« 2009年6月20日の家庭菜園教室 | トップページ | 「採」らぬタヌキ? »

渡辺塁さんの個展におじゃま

昨日は、アルクの月刊誌「月刊日本語」の仕事などで、とってもお世話になっているカメラマン・渡辺塁さんの個展におじゃましてきました。

塁さんは、いつも現場では、ほんとにさくさく・たんたんと仕事をしてくださるので、こちらも最初に、「こんなレイアウト考えてるのでよろしくお願いします!」みたいな感じで、あとは安心してお任せ。

取材が終わると、「では!」ってことで撤収、というようなことが多く、気づいたら、これまであまりプライベートなことをお伺いしたことがありませんでした。

塁さんが今回テーマにされたのは、ご自身が住んでいらっしゃる大磯。

「これ何?っていう写真があったら説明しますよ」と、塁さん。お言葉に甘えて「これは?」「これは?」と、お聞きすると、ほんとに1枚1枚にストーリーがあって、聞いていて飽きない。

大磯って、これまでロングビーチのイメージしかなかったのだけれど、海開きの話、焼失する1日前に撮りに行った吉田茂邸の話、隠れキリシタングッズ(?)を集めた博物館の話などなど、大磯、奥が深い……。塁さん、話も上手。話にすっかり引き込まれ、大磯、行かなくちゃモードに。

Ruiそして、今回のもう一つのテーマが「虫」。

正直なところ、ちょっと前まで虫、嫌い(というより怖い)だったんですが、最近、菜園で収穫するときに、ミミズやらヤスデやら、カブトムシの幼虫やら、平気でごろごろ出てくるので、慣れてしまった。むしろ愛着がわくようになってきた。

虫のポストカードが販売されていて、その中の1枚がすごく気に入ってしまいました。

ガクアジサイに、いま、まさに止まらんとするアブをとらえたもの。さすがプロのカメラマンです。こんな瞬間、どうやったら撮れるんだろう?

写真をクリックすると大きくなりますヨ。

カメラマンさんにしても、イラストレーターさんにしても、何か自分のテーマを持っていて、それを表現する手段を持っている人の話を聞くのは面白いです。

|

« 2009年6月20日の家庭菜園教室 | トップページ | 「採」らぬタヌキ? »

仕事で関わった本」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ステキな写真ですね!
生き物への愛がホワ〜ッと伝わってきます。

華やかな花だけでなく、小さな虫も主役!

植物系より動物系がツボなもので
こういう写真にはイチコロなんですlovely

投稿: のりっく | 2009年6月23日 (火) 11時04分

のりっくさん、ありがとうございます!

ほんと、ほかの写真も昆虫への愛がほわ~と表れていて、いいポストカード集です。

のりっくさんも、虫、お好きなんですね。私も最近、平気になってきました!

この間もジャガイモを掘り起こしたら、特大のミ●ズが! 観察していると結構面白い。とはいえ、やっぱり野菜にとっての害虫は許せないのですけど……(勝手ですよねcoldsweats01
 

投稿: 青山美佳 | 2009年6月23日 (火) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2009年6月20日の家庭菜園教室 | トップページ | 「採」らぬタヌキ? »