« 恵泉女学園大学公開講座「藤田智先生の家庭菜園講座」第6回 | トップページ | 渡辺塁さんの個展におじゃま »

2009年6月20日の家庭菜園教室

さてさて、続きです。

Photo_3●ミニトマトやっちまった事件

トマトは「わき芽」かきが大事。余分なわき芽をトルことによって、1本の主枝につくトマトに栄養を集中させて、育てるのが基本。

しかし、わき芽をちゃんとかいてやったのに、なんか、伸びが悪い……

……はい、やってしまいました。ワタクシ、間違えて「主枝」を摘んでしまいました。crying 

しかも、わき芽全部、とってしまったので、伸びる枝、なし。

ミニトマトは1本しか植えてないから、今年の収穫はどうやら……shock

枝、早くも枯れモードに入った模様です。教訓:わき芽の確認は慎重に。

Photo_4●ジャガイモ大漁!?

ジャガイモは、花が咲いて、下葉が少し黄色くなってきたら、収穫していいよ~という合図なのだそうです。

茎の周り20センチぐらいのところに、スコップを「垂直に」入れて、掘り起こすのがコツだということ。ななめに入れると、おイモさんを傷つけてしまうのだそうです。

Photo_5で、スコップを土ごと掘りかえすようにすると……すごい、ゴロンゴロンと、ジャガイモが現れました! 

中にひとつ、こんなのがありました。浦安方面にあるネズミ遊園地のメインキャラみたい?

お隣のIさんのジャガイモには、「通称:ポマト」がなっているのも発見しました。「ポマト」は、ジャガイモの茎に、トマトみたいな実がなったもの(?)です。

Photo_6ポマトは、「冷害のときによく出るんですよ」と、K先生が教えてくださいました。

とても珍しいらしく、記念に撮らせていただきました。

珍しいってことは、ひょっとして珍味なのか?

一瞬期待しましたが、トマトに形は似ているものの、このまま放っておいても赤くなるわけではなく、食用にもならないのだそうです。

な~んだ、食えないのか……残念weep

でも、ポマトって、なんだか響きがおいしそう。smile

追記(2009年6月22日):「ポマト」は、また別のものらしいです。何年か前に上はトマト、地下でジャガイモができるというハイブリッドのものが開発されたらしいのですが、いつの間にか、消えてしまったみたい。

そのほか、ニュースをググったら、今年、こういう現象、あちこちで起きているみたい。コチラは奈良県での例、コチラは佐賀県での例。今年は冷害の年なんだろうか……。

Photo_7●番外地にMさんのナスを定植

昨日は、Mさんに、トマトに続き、ナスの苗もいただいてしまいました。Mさんが種から育てた、という貴重な苗です。

植えようと思っていた番外地には、すでに先々週、行ったときに苦土石灰をまき、準備万端。たい肥と化成肥料を入れて耕し、マルチも今回はひとりで張って定植完了。

マルチ、まだちょっと曲がっているけど、最初のときに比べ、だいぶうまく張れた気がする~。だんだん慣れるもんですなあ。

さてさて、また1週間後、どれぐらい伸びているか。ふっふっふ、楽しみです。

|

« 恵泉女学園大学公開講座「藤田智先生の家庭菜園講座」第6回 | トップページ | 渡辺塁さんの個展におじゃま »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花と園芸」カテゴリの記事

コメント

かわいそうだな〜 (>_<)
これが、「ワキメ運転」というやつかな・・・。

そしてジャガイモの黄色の花は、
やはり、幸せを呼ぶ色みたいですね。

昨日、1本58円という取れ立てのトウモロコシを
直ぐ茹でていただきました。
美味しかったのですが、こんなに安くていいのかなと不安にも
なったりして。。

成長記録、面白いです〜〜♪

投稿: アルキメデス | 2009年6月22日 (月) 14時55分

アルキメデスさん、ありがとうございます!

まさに「わきめ」運転でした~coldsweats01
可哀そうなことしてしまいました。

ジャガイモの花も、よく見るとかわいい形をしています。これまで野菜の花なんて、気をつけてみたことがなかったですが、よくみると、それぞれ愛らしい。

トウモロコシも育ててます! ようやくひざ丈を超えたぐらいの大きさになってきました。とれたてトウモロコシ、すごく楽しみです。

投稿: 青山美佳 | 2009年6月22日 (月) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 恵泉女学園大学公開講座「藤田智先生の家庭菜園講座」第6回 | トップページ | 渡辺塁さんの個展におじゃま »