« 初めから「間引き菜狙い」って邪道? | トップページ | 日本野菜紀行-第5回 イチゴ »

青山部屋のちゃんこ

寒くなってくると、鍋物が恋しくなりますね。

我が家でも、「ここは、青山組じゃなくて青山部屋かよっ!」というぐらい、秋から冬にかけては、ちゃんこがヘビーローテーション。

Photoちゃんこを作るときによく参考にするのがこの本。

相撲部屋直伝のちゃんこ料理50種」という題名です。押尾川部屋に取材協力を得て、実際に作られているちゃんこレシピが紹介されています。

その日にある食材によって、いつもレシピ通りに作るわけではないのですが、この中で、ゼッピンと思ったのが「鶏の塩炊き・中華風仕上げ」。

皮付きの鶏肉をぶつ切りにして、鍋に入れる前に、ゴマ油で炒めるのがミソ。

その後、鍋に湯をわかして沸騰したら、この炒めた鶏肉を炒めたゴマ油ごと鍋に投入!鶏肉が煮えてきたら、あとはハクサイやシイタケ、エノキダケ、ニラ、モヤシなど、野菜類を加えます。

これ、ハマりますよ~。味つけは、塩、こしょう、うまみ調味料適宜。
塩何グラム、とか、そんな細かいこと、この本、出てませ~ん。
なので、味を見ながら足したり引いたり。

今日は、豚肉があるので、白味噌・ショウガ汁でいってみるかな。体温まりそうだ。smile

|

« 初めから「間引き菜狙い」って邪道? | トップページ | 日本野菜紀行-第5回 イチゴ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初めから「間引き菜狙い」って邪道? | トップページ | 日本野菜紀行-第5回 イチゴ »