« ウーロン茶味の「百奇」 | トップページ | うちのインテリアに統一感がない理由 »

露鵬・白露山、その2

9月2日の「露鵬、白露山、尿検査で陽性反応」の一報から3日。

最終的な結果がまだ出ていないので、なんともいえないですが、その後の報道を見ると、簡易検査では本当に大麻を吸引したかどうかまでは判定できない、とか、鎮痛剤が反応を示した可能性もある、とか、後から「本当にクロかどうか、決められない」といったニュアンスの情報が出てきています。

最初の衝撃が大きくて、私も不覚にも「君たちまで……」と思ってしまったのですが、後から出てくる情報を見ると、まだ、本当に「クロ」かどうかわからない段階で発表しちゃって、よかったのか、という疑問が出てきました。

これで、本当は違っていた、ということになったら、露鵬と白露山、かわいそう。

それにしても、北の湖理事長は沈黙を守ったまま。こういう場合、きちんと説明責任が果たせないというのは一番、トップとしてまずい対応だと思う。

何かあると逃げるトップって、これまで食品偽装事件などでも見てきたけど、結局、社会的信用をどんどん失う結果になっている。

偽装したり悪いことしたりしている会社なら、それで自滅して結構だけど、相撲好きの身としては自滅してほしくない。だから、北の湖理事長には、ちゃんと説明してほしいな。

|

« ウーロン茶味の「百奇」 | トップページ | うちのインテリアに統一感がない理由 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

相撲」カテゴリの記事

コメント

こんな騒ぎのさなかに、平然と(?)日課のサウナに出かける北の湖理事長・・・。
事態の重さ・危機感を感じていない証拠でしょうか?
大相撲が大好きだから、悪くいいたくないのだけれど、あの理事長の態度には、ちょっと苦言を呈したいです。
そんな中、露鵬の親方・大嶽親方は、
「彼らは、大事な子ども(=弟子)ですから、その彼らがやっていないと言うのだから、ぼくは彼らを信じます」
って、マスコミの前ではっきり発言していました。
ぐっときました。
が、それはそれとして、ドーピング問題は、今後、きちんと話し合って、対処していかなくてはいけないのではないか、とも思いました。

投稿: チャッキー | 2008年9月 6日 (土) 00時44分

チャッキーさん、ありがとうございます。

ほんと、大嶽親方のほうがちゃんと対応してますよね。

「ノーリアクション」「黙ってる」って、最悪な対応だと思います。
周囲の不信感を募らせるだけ。

早く結果が出て、2人の疑いが晴れることを祈るばかりです。


投稿: 青山美佳 | 2008年9月 6日 (土) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウーロン茶味の「百奇」 | トップページ | うちのインテリアに統一感がない理由 »