« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

グルジアからアメリカへ

グルジア料理のお店は、残念ながらお休みだったので、急きょ、近くにあるハンバーガーのお店に行くことにしました。

フランクリン・アベニュー」というお店。店内はとってもアメリカン。

グルジアから一挙にアメリカへ。

Photo090726120235ちょっとお値段は高めですが、納得。見てください。お肉が、まあ、おいしそうなこと。

お皿に一緒に乗せられてきた野菜をはさむと、高さ15センチほどに。

さすがに、このままかぶりつくのは難しいので、半分に切ってからかぶりつきました。

……お~いし~!smile

でも、さすがにちょっと食事中の様子は、人サマに見せられないかも。coldsweats01

日本は、本当に、ありとあらゆる国の料理を楽しむことができる。ありがたいことだと思う。

| | コメント (3)

五反田のグルジア

友人から、「グルジア料理を食べられる店がある」と聞き、ランチしよう!ってことで、先日行ってきました。

Photo_2お店の名前は、「GAUMARJOS」。冗談のようですが、これで「ガンバルジョ」と読むようです。 意味は「乾杯!」。

JR山手線・五反田駅から歩いて5分ほど。

おしゃれなガラス張りの外観が見えてきました。しかし……事前に情報をよく調べていかなかったのが悪かったのですが、なんと定休日……。 crying

店内をのぞいてみると、入口のところに、髭の濃い、チョンマゲを結った人の写真が……

はい、グルジア出身力士、黒海でした。そして、その隣には、同じくグルジア出身で、最近、めきめきと力をつけてきている栃ノ心

Photo_3さらにその隣には幕下上位まで番付を上げてきている臥牙丸の姿も!

あー、やっぱり来てたのね~。

今度は定休日ではない日にレベンジだー。

嗚呼、こんな豪華なトリオ、鉢合わせしたいなあ。

| | コメント (2)

『キュウリのトゲはなぜ消えたのか』を味わう

Photo7月14日のブログで書いた藤田智先生のご著作『キュウリのとげはなぜ消えたのか――サプライズな「野菜学」』(学研新書)。

アマゾンで注文していたものがやっと届きました。

腰巻の似顔絵、うーん、ビミョーcatface……

さっそく読みはじめて、ちょうど半分ぐらいまで読んだところ。ほんとに「へー」「そうなんだー」という話がつまっていて、ページをめくるのが楽しい。授業で聞いた話も出てきて、復習にもなります。

仕事上、必要があって本を読むときって、必要情報を探すために、すっ飛ばし読みをしてしまうことが多いのですが、この本は、野菜と同じように、ゆっくり、味わいながら読みたい。

写真も何点か、掲載されているのですが、「札幌大球キャベツ」の大きさにはびっくり! キャベツって、大きく育てるためには、外葉を大きく生育させることが大切。そのように品種改良されたのが「札幌大球キャベツ」。先生がキャベツを抱えられている写真で、お顔と比べると、6倍はありそう。

この本、なかなか書店では売っておらず(2007年11月に初刷なのに……)、アマゾンで注文しても2週間ぐらいかかった。

でも、待っててよかった。ブクログの本棚にもさっそく追加。そちらから注文もできますよ。

| | コメント (3)

縁日の焼きトウモロコシの味!

縁日などで売られている焼きトウモロコシって、ゆでたのと違うおいしさがありますよね。

Photoどうやったらあの味が出せるのか。むかーし、某公共放送の番組で知った「縁日の焼きトウモロコシ」の焼き方。

意外にも簡単。炭火を使わずとも、家にある魚を焼くグリルがあれば、あの味が家でも再現できます。

コツは、「新鮮なトウモロコシを生のまま焼く」ということ。

①皮を全部とって、さっと水洗いする

②平らなお皿にしょうゆを入れ、トウモロコシを回しながら、全体にしょうゆがつくようにする。ハケがあれば、それでぬったほうがきれいにできると思いますが、ハケを洗うのも面倒だし、直接つけても全然オッケーです。

