« 12月12日のオリーブ(いよいよ収穫間近!?) | トップページ | パックン・マックンの講演(トークショー)に行った »

哀しい「やきいもの歌」

Cimg1152うちの前の公園の木、かなり紅葉してきました。

その枯葉が舞い落ちる様子を見ていたら、

枯葉→焚き火→焼き芋と、連想されて、急に焼き芋が食べたくなってきた。

というわけで早速、レンジでつくってみましCimg1149た。

ほくほくに焼き上がり~。

2つに割って、バターをのせて食べたら、おいしかった~delicious

ところで、いまから5年ほど前に「やきいもの歌」というのがはやった(はやりかけた?)のを覚えているでしょうか。

ロス・コンパドレスというキューバ生まれの兄弟デュオが歌った歌で、ポンキッキの歌のコーナーで流れていたもの。

検索してみたら、フジテレビのプロデューサーのブログにその時のアニメが紹介されていました。ちょっと哀愁を帯びたメロディーがなんとも郷愁を誘うんだなあ。

なんでも、ロス・コンバトレスの2人、日本に来たときに見かけた石焼きいも屋さんに、いたく心を惹かれてつくった歌だということ。

残念ながら著作権の問題で、曲は聞けないのですが、一度聞いたら忘れない歌です。「ヤキ~モ! ヤキ~モ! イラッサマセ、イラッサイマセ♪」って、口ずさんでしまうはず。

また、「およげ! たいやきくん」みたいに、再ヒットしないかな。

|

« 12月12日のオリーブ(いよいよ収穫間近!?) | トップページ | パックン・マックンの講演(トークショー)に行った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12月12日のオリーブ(いよいよ収穫間近!?) | トップページ | パックン・マックンの講演(トークショー)に行った »