« 多肉さんは放置に限る | トップページ | 心弾む春野菜 »

『平成21年度日本語教育能力検定試験 合格するための本』できた

できました♪

『平成21年度日本語教育能力検定試験 合格するための本』。アルクから、毎年刊行されていて、検定対策には必携の書、といわれる本です。

検定試験は、むちゃくちゃ試験範囲が広い。なので、まずはこれを手掛かりに勉強を始める人は多いようです。

どんな問題が出題されるのか、分野別に、過去問題の分析と練習問題が掲載されていて、試験の概要をつかむには最適。さらに知識を深めたい人用に、各分野のオススメ書籍も紹介されているので、これから勉強をすすめていくためのガイドにもなります。

で、私は今回も、去年と同様、合格者の体験記の部分の取材・原稿を担当しました。検定対策講座や養成講座を開講している学校に通いながら、検定に合格された方のお話を聞いて紹介する、という最初のほうのページです。

今回お話を伺った方は4人。皆さん、1発合格の方ばかりでした。私なりに、お話の中から浮かんできたキーワードをまとめてみます。

1.手を広げすぎない
2.自分に合った勉強方法・環境を見つける
3.基礎知識を固める

こう並べてみると、よく言われていることばかりですが、実践するのはなかなか難しいcoldsweats01。(くわの使い方と一緒かも~?)

特に、試験が近付いてくると、ついいろんな問題集に手を出したくなったり、買ったものの読まずに積んでおいた参考書を急に開いてみたくなったりしてしまうもの。

でも、今回4人の方皆さん、問題集なり、参考書なり、自分でまとめたノートなり、それまで「自分がやってきたもの」を繰り返し、使って知識を確実なものにした、とおっしゃってました。

そうそう、4人のうち3人の方は、この「合格するための本」を購入された、とも。2625円(税込)。今週あたりから書店にも並ぶと思います。

|

« 多肉さんは放置に限る | トップページ | 心弾む春野菜 »

仕事で関わった本」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あ、コレ、私もCDの声の出演させてもらいました。
毎年お世話になっております。

美佳さんもやっぱり関わってらしたのね!
購入いただいた方には是非合格して欲しいですね

投稿: さゆりん | 2009年4月20日 (月) 20時20分

さゆりんさん、ありがとうございます。

CDを見たら、お名前がありました~。イットクさんとのゴールデンコンビですね!

私もここのところ毎年、合格体験記のところ、取材をさせていただいてます。今年ではなかったですが、CDをiPodに入れてずっと通勤時間に聞いていた、という人も確かいらっしゃいました。

私の書いた記事も、少しでも合格のために役立てばうれしいなあ、と思います。

投稿: 青山美佳 | 2009年4月20日 (月) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 多肉さんは放置に限る | トップページ | 心弾む春野菜 »