③とうもろこしをグリルに入れる前に、少し火を入れて温めておく。

④以下、片面焼きグリルの場合。強火から中火で、4分の1ずつ、3分ごとに回しながら焼いていきます。つまり12分で一回転して、出来上がり!です。

半分まで焼いたら、一度しょうゆをつけなおすと、より香ばしくできると思う。

ちなみに写真のトウモロコシは、わが畑でとれたもの……では、ありません。ダンナが教えている日本語学校のO先生がくださったもの。甘くておいしかった~delicious O先生、ごちそうさまでした! (おらが畑のトウモロコシは、あまり大きくならなかっただ……残念!bearing

| | コメント (5)

ブクログを設定してみた

昨日は編集会議のあと、流れで「同窓会」に。

いろんな意味で苦労を共にした仲間との再会。それぞれが新しい道で、本来の自分らしさを取り戻して活躍している姿を見て、ほんとにヨカッタ、ヨカッタ。confident 

さて先日、乾燥野菜の本を調べたときに、偶然、「ブクログ」というサイトに出会いました。

自分のお気に入りの本を、本棚に並べるように表示させることができるもの。ブログのサイドに、ブログパーツとして表示できるので、早速、やってみました。

ココログで紹介されている以外のブログパーツを設定する方法はコチラ。マイリストの「メモ」を利用すると、初めて知りました。

あわせてテンプレも左右にサイドバーがあるものにチェンジ。これから、いろいろな本を本棚に並べていこうと思います。

さて、金曜日。ちょっと肩の張る仕事が待ってますが、エイヤッ!と片づけてしまおう。

| | コメント (2)

モロヘイヤと海の幸

たくさん収穫できる夏野菜。

消費するために、いろんなレシピを調べては、試してみています。

Photoこれまで食わず嫌いで、手を出したことがなかったモロヘイヤ。葉をさっとゆでるだけで食べられます。ちょっとネバネバがありますが、味はまったくクセがなく、刻んで上にかつお節をのせて、醤油でいただくだけでもおいしい。

ほかにいい食べ方がないかと調べたら、ホタテとアボカドと混ぜて、わさび醤油で食べる、というレシピを発見。

アボカドは、まだ熟していなかったので、この日は入れられなかったのですが、ホタテと合わせるだけでも、とても美味しかったよ。

ここに、エビ、イカなど、海の幸を入れても、たぶん合う気がします。エビの赤が入ると、彩りもきれいになりそう。happy01

……ってことで、テンプレも変えてみました。右の「今日の献立」では、レシピが検索できるみたいです。

| | コメント (2)

それは本末テントウムシのサンバでしょう!

今朝のyahooニュースで、目をひかれたのが「羽のないテントウムシを遺伝子操作でつくった」というもの。

テントウムシくんは、アブラムシなどを食べてくれるありがたい益虫。農薬を使うかわりにテントウムシを買ってきて、畑に放して虫を食べてもらう、という取り組みもなされいると聞きます。私も自分の畑にいるのをみると「よし、よし」と思う。

でも、テントウムシは羽があるので、畑にとどまっておらず、どこかに行ってしまう。そこで、畑にとどまっているよう羽のないテントウムシを作ることに「成功した」、ということ。ソースはコチラ

羽のないテントウムシの写真を見て、私は絶句しました。あまりに痛々しい……weep

しゃれてる場合じゃないですが、それこそ、本末テントウムシのサンバ! こんなにしてまで無農薬農法をするんだったら意味ないんじゃないかな。

それでも、これは農家の人にとって朗報なんでしょうか……。わかりません。

| | コメント (2)

ナスを干してみた

週末、畑に行ったらまたナスが採れました。

薄切りにしてゴマ油で炒めたり、ラタトゥイユにしたり、浅漬けにしたり。でも、同じ料理ばかりでは飽きてしまう。

Photoそこで、今回は「干しナス」にしてみることにしました。野菜は干すとおいしさが増す、という記事を、以前、魚柄仁之助さんの本で見たのを思い出して。

参考にしたのは コチラ。記事の最後のほうに「干しナスの作り方」というところがあります。

作り方はカンタン。

①ナス3コほどを厚さ2~3ミリの薄切りにします。
②それを塩水に1時間ほどつけて、アクをぬく。
③塩水からあげたら、ザルに並べて、太陽がよくあたるところに置く。このとき、虫よけに、三角コーナーに入れるようなネットを切ってかぶせ、周りを洗濯バサミでとめました。
④このまま2日間、干しました。ただし、夜は室内に入れました。

