞書登録」をクリック→登録画面が出てくるので、読み方を記入。そして、品詞と「出力・抑制」を選んで登録。

登録する際の注意点は、文字ごと、間に「-(ハイフン・マイナス)」を入れること。

例えば、

・「登録」だったら、「とう-ろく」というように入れる。

・「くり返し」などの場合、前の2文字は振りたくないときは、「--かえ」と振る。

・「聞き取り」など、「聞」だけにふりたいときも、「き---」と振る。

まだ、どのように登録すると、もっと効率的なのか、完全には把握してないのですが、これでもだいぶ作業がラクになりました。

とりあえず、自分でやり方を忘れないように、ということで記録。

ルビを振り終わったデータは、「ファイル」から「ルビ付きテキスト」で書き出します。

InDesignやQuarkなど、形式が選べるので、組版所で何を使っているか、確認して書き出せばOK。組版用のソフトなので、ワードには直接書き出しができないけど、一度組版ソフトに読み込ませたものをコピペすることは可能のようです。

もっと工夫すれば、『中上級のにほんご』の作業も効率化できるかもしれません。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »