« また、見たことのない花を咲かせてしまった・・・ | トップページ | 他人の成功例から学ぶことって、多い? 少ない? »

クメール語の入力、苦労した・・・

数日前のこと。今、かかわっている本で、どうしても「クメール語」を入力して、データを渡さなければならない、という状況になりました。

さて、「クメール語」とは、どの国で話されている言葉でしょうか? 答えはカンボジア。

クメール語の文字は、かなり特殊な文字。私のパソコンでは、最初、ユニコードにも入っていませんでした。仕方ないので、フォントをダウンロードするところから開始。あちこちググッて、コチラからダウンロード。一番上のものをダウンロードして、パソコンに入れました。

これで、とりあえず、ユニコードで表示させることはできるようになりました。が、次の関門。どの文字が、何の音を表しているのか、さっぱりわからなーい!gawk

入門編のテキストを見ると、どうやら、クメール文字は表音文字らしい。ハングルと同じように、子音を表すパーツと母音を表すパーツを組み合わせて、一つの文字ができている、ということが、なんとなくわかった。

文字の一覧が出ているHPをみつけ、それを頼りに、「この『s』の反対みたいなのが「Kh」」とか、『g』みたいなのが「t」」と、一つ一つ見ていき、試行錯誤を繰り返して入力しました。

Photo試行錯誤しているうちに、なんとか「入門テキスト」に示されているのと同じ「形」の文字を入力できたー(左)。

カンボジア語を解する先生に確認してもらったところ、大丈夫というお墨付きをいただきました。

入稿までに時間が迫っていたので、まったく理論的に勉強する余裕はなし。多分に偶然の産物。

でも、最初はまったく「模様」としか見えなかった文字も、成り立ち方のルールがちょっとわかると、「あ、これが『b』と『a』をk組み合わせた文字ね」と、わかってくるから不思議。もうちょっとちゃんと勉強してみよう。

まったく知らない文字を読むのは大変。でも、そこで思いました。日本語のひらがなだって、まったく知らない人から見たら、ほんとにチンプンカンプンでしょう。しかも、母音と子音のパーツを組み合わせるといった成り立ち方をしている文字でもないから、日本語学習者は大変だと思います。そこにさらに漢字やカタカナもあるんだもんね。

学習者の気持ちがちょっとわかりました・・・。もしかしたら、振り仮名をひらがなでつけるより、ローマ字でつけたほうが親切なのかな?

|

« また、見たことのない花を咲かせてしまった・・・ | トップページ | 他人の成功例から学ぶことって、多い? 少ない? »

仕事で関わった本」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!
新しいテンプレ素敵ですね!
年度末の忙しさも一段落しましたか?

クメール語!
もう、聞いた事もないと言う感じですね~

それにしても、日本語の文字は発音と関連付けにくいですよね。
丸覚えするしかない・・・
ひらがな、カタカナ、漢字・・・
「悪魔の言葉」なんて言われても仕方ないかもね。

投稿: さゆりん | 2009年4月 4日 (土) 22時13分

さゆりんさん、お久しぶりです。ようやく、仕事もメドがつき、ほかのやらないといけない仕事にとりかかれるようになりました。

クメール語、あれからまたちょっと調べたのですが、意外とルールがわかれば、規則的なようです。

日本語は、ひらがな、カタカナ、漢字、しかも漢字には訓読み、音読みがあるんですもんね。それを学んでくれようとしている人がいること自体、ありがたいこと、と思います。ほんとに。coldsweats01

投稿: 青山美佳 | 2009年4月 5日 (日) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« また、見たことのない花を咲かせてしまった・・・ | トップページ | 他人の成功例から学ぶことって、多い? 少ない? »