さ~て、お味は?……ちょっと端のほうをちぎって食べたら……美味しい!delicious すこしもちっとした食感で、昆布のよう? 甘みが増して、なんとも懐かしい味。

Photo_2この干しナスを使って、夕飯の一品。材料は、干しナス、油揚げ、ジャコ。

①フライパンにゴマ油を引いて、干しナスをそのまま投入。
②そこに油揚げ2枚を細切りにしたものを投入。
③さらに、ジャコを投入。
④最後に、めんつゆの素を投入。 以上。

これも美味。ナスはよく噛んだほうが味が出ます。噛めば噛むほどおいしい。

干すと、ナスってこんなに味がよくなるなんて発見でした。

あ、めんつゆは、ちょっと控えめの量のほうがいいかも……coldsweats01(味がちょっと濃すぎた……)

野菜は、干して食べると栄養価も高まるみたい。「乾物研究室」というサイトでは、いろんな干し野菜の作り方が紹介されています。本もいろいろと出ているみたいですね。

| | コメント (0)

ナゾの野菜

Photo近所にある畑に、これまで見たことがない野菜があって、一体何の実なのか、これからどうやって育っていくのか、ずっと気になっています。

←ナゾの野菜はコレです。

最初は、葉の形と樹形から米ナスだと思ってたのですが、ある日、通りかかると、黄色い実がなっていました。

生り方をみると、ミニトマトみたいです。

背丈は、普通のナスと同じ、ももぐらいの高さ。花は白くてジャガイモのような花です。

トマト、ナス、ジャガイモの特徴を全部合わせたようなこの野菜、何なんでしょう?

追記:今日、またみたら、黄色い実のいくつかが赤くなっていました。やっぱりトマト?

| | コメント (5)

Mさんトマト、実ができてた!

Photo去年、野菜講座で一緒になったMさんからいただいたトマト。

今朝、ベランダの野菜の手入れをしていたら、実ができているのを発見! 

1週間ぐらい前に花が咲いたので、トマトトーンをシュッ、シュッとかけておいたもの。

農園のトマトは疫病にかかってしまって、今年はもう収穫が望めそうもなく、ベランダトマトにかけていたので、すごい、うれしいよ~!crying 

長細い?のは、こういう品種? そばにもうひとつ、実ができてました。happy01happy01 Mさん、ありがとうございます! これで私の夏の夢、終わらずにすみます。

今日は、いい具合に曇っていて、「緑ごと」にはうってつけ。新たに買ったバジルの苗も植え付けました。土を新しいものに入れ替え、鉢も少しゆったりめのものにしてみた。

今度こそ、育ってくれー。

| | コメント (2)

ラタトゥーユで温野菜をたくさん食べる!

Photo今、夏野菜は収穫の最盛期です。

我が農園でも、トマトはダメでしたがcrying、ナス、ピーマン、インゲンは大漁。

たくさんとれた野菜を大量に使う料理、ということで、ラタトゥーユをつくってみました。

ラタトゥーユは、夏野菜をいためて煮込む南フランスの料理です。

白ワインで煮込む作り方もあるようですが、私は野菜から出る水分とトマト缶(トマトジュースでも代用可)だけで煮込む方法で作るのが好きです。

使う野菜は、ズッキーニ、ナス、ピーマン。私はそれにタマネギ、ニンジン、長ネギなども入れます。

また、うちには「肉食系男子(最近、よく言われている意味ではなく、文字通り、肉が好き、という意味)」がいるので、邪道かもしれないですが、ベーコンとウインナーも加えます。

