« クメール語の入力、苦労した・・・ | トップページ | やっぱりサクラ »

他人の成功例から学ぶことって、多い? 少ない?

先日、かかわっている月刊誌の企画で、外国人の座談会を開きました。

日本語の敬語について、どうやって身に付けたのか、身に付ける過程でどんなことに苦労したか、など、経験を語ってもらいました。

それとはまた別の仕事で、ある試験に合格した人の体験記を聞いて記事をまとめる、という仕事もやりました。

失敗談や、こうしたらうまくいったという話を聞くうち、ふと、人は成功例から学ぶことが多いのか、それとも失敗例から学ぶことが多いのか、ということが気になりだしました。

乱暴に分けてみると、

1.他人の失敗例から学ぶ
2.他人の成功例から学ぶ
3.自分の失敗から学ぶ
4.自分の成功体験から学ぶ

もちろん、何を学ぶのか、にもよるし、その人の学習観やビリーフにもよるのだろうけれど、私は概して、他人の失敗例や、自分のしでかした失敗から学ぶことが多いように思う。

逆に、一番参考になりそうでならないのは、他人の成功例のような気がする。でも、世の中には、「私はこうして成功した」というノウハウを紹介する本が多いし、私も成功談を記事としてまとめることが多い。読む人の役に立っているのなら、それはそれでよいのだけれど……。

やっぱり、自分で試行錯誤して、失敗を繰り返しながら、小さい成功体験を積み重ねていくのが、一番身になっている気がします。

効率悪いっちゃ、悪いんだけどね~。coldsweats01

|

« クメール語の入力、苦労した・・・ | トップページ | やっぱりサクラ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は、3の「自分の失敗から学ぶ」ですね~。
自分で痛い目にあわないと、ダメなタイプみたいです(笑)。
今、新しい職場で働きはじめて、ちょうどそれを実感しているところでしたので、思わず書き込んでしまいました。

投稿: チャッキー | 2009年4月 5日 (日) 07時43分

チャッキーさん、久しぶりです。

チャッキーさんは3タイプですか。新しい職場で、いろいろ大変なことも多いと思いますが、失敗も成功も含め、経験したことに無駄なことってないなあ、と最近思います。

いろいろ、体験しちゃってください。
その報告も今度、聞かせてね~。

投稿: 青山美佳 | 2009年4月 5日 (日) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クメール語の入力、苦労した・・・ | トップページ | やっぱりサクラ »