« トリセツマン通信005 | トップページ | 青山部屋のちゃんこ »

初めから「間引き菜狙い」って邪道?

今月初めに報告した「徒長してしまったダイコン」。

藤田先生にお聞きしたら「日光不足」ということでした。でも、まだ回復可能ということだったので、鉢を日当たりのいい場所に移動。

そして、化成肥料をやり、間引きもして土寄せ(根元に土を盛り上げること)をするなど、少し手をかけて世話をしたら、なんだか回復してきた模様です。左が手入れ後、右が手入れ前です。

Photo_2 Photo

写真を撮った角度は違うのですが、なんか、ダイコンの葉っぱっぽくなってきました。でも、肝心な根っこが、ちゃんとダイコンになるべく成長しているのかどうかは、正直、よくわかりません。

ところで、間引いた芽って、サラダの上にのせて食べたりすると、結構オイシイ。そこでハタと思った。ちゃんと育てる場所がないのなら、発想を転換して、最初から間引き菜狙いで、いただいたタネ、じゃんじゃん蒔いちゃう、っていうのはどうか!?

でも、それって家庭菜園道としては、やっぱり誤ってますよね(でも、ホントに場所ないの~ タネはたまる一方……)。 

|

« トリセツマン通信005 | トップページ | 青山部屋のちゃんこ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花と園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トリセツマン通信005 | トップページ | 青山部屋のちゃんこ »