作り方はカンタン。

①各野菜を食べやすい大きさに切る。
②ニンニクひとかけらを刻み、鍋にオリーブオイルを熱して、その中にいれて炒める。
③ベーコンとウインナーを入れて炒める。
④そこに、ナス、ズッキーニを入れて、しんなりするまで炒める。
⑤さらに、ほかの野菜をいれて炒める。
⑥野菜がしんなりしてきたら、トマトの水煮缶1缶とスープの素2つをいれて、よく混ぜる。
⑦あとは、弱火で10分ぐらい煮れば、出来上がり。

Photo_2

昨日は、その上にパラパラっとチーズをふりかけて食べてみました。おいしい~smile

こうして温野菜にすると、生で食べるよりも野菜をたくさん食べられるし、何より、たくさん消費できます。

冷たくしてもおいしいので、作り置きしておいて、朝食のとき、卵料理と一緒に食べてもおいしいですヨ。

「ラタトゥーユ レシピ」または「ラタトゥイユ レシピ」でググれば、たくさん、レシピがヒットします。

| | コメント (0)

涼、冷、凍……

気温が下がるわけじゃないので、言っても仕方ないとは思うのですが、暑い……

とりあえず、涼しくなるような漢字、並べてみました(しょうもなくてスミマセン)。

涼         

  冷     陰 

 水   渓流    

今日は、今週中にやらないといけない仕事がやっと片付いて、ちょっとほっとしました。でも、疲れ気味です……。

| | コメント (2)

四角い皿っていいかも

うちにあるお皿は、大部分が丸、もしくは楕円です。

Cimg1933でも、先日、「ナチュラルキッチン」で、シンプルな白い四角い皿を見つけ、「四角い皿って、いいかも~heart01」と、突然思いました。

ナチュラルキッチンは100円ショップ。でも、100円とは思えない可愛い雑貨がたくさん並んでいて、吉祥寺に行ったときは必ず、立ち寄ってしまう店です。

この日は、大きい皿と小さい皿、サイズの違うものを2枚ずつ購入しました。

全部100円だから、100円×4枚=400円(税別)ナリ。安いーhappy01

大きいお皿には、カレーライスをのせたり、チャーハンをのせたり、野菜炒めをのせたり。

小さいお皿は、取り皿としてちょうどいい大きさ。

目新しいせいもあるかもしれないですが、丸いお皿ばっかりの食卓に、四角いお皿があると、なんとなくオサレになるような気がする。

丸と四角。ちょっとした形の違いだけど、変えてみるだけで、料理するのも楽しくなったりします。価値ある100円。

| | コメント (2)

とげのあるキュウリ

Photo

キュウリは、とげがあるものが新鮮。

八百屋さんで選ぶときは、このとげがピンとしてるかどうかを、新鮮かどうかを見極める目安にしなさい、と教わりました。

確かに、畑で採れたてのキュウリには、こんなにとげがあります。指で触るとチクッとします。

でも、最近は、とげ自体がないキュウリも多く見かるようになっています。

キュウリのトゲはなぜなくなったのか。品種改良でそのように作られているからなんだそうです。

また、上の写真のように、白い粉っぽいものがついているキュウリもあまりみかけなくなりました。

白い粉っぽいものはブルームといって、キュウリが雨などから自分の身を守るためにつけているもの。自然のもので、まったく害はないのですが、消費者にはこれが残留農薬と映ったりして、売れ行きに影響する。

ということで最近は、このブルームが出ないような「ブルームレスキュウリ」が主流になっているということ。カボチャの苗に接ぎ木することで、このブルームレスキュウリはできます。

こういった野菜の品種改良などについて、藤田智先生が軽妙な語り口で書かれたご著書「キュウリのとげはなぜ消えたのか」(学研新書)。

面白そうなのですが、なかなか近所の書店にない。coldsweats01……ってことでアマゾンで注文。

| | コメント (2)

長っ!

