« エポケーは、単にポケーっとすることではないのだ | トップページ | ブログ1周年 »

新しい文房具を買うといまだにわくわくする

編集や校正の仕事をしていると、文房具にはとてもお世話になります。文房具って、私は、いまだに買うとわくわくします。小学生のときから文房具フェチで、学校のそばの文房具屋さんにわけもなく、学校帰りに立ち寄ったりしてました。

Cimg1167校正をするための赤字ペンも、字の太さやペンの太さ、ペン先の滑らかさなどなど、だんだんと好みのものが決まってきます。私はいろいろ使ってみて、今は「uni.ball Signo」の極細0.38に落ち着きました。

紙にひっかっかったり、余計なインクが出すぎたりしないので、使っていて快適です。

昨日から、とりかかった新しい仕事では、蛍光ペンがあったほうがやりやすいな、ということで、購入してきました。購入したのは、「Pentel Handy-line S」。

気に入ったポイントは、キャップをいちいちはずす必要がなく、ノック式なこと。結構、キャップとるのって面倒。 継続的に使うときはよいのですが、ずっとキャップをはずしたままだと、すぐに乾燥して出なくなる。それがいやなので、セコい私は、使ったらキャップを閉めるようにしていました。ノック式はその必要がない。

素晴らしいことに、ちゃんとペン先が出てないときは、ふたがされるようになっていて乾燥も防げるようになっている。また、レフィルもある。

気に入った文房具があると、仕事も楽しくなる。……でも、これって、小学生のときと変わってねーなー。

|

« エポケーは、単にポケーっとすることではないのだ | トップページ | ブログ1周年 »

仕事で関わった本」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うん、うん、わかるわー!!
私も文房具大好き人間なので、文房具店に行くとワクワクしちゃいます。自分の好きな文房具に囲まれていると落ち着きますよね。
家族に「会社か!」ってつっこみが入るくらいオフィスチックな私の机周り。でも、それがいいんですわー。
最近では息子にお気に入りの文房具を勝手に使われ、失くされ、壊され続けています。彼もかなり文房具が好きなようで、血は争えません・・・。

投稿: Sママ | 2008年12月20日 (土) 22時46分

Sママさん、ありがとうございます。

Sママさんも文房具フェチだったとは!
好きな文房具に囲まれてると、本当、落ち着くんですよね。
逆になくなると、仕事しててもなんか、落ち着かない。

ぼくちゃんも、しっかり引き継いでいるようですな。
お母さんの使ってるものって、手を出したくなるもんなんですよね。お母さんと一緒の文房具を使って年賀状作りやクリスマスカード作りなんて楽しそう。

投稿: 青山美佳 | 2008年12月21日 (日) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エポケーは、単にポケーっとすることではないのだ | トップページ | ブログ1周年 »