« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

PDFをバラバラにしたり、くっつけたり

先週末にあがってきたPDF初校。全部で著者36人、120ページあるのですが、時間的な関係もあって、全ページ続いた形で出校。

最初、どうせコメントも入れなくてはならないのだから、プリントアウトして赤字を入れ、それをスキャンすればいい、と思っていたのですが、それでは鮮明なものを送れないことに気づいた・・・。

著者ごとに送るためには、各ページを切り離さないといけない。PDFプロフェッショナルというものがないと、抽出はできないと思いこんでいましたが、ググッてみたら、ありました! 好きなページだけ抽出したり、好きなページだけをくっつけたりできるフリーソフトがダウンロードできるサイト! papy's softwarelibraryというサイトです。→ コチラ 

ここのPDFknifeというものでバラバラにできる。

最悪、プロフェッショナル、買わないといけないかなあ、どうしよう、金ないのに・・・cryingと思い悩んでいたのですが、これで解決! 

対応OSがXPまでになっていたのですが、イチかバチか、Vistaでやってみたら動くみたい。これで安心して年が越せる~! あとは作業するのみです。

世の中には、本当にありがたい方がいるものです。感謝☆

| | コメント (2)

ミニハクサイを収穫してみた

秋に種から蒔いたミニハクサイ。

Nini_hakusai_2 無理やり4つ植えたハクサイのうちのひとつです。結局、大きく葉を広げるほかのハクサイに負けて、この子は日陰者となってしまいましたweep ごめん、ミニハクサイ。

すっかりグレちゃったのか、結球する気もなさそうだし、このまま、植えておいても大きくならないと思い、今朝、思い切って収穫。そして、お味噌汁に入れて食べてみました。

美味し~い! ほんとに1枚、1枚の葉のありがたみが違います。 

それにしても、やっぱりごめんね。無理やり4つも植えないで、もっと広々としたところに、ゆったりと植えてあげればよかった。

教訓:ベランダで育てる場合、数で勝負はあきらめ、ひとつひとつの品質を向上させることに力をそそぐべき。

| | コメント (4)

うちの野菜は方向感覚がヘンかもしれない

先月、収穫したホウレンソウ

収穫といっても、根は残しておいたら、またのびるかも?と思って残しておいたら、ここにきて、思惑どおり、また、伸びてきました~(左)。happy01 これはお正月のお雑煮に。

カブ(中)も、さらに大きくなってきました。でもー、なぜかー、ものすごく斜め向いてるんですけどーcoldsweats01

そういえば、夏に育てたピーマンは上向きになっちゃうし、うちのベランダの野菜たちは、なんで、こう、まともな方向に育ってくれないのかしら?think ま、子供じゃなくてよかった。

   12272_2Photo

ダイコン(右)は、あいかわらず、ほそっこいまま……。しかも、これもちょっと斜めだよ。

でも、ベランダの日光が足りないところで育ったにしては、よくここまで育ってくれたよ。エライよ、君。

こうして毎日見てると、野菜も、結構個性豊かな顔、見せてくれるんです。それも野菜づくりの楽しいところ。

| | コメント (2)

これがウワサの生キャラメル

先日、ある集まりがあって、妹がもってきてくれたもの、それはウワサの「生キャラメル」!

Photoあの田中義剛が経営する花畑牧場で作っているという、アレです。

早速ひとつ、いただきました。んー、すんごい濃厚。どう表現したらよいのだろう。バターのかたまりを食べているぐらい濃厚?って、あんまり美味しそうな形容ではないですね。 

やわらかくて、口の中で2~3分、転がしているうちに、溶けてなくなってしまいます。うーん、なんというか、もうこれはキャラメルの範疇じゃない気がします。

もう2つ残っているんだけど、もったいなくてなかなか食べられなーい!catface (箱の中をのぞいては冷蔵庫に戻す私。。。)

| | コメント (2)

藤田先生を囲む会

秋から通っていた恵泉女学園大学の公開講座「日本野菜紀行 秋冬編」。

忘年会を兼ねて、講師の藤田智先生にお礼をということで、先生を囲む会(?)を開きましょうと、幹事役に手をあげてくださった方がいたおかげで、昨日、その会が無事、開かれました。