昨日は都議選の投票に行って、そのあと1週間と1日ぶりに畑へ。

ジャーン……

Photo_6

ジャーン…… Photo_7

ジャーン……

Photo_9

ジャジャーン! (猿の惑星→「2001年宇宙の旅」の音楽のつもり)

Photo_5 ナスの長太郎くんです。 長っ!計測したところ、35センチありましたー!coldsweats01 ほんとは、こんな大きくしないうちに収穫しないといけないんだと思うんだけど、よく伸びたね、アナタ。 

一方、トマトは、どうも疫病が出てしまってダメな感じ。友達に、「トマト、採りにきてね!」なんて言ってしまったのだけれど、どうも叶わなそうです……哀weep&ごめんなさいっbearing

| | コメント (3)

ナス科野菜トリオで

今日はなんとなーく畑に行くタイミングを失してしまいました。

畑で採れたジャガイモとナスがまだ残っているので、それを使い切る作戦で、今日は料理を。

Cimg1937●ナスとトマトのチーズ焼き
材料(2人分):ナス3~4つ/トマト3つ/とろけるチーズ150グラムぐらい/ベーコン適当/塩とコショウ/オリーブオイル適量

①ナス、トマトは、厚さ5ミリ程度の薄切りにしておく。

②耐熱皿にオリーブオイルをぬって、そこに薄切りにしたナスとトマトを交互に並べていく。

③並べ終わったら、その上にベーコンを適当に置く。さらに塩とコショウをぱらぱらっとふる。ラップしてレンジで4分ぐらい加熱。

④レンジから出したら、とろけるチーズを適当にのっける。多めにしたほうがおいしかも。

⑤それをさらにオーブンで焼く。1000度→(間違えた……1000ワットでした……1000度じゃ焼き物でもつくるのかよ、って温度だよね……で、肝心の温度は……表示がなくてわからない~weep)で7~8分で焼けば出来上がり。おいしかった~delicious

Cimg1936●自家製ポテトチップス
材料:新ジャガ自分で食べられると思うだけ/オリーブオイルとサラダオイル

①ジャガイモは皮がついたまま、よく洗い、スライサーで薄くスライス。

②オリーブオイルとサラダオイル半々ぐらいの油で、140~150度ぐらいでさっと揚げる。

③ペーパータオルに一度、あげて油を切ったあと、塩、ニンニク塩などをぱらぱらっとふって食べると、おいしいー!

たくさん盛り上げたところ、写真撮ればよかったんだけど、揚げたてがすごくおいしくて、盛り上げるひまもなく、口の中に消えてしまいました。

オリーブオイルを使ったせいか、そんなに油っぽくならず、いくらでもイケる。ちょっと高めの温度で、カラッ、サッと揚げるのがコツかな。

ポテトチップスって、買ってくるもんと思ってたけど、家で結構カンタンに作れるのねcoldsweats01

トマト、ナス、ジャガイモの共通点。それはみんな「ナス科」野菜だということ。黄金トリオだね。

追記:ポテチは、「ポテトチップス レシピ」でググったら、もっとおいしそうな作り方がたくさん出てました。2度揚げするとか、水分を飛ばすために一度ゆでるとか、もう少しテマヒマかけると、もっとおいしくできそうです。うちのは野人レシピってことで。

| | コメント (2)

この夏のwish list 

七夕を過ぎ、あっという間の1週間。

今週は打ち合わせやら編集会議やらで、出かけることが多く、ややへばり気味です。ブログ更新も間があいてしまった。。。

今日締め切りの仕事がやっと片がついて、ちょっと息抜き。

中目黒に、野菜を材料にしたケーキやスイーツを作っているお店があります。確か、「やさいの時間」の、さなともーみのコーナーにもよく出てくるお店。ググったらありました。potagerというお店です。

ゴボーショコラ、ベジロールトマト、ヤキイモタルトなどなど、一体どんな味なのか、興味津津。この夏のwish list、その1は、このお店に行くこと。

wish list、その2は、実家の近くにあるJAの直売所に行くこと。土日は車の渋滞が起きるほど、人気らしい……。すごく安くて新鮮な野菜がたくさん売られている、ということ。それを買いたいというのもあるのだけれど、全体のシステムとしてどうなっているのかが、見てみたい。

地元農家の人が、朝、収穫した野菜を並べにくる、という直売所も各地にあるらしく、搬入の様子、品出し、陳列がどうなされているのