« カクテイシンコク、終わった | トップページ | 農園デビュー »

家庭菜園検定、受けてきました

Cimg1474昨日15日は、第1回家庭菜園検定の日でした。

直前まで校正の仕事が終わらず、ほとんどふらふらの状態で試験に臨むことに。

公式テキストのうち、『もっとうまくなる家庭菜園教室 畑と野菜のしくみ』は、一度目を通したものの、もう1冊の公式テキストである『やさい畑 野菜づくり名人 虎の巻』は、ほとんど会場に行くまでの間、電車の中で目を通したという状態。

試験問題を見て、悟りました。「やっぱ、いきなり2級は無謀であった……」bearing

マークシートだったので、一応、全部マークはしたけれど、「次の組み合わせの中でどれか」とか、「~の方法として間違っているものはどれか」とか、問われ方も結構、トリッキー。

「組み合わせ」で問われちゃうと、その中で知らないものがあると、もうそこはカンでいくしかない。

また、サツマイモ、ジャガイモなど、「イモ系」の問題が多く出題されました(自分がわからなかったから多く感じたのかも?)。

自分で育てたことがあるハクサイやカブなどはまだしも、まったく育てたこともなく、電車の中でしか読んでなかった「イモ」。イモ問題は、ほぼヤマカンで解答。トホホ。

次、もっとちゃんと勉強してから受けます。

Cimg1476ところで、検定には、お土産がついてました。開けてみると、耕運機のチラシやコマツナの種などが! 

そして、大相撲の懸賞でもおなじみ、あの、ちゃんと買うと、たっかい、たっかい「植物を超元気にするHB-101」のサンプルも入ってました。これだけでも嬉しい。

試験を受けて、あらためて思いました。もっと野菜のこと、ちゃんと勉強したいっす。

追記(2009年12月28日):第2回の試験実施が決まったようですよ~。2010年3月21日のようです。 → コチラ

追記2(2010年3月23日):第2回の試験も受けてきました。→ コチラ

|

« カクテイシンコク、終わった | トップページ | 農園デビュー »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花と園芸」カテゴリの記事

コメント

難しかったですよね。
カボチャに里芋、育てたことがないなら
むしろよく勉強しておくべきだったと反省。

>もっと野菜のこと、ちゃんと勉強したい
こう思わせるための検定でもあるんでしょうが。

投稿: ガタオ | 2009年3月17日 (火) 18時57分

ガタオさん、ありがとうございます。

もっと勉強したいと思わせるための試験、確かにそうだったかも~。まさに「思う壺子」ですね。

でも、思う壺でもいい。ちゃんと勉強したいです。

投稿: 青山美佳 | 2009年3月17日 (火) 21時53分

はじめまして! 私も家庭菜園検定2級受験しました。問題、意外と難しかったですね。私は自己採点で10問ぐらい間違えたなあという感じです。作ったことない野菜(私の場合だとマメ類)はやはり弱かったですね。野菜を作る過程で自然といろいろな知識を身につけているんだなあと実感しました。
恵泉女学園の家庭菜園講座って藤田先生がやってるんですか? もしそうだったら楽しそうですね。
私も三鷹の市民農園で野菜作っています。しがない菜園ライフをブログに書いておりますので、暇な時にでものぞいてみてください。

投稿: たっちゃん | 2009年3月20日 (金) 20時37分

たっちゃんさん、はじめまして。コメントありがとうございました。

家庭菜園検定、難しかったですよね。。。
私は去年の秋から菜園始めた「ド初心者」にもかかわらず、2級は正直、無謀でした。

家庭菜園教室は、おっしゃるとおり、藤田先生の講座です。本気で勉強してみようと思って申し込みました。

たっちゃんさんのブログも、お邪魔させていただきますね。あ、「やさいの時間」が始まりました~。

投稿: 青山美佳 | 2009年3月20日 (金) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カクテイシンコク、終わった | トップページ | 農園デビュー »