« 誕生日プレゼント | トップページ | 来年の手帳 »

日本野菜紀行 秋編 第7回「タマネギ」

うー、忙しい。。。こんなに仕事が重なったのは久々です。。。

ようやっとさっき、校正の仕事がひとつ、片付きました。これからまた、大きな原稿がひとつ。締切は今月末(って、今日入れてあと4日だよ~!)

そんな中、26日は、恵泉女学園大学公開講座「日本野菜紀行」第7回講座がありました。この講座もこれで最終回。うー、藤田智先生の授業、最後だ・・・さみしい。

081127204817Cimg1118最終回のテーマは「タマネギ」。今回も苗をいただきました。先生は朝、伊勢原までいって、わざわざ買ってきてくださったということ。感涙。

タマネギ栽培のコツは、なんといっても「苗選び」。根っこの部分の太さが決め手。

太すぎると花芽ができて葱坊主になりやすい、逆に細すぎると霜柱にやられ、冬越しできない。

ちょうどいいのはエンピツぐらいの太さなんだそうです。

藤田先生いわく、「ホームセンターにタマネギの苗を買いにいくときは、耳に鉛筆をはさんでいきましょう」。

ポイント2は肥料。タマネギは酸性土壌が苦手。だから石灰を多めにまいて、PH6.5~7.0がちょうどいいということ。ほぼ中性ですね。

そして、ヨウリンを元肥に入れること。元肥とは、種や苗を植え付ける前に土に混ぜておく肥料。ヨウリンは植えてから追肥しても効果がないのだそうです。

理論はわかった。問題は、またもや「どこに植えよう」・・・。

今回の野菜講座は、7回だけでしたが、すごく野菜のこと、勉強になりました。藤田先生のギャグももちろん、面白かったのですが、野菜が育つメカニズムを知ることは、本当に楽しかった。

授業の最後、先生は「これからゼミ生の卒論の相談があって……」ということで、あまりゆっくりできず。「よかったら忘年会やりましょう。私が御馳走しますから!」と言い残して、教室を後にされました。

受講生の間から声をあげてくださる方が現れて、メールリストをつくることに。忘年会を兼ねて先生にお礼をという流れになりそうです。うれしい。せっかく7回、一緒に勉強した仲間。あまり授業では話ができなかったのですが、皆さん、野菜づくりの大先輩。いろんな話をお聞きしたい。宴会が楽しみです。

さて、それまでに仕事、あげて体をあけなくちゃ!

よっしゃ、またこれからひと頑張りじゃ! 

|

« 誕生日プレゼント | トップページ | 来年の手帳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花と園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 誕生日プレゼント | トップページ | 来年の手帳 »