藤田先生、平均年齢を下げるべく、若い学生さんを連れて来てくださいました。お忙しいのに感涙。そして、そしてやはり、昨日も藤田節、炸裂でした(ってか、授業よりパワーアップ。先生、それ以上はアブナイので、その辺で~coldsweats01)。

来年も、少し形を変えて「野菜の時間」に出演されること、2月7日の「世界一受けたい授業」に出演されることなど、「藤田先生ホットニュ~ス!」も。

実は受講生同士も、ほとんど話したことがなくて、昨日が初めてゆっくり話す機会でもありました。受講生は10名ほどが出席。元編集者の方、コーヒー豆を販売するショップを開いている方、グリーンアドバイザーの方、元電気メーカーの技術者の方などなど、皆さん、いろんなバックグラウンドをもっていらっしゃることが判明。

ご近所(ほんとに歩いて5分という激近)に住んでいらっしゃる方もいるのがわかって、びっくり。たぶんご近所ですれ違っていたと思います。

皆さん、いろいろな野菜育ての経験を持っていらっしゃることもわかりました。自宅の庭に菜園をつくっていたり、本格的に畑をつくられていたり。。。ベランダでショボくやっているのは私ぐらい・・・。

先生、お忙しい中、お越しくださった上、ひとりひとりにお土産までご用意してくださって、またまた感涙。なんと、グラン・クリュのロールケーキ! ふわふわの生地に生クリームたっぷり。むっちゃくちゃ美味しかったです! 先生、ありがとうございました!

Photo Photo_2

先生を囲みながら皆さんと話をして、来年、「春夏野菜」編が開講されるなら、また受講して、もっと野菜のことを勉強したくなりました。
やっぱり、喫緊の課題は農地確保だな。

ところで、先生が「公開講座のこと、ブログに書いている人がいるって、ある編集者の人から聞いたんだけど……」――「そ、それ、私です」。

習ったこと(ギャグも含め)を、自分の備忘録として書いていたのですが、先生のお名前と恵泉女学園大学の名前で検索したら、ヒットしたのだとか。なんか、嬉しいような、恥ずかしいような(でも嬉しい)。

とっても楽しい年末のひとときでした。(先生、「横綱の土俵入りには、不知火型、雲竜型に加え、江戸時代には、もうひとつ、両手を上にあげる型があった――はい、クワガタですね。」って、また信じちゃったよ!!coldsweats01

| | コメント (2)

ブログ1周年

ブログをはじめて今日でちょうど1年がたちました。記事数をみたら昨日までのところで271件。

読んでくださった方、コメントをくださった方、ありがとうございます。

今日からまた新しい1年。ということでブログのテンプレを変えてみました。好きなものを……と選んでみた結果、また文房具がテーマなものになりました。

ところで、今朝は、師走とは思えぬ温かさで、結露がまったくできていませんでした。朝日も気持ちいい。さてと、今日も仕事開始です。

| | コメント (4)

新しい文房具を買うといまだにわくわくする

編集や校正の仕事をしていると、文房具にはとてもお世話になります。文房具って、私は、いまだに買うとわくわくします。小学生のときから文房具フェチで、学校のそばの文房具屋さんにわけもなく、学校帰りに立ち寄ったりしてました。

Cimg1167校正をするための赤字ペンも、字の太さやペンの太さ、ペン先の滑らかさなどなど、だんだんと好みのものが決まってきます。私はいろいろ使ってみて、今は「uni.ball Signo」の極細0.38に落ち着きました。

紙にひっかっかったり、余計なインクが出すぎたりしないので、使っていて快適です。

昨日から、とりかかった新しい仕事では、蛍光ペンがあったほうがやりやすいな、ということで、購入してきました。購入したのは、「Pentel Handy-line S」。

気に入ったポイントは、キャップをいちいちはずす必要がなく、ノック式なこと。結構、キャップとるのって面倒。 継続的に使うときはよいのですが、ずっとキャップをはずしたままだと、すぐに乾燥して出なくなる。それがいやなので、セコい私は、使ったらキャップを閉めるようにしていました。ノック式はその必要がない。

素晴らしいことに、ちゃんとペン先が出てないときは、ふたがされるようになっていて乾燥も防げるようになっている。また、レフィルもある。

気に入った文房具があると、仕事も楽しくなる。……でも、これって、小学生のときと変わってねーなー。

| | コメント (2)

エポケーは、単にポケーっとすることではないのだ

やっと終わった……、36人分の原稿の入稿。嬉しいよ~happy02、でも、疲れたよ~catface

すっかり気が抜けてしまって、何かを考えるのが面倒で、判断停止状態。机の前でポケーっとしてしまいました。

判断停止といえば「エポケー」。語感から、私の今日のような状態のことを「エポケー」っていうのだと思っていたのですが、どうやらエポケーは、判断停止といっても、もっと積極的に(?)判断を停止させるという意味だということを、先日、知りました。

日本語教育でよく出てくる用語を解説したアークアカデミーさんのページで調べてみると、「判断停止」と訳すのは間違っていないようなのですが、その気持ちの持ち方の方向性がまったく違う模様。

人は、異文化に出会ったときに、とかくそれまでの自分の文化価値で判断してしまいがち。でも、そこで性急に判断するのではなく、あえて一度、判断を保留して様子を見る。それが「エポケー」だということ。

単にポケーっとしてるのがエポケーではないってことですね。失礼しました。

それにしても、ようやくポケーっとしていられる余裕ができた。明日はまた別の仕事に取り掛からなくてはいけないのだけれど、今日はこのまま、ちょっとポケー時間を楽しみますwink

| | コメント (0)

入稿作業は続く

今日は『中上級のにほんご』1月号の入稿日。印刷屋さんに原稿を届けに行ってきました。

今月は、年末進行でいつもより1週間ほど早いスケジュールだったので、ちょっと大変でしたが、なんとか無事に入稿できたので、ほっ。

入稿した後って、万一、間違いがあったらどうしよう、という怖さもあるのですが、それでもやっぱり一番、解放感に浸れる瞬間。

Ripodその解放感から、いつもなら、花屋さんや雑貨屋さん、CDショップなどをハシゴして帰ってくるのですが、今日は別件で、明日、入稿させないといけない原稿が次に控えてるため、すぐに帰らないといけませんでした……weep

帰ってきてからはずっと原稿整理と入稿指定作業。

で、明日、36人分の原稿、一気に入稿する予定です。本当の解放感を味わえるのは、そのあとになりそうです。

どれ、リポD飲んで、あともうひと頑張りすっか(オッサンか、私は……)。

| | コメント (0)

「クレオパトラの夢」はかっこいい!

12月12日、何気に朝日新聞の夕刊をめくっていると、「犬神家」の文字が目に飛び込んできました。

お~! なんと、大野雄二さんのインタビュー記事ではありませんか。こんな大きく取り上げられているなんで、スゴイ。→追記(2008.12.18):記事はコチラ

大野雄二さんは、ルパン3世の作曲をしたことでも知られますが、最近はジャズピアニストとしての活動も精力的にされています。

最近リリースした新アルバム「フォー・ラバーズ・オンリー」では、「犬神家の一族」のジャズバージョンが収録されているらしい。もちろん、「ムーンライトセレナーデ」などのスタンダードナンバーも。

大野さんの公式ページにも出てました。→コチラ これ、wishリスト入り。
追記(2008.12.18):Amazonで視聴できるようです。→コチラ

スタンダードナンバーで思い出したのが、「クレオパトラの夢」という曲です。バド・パウエルというジャズピアニストが作曲したもの。

カッコいいんだよなあ、この曲。昔、エレクトーンを習っていたときに挑戦しようと思ったんだけど、難しくて、最初の「ミレミファミレミミ~、シラシレファミド~♪」のところはできるようになったものの、そこで断念した(あきらめるの、早っ!)。bearing

うちにCDもあるのですが、Amazonで視聴できるようです。→コチラ

アップテンポなので仕事するときにもいいかも。

さて、今日もたくさんやることがある。「クレオパトラの夢」をBGMにしてサクサク片付けましょう。

| | コメント (0)

パックン・マックンの講演(トークショー)に行った

Photo_2昨日は、ちょっとだけ原稿がひと段落したので、立教大学で行われた「アエラ・イングリッシュ」のイベントに行ってきました。

さすがミッション系の大学。学内の木はクリスマスオーナメントで飾られていました。

最初に、HNKの英語講座でもおなじみの松本茂先生の講演。先生がどうやって英語の勉強をされてきたのかを紹介しながら、これから効果的に英語の勉強をするにはどうしたらいいのか、というお話。やはり学問に王道なし、のようです。

特に語学に関しては、小さいステップを積み重ねていくのがやはり効果的。先生のオススメは、中学生の文法問題集のまず一番薄いものをもう一度、やってみるということ。うん、今ならできるかもしれない、と、またすぐその気になる私。

Photoそのあとは、パックン・マックンの講演がありました。

英語学習にまつわる50分間のライブ(?)。英語のドレミの歌、マックンの英語学習の苦労話をネタにしたものなどなど、久し振りに笑いました。

トークショーの最後に観客の中から5人が舞台に上がり、パックン英検なるものをやりました。パックンが英語で問題を出して、5人が答えるというもの。

簡単な問題でも、ひとつひっかかる言葉があってわからなくなるとわからない~coldsweats02 いつもは日本語を教える立場。でも、自分が学ぶ立場になってみると、わからないというのはつらいもの。たまには反対の立場に立ってみるのは大事なことだとあらためて思いました。

マックンのブログにも、当日の様子が報告されています。

| | コメント (0)

哀しい「やきいもの歌」

Cimg1152うちの前の公園の木、かなり紅葉してきました。

その枯葉が舞い落ちる様子を見ていたら、

枯葉→焚き火→焼き芋と、連想されて、急に焼き芋が食べたくなってきた。

というわけで早速、レンジでつくってみましCimg1149た。

ほくほくに焼き上がり~。

2つに割って、バターをのせて食べたら、おいしかった~delicious

ところで、いまから5年ほど前に「やきいもの歌」というのがはやった(はやりかけた?)のを覚えているでしょうか。

ロス・コンパドレスというキューバ生まれの兄弟デュオが歌った歌で、ポンキッキの歌のコーナーで流れていたもの。

検索してみたら、フジテレビのプロデューサーのブログにその時のアニメが紹介されていました。ちょっと哀愁を帯びたメロディーがなんとも郷愁を誘うんだなあ。

なんでも、ロス・コンバトレスの2人、日本に来たときに見かけた石焼きいも屋さんに、いたく心を惹かれてつくった歌だということ。

残念ながら著作権の問題で、曲は聞けないのですが、一度聞いたら忘れない歌です。「ヤキ~モ! ヤキ~モ! イラッサマセ、イラッサイマセ♪」って、口ずさんでしまうはず。

また、「およげ! たいやきくん」みたいに、再ヒットしないかな。

| | コメント (0)

12月12日のオリーブ(いよいよ収穫間近!?)

081212071233ゾロ目の日のオリーブ。いよいよ今年最後となりました。

だいぶ、色が変わってきました!

緑のものを収穫して、アク抜きをするのではなく、木になったまま完熟させてから収穫する方法にしたので、ひたすら、熟すのを待ってる状態。

だいぶ黒くなってきているのもありますが、まだ緑のものもある。日の当り方による違いなのか、栄養状態なのか、よくわからないのですが、もうちょっと辛抱が必要な感じです。

早くオリーブの塩漬け、作りたいな~♪delicious 

| | コメント (0)

青山組の「今年の漢字」は……

毎年、日本漢字能力検定協会が12月12日(漢字の日)に発表する「今年の漢字」。

今年は明日がその発表日です。いろんなところで予想が行われています。

「危」(金融危機)、「崩」(雇用の崩壊)、「凶」(凶悪事件多発)、「恐」(金融恐慌)などなど、世間では、おっそろしいイメージの漢字をあげる人が多いみたいですね。

世間の予想は置いといて、私の今年の漢字は……

今年は、ありがたいことに、いろんな方から声をかけていただいて、自分の中に新しい畑がされたような気がします。

また、野菜づくりに目覚め、農地、とまではいきませんでしたが、ベランダでは、文字通り、土をしました。また、秋には、世田谷文学館で行われた「市川崑の世界」で、石坂浩二扮する金田一「」助の衣装と、「犬神家の一族」に登場する「斧琴菊」のレプリカを見ることができて感動。

ダンナにも聞いたら、ダンナは「」だということ。いろいろな人のつながり()に助けられて、仕事の幅が広がったり、ずっと音信不通になってしまっていた昔の人とのが復活したり。

ちょっと早いですが、来年もまた、新たに耕した畑に種をまいて、人と人との縁を大切にしながら頑張りたいものです。なーんちって。

| | コメント (2)

「おざなり」と「なおざり」

発音も意味も似てて、昔から「あれ? どっちだっけ?」と思う言葉が、「おざなり」と「なおざり」。

漢字で書くと、「おざなり」は「御座形」または「お座成り」、「なおざり」は「等閑」。

ネット辞書(大辞泉)をみると、

「御座なり」は、いいかげんにものごとを済ませること、その場だけの間に合わせ。
「等閑」は、いいかげんにしておくこと、本気でないさま、おろそか。

「等閑」のほうには、古文の例がでていて、「ほどほど、あっさりしているさま」とある。かつては、プラスの意味で使われていたようですね。一方、「御座なり」のほうには、古文の例は出ていませんでした。

言葉の語源を調べるときに、よく参照するサイト「語源由来辞典」も見てみたら、おざなり と なおざり も出ていました。

ふむふむ、語源からちゃんと辿っていくと、成り立ちは違うようですね。

で、どう使い分けるか。なんとなくですが、「等閑」は放置系、「お座成り」は場当たり系?

そんな「お座成り」なことを言って、「等閑」にしておいてはいけない?(すんません、もっと時間あるときにちゃんと考えます……m(_ _)m)

| | コメント (0)

店先で激しく踊るのは……?

今日は、赤坂にあるデザイン事務所に行きました。

溜池山王の駅を降りて事務所に向かう途中、とある店先を通り過ぎると、いきなり人間の子供ぐらいの大きさの赤い物体が激しい動きをはじめました。

最近、目が悪くなった私。最初、人が動き出したのかと思って一瞬冷や汗が出て、身構えました。

でも、よく見ると、そこには130センチほどのダンシングサンタ人形が! どうやら、前を人が通ると反応して踊りだすらしい。

サンタ、すっげー、腰揺らし、手を上げ下げして陽気に踊ってる……。しかも、歌まで口ずさんで……。んもう、驚かさないでよっ!!coldsweats02

驚きのあまり、写真、撮ってくるのを忘れてしまったのですが、こんな感じの人形でした。→コチラ。ここの「再生ボタンを押すと動画が再生されます」のところを見てみてください。音が出るので、気をつけてね。

クリスマスの時期は、街の飾りも華やかになって楽しいのですが、いきなり踊りだすサンタは、ちょっと怖いなあ。

| | コメント (0)

カブが、だんだん丸くなってきたよ

12月1日のブログで紹介したカブちゃん。1週間たってまた太りました。

Cimg1142土が硬くなっていたので、少しシャベルの先で土を掘り起こし、フカフカにして肥料をあげました。そうしたら、小さかったもうひとつのカブも少し大きくなったような気がします。

手入れしてあげると、ちゃんと応えてくれる。可愛いなあ。lovely

ところで、、うちのベランダの全体像は、いま、こんな感じになってます。

一番、ハバをきかせているのは、ハクサイです。すごく葉を広げてはいるものの、いまだ、結球しないんだよなあ。

もう結球はあきらめたほうがよいのだろうか……。Cimg1144

早く結球しないと、葉のまま収穫して食っちまうぞ。angry

でも、何か足りないんでしょうね。肥料か日当たりか、水か、根を張る土の広さか……。

野菜づくり1年目。悩みは多いです。まだまだ知識が足りないな。

| | コメント (2)

明日は日本語能力試験

12月第1週日曜日。例年、この日には、日本語能力試験が行われます。

Photo_2日本語能力試験は、日本語を学習する外国人のための試験。日本国内のみならず、世界中で実施されるこの試験。去年2007年は、世界中で約52万人が受験しました。

今年は、いよいよ明日がその日です。

ダンナが教えている学生も受験します。無事合格してほしい。

昨日は、試験前の最終日の授業だったので、縁起かつぎではありますが、「キットカット」を大人買いして、学生さんたちにあげた、ということ。

Photo_3 「キット願いかなう」――

日ごろの実力を発揮して、無事、合格することを願うばかりです。

キット勝っと~!happy01

| | コメント (2)

会社を辞めるべきか度テスト

会社を辞めるべきか、続けるべきか。

私は今は、のら犬ですが、かつて飼い犬だったこともある。仕事は面白い、でも……ってことで、迷いはあったものの結局、辞めちゃった。首輪で縛られる生活はしょせん、ワタシにゃ、無理だった。

悩める人のために、チャート式で「会社を辞めるべきか度」を占う、というサイトがありました。→コチラ

当時の気持ちになってやってみましたところ、100%、辞めるべき、という結果でした。

やっぱね~。

会社は辞めたけど、仕事は辞めらんない(ありがたいこと!)。

……ってことで、またもうひと頑張りだあ~!(でもちょっと疲れ気味・・・despair

| | コメント (0)

冬の朝の必需品

冬になると、野菜への水やりに加え、毎朝、しなくてはならないことが増えます。

それは結露取り。

うちはなぜか、すごく結露ができやすいらしく、朝、カーテンをあけると、ガラス窓は水滴がびっしり。それを取るのがコレ。

Photo下から上に動かして、水滴をとっていくもの。

面倒な作業ではあるのですが、結構きれいに水滴が取れるので、快感だったりもします。立ったりしゃがんだりするので、体も温まります。

今朝も一仕事。そして窓を開けて空気の入れ替え。

さて、今日もやることたくさん。サクサク片付けなくては!

| | コメント (0)

Windows XPの高速化をはかる

新PCのvaioを使いはじめたものの、旧PCのFMVも使う場合がある。しかし、旧PC、とにかく動きがトロい。

そこで、もっと動きをサクサクとさせることはできないかと思い、検索したところ、WindowsXP高速化・comというサイトを見つけました。

ここに出ている「動きをよくする方法」を片っぱしから試してみています。

一番たまってたのは、「Internet一時ファイル」というもの。ディスクのクリーンアップというやつで、それをすべて削除。かなりため込んでいました・・・。これだけでも、結構、動きは早くなったような気がします。

また、デスクトップも、シンプルにして、絵や写真が出ないものに。かなり、見た目はそっけない感じにはなるけれど、デスクトップのかわいらしさなんて必要ないので、かえってすっきりしてよい。

そして、プログラムの追加・削除で、使用頻度の低いもので、使ったことないものを削除(削除しちゃっていいのかどうかわからないものは、とりあえず怖いので触らず)。

ムダな贅肉はどんどん削る。人生もそういきたいものです。

| | コメント (0)

カブちゃん、だんだんおデブに

9月半ばに蒔いた金町カブの種。

Photo寒くなってきて、だんだんとおデブになってきました。

なんというか、カブだからさ~、もうちょっとこう、カブらしく、丸くなってほしいんですけど、なんか、ダイコンみたい。catface ま、この際、形はいいか。

実はもう1株、奥にあるんですが、こっちはさっぱり大きくならない。栄養が偏ってしまったかもしれません。

この秋は、カブのほか、ダイコンも試しに育ててみましたが、土の中に実ができる系の野菜は、やっぱりベランダではキビシイのかも。

シュンギク、ホウレンソウ、ルッコラなど、葉もの野菜のほうが生育はいいみたいです。

野菜検定の勉強。昨日は本当に5問ぐらいやったところで電池切れ。いつの間にか、朝になっておりました。リンゴ、スイカ、メロン、イチゴの中で野菜ではないのはどれか、日本原産の野菜は何か、トマトを植えた後に植えてはダメなのは何か(~科の問題)など、基本中の基本問題。

1つ1つ、知識を確実にしていかなくちゃ。

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »