« 振り込め詐欺に注意! | トップページ | 5人目の雷神さま? »

初めて聞いたゼ、「ヴォラピューク」

週明けから数日、校了やら取材やら打ち合わせやらが続いて、なんだか忙しかった~。

で、先週の日曜日、19日は日本語教育能力検定試験の日でした。私も受験しました。

●試験Ⅰでは、苦手の敬語の分類が出てしまいました。 昨年2月に文化審議会の答申としてまとめられた「敬語の指針」です。これまでの「尊敬語・謙譲語・丁寧語」の3分類ではなく、「尊敬語・謙譲語Ⅰ・謙譲語Ⅱ・丁寧語・美化語」の5つに分類された、アレです。→参考:コチラ

「どうせ、E電みたいなもんだろう。根付かないよ」と、タカをくくり、まったく勉強していなかった……。問題を見て激しく後悔。やっぱり、知識として知っておくべきでした。

また、見慣れぬ語もみかけました。例えば「ヴォラピューク」。一瞬、私の頭の中には、芋洗坂係長が「ボ~ラレ、ボ~ラレ♪」と踊っている姿がフラッシュバックしました。

昼休み、外でお弁当を食べていると、偶然Oさんにお会いしたのでお聞きしたら、ヴォラピュークとは、世界共通語にすべく開発されたエスペラントと同じような国際人造語の一つだということ。さすが、Oさん! 芋洗坂係長を思い浮かべているようじゃ、ダメだね。

●試験Ⅱは、途中から頭真っ白。しかも、最後のほうの問題で、音声が流れているときに、受験生が問題冊子のページをめくることになって、その音で問題が聞こえない、というハプニングも。すごく動揺してしまって、残りの問題も、なんだかよくわからないうちに終了。。。

試験が終わったあと、私がいた教室では、一人の受験者が毅然と抗議されていて、周りも「聞こえなかったです」と同意。あとで聞いたら、ほかの会場では、受験生が係員に詰め寄って、かなりヒートアップしたところもあったようですね。

それにしても、音声試験の途中でページをめくる形に印刷するって、作成者側は配慮が足りないと思いました。

●試験Ⅲ。試験前にチョコレートを食べて、栄養補給したものの、もう頭が疲れてる……。途中で問題文がまったく頭に入ってこなくなってしまいました。その問題は飛ばし、次の問題に。なんとか集中力が戻り、筆記もマス目を埋めたものの、的外れなこと、書いたかも。

1日がかりの試験。疲れました。結果と向き合うのが怖くて、まだ自己採点もしてません……。

|

« 振り込め詐欺に注意! | トップページ | 5人目の雷神さま? »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 振り込め詐欺に注意! | トップページ | 5人目の雷神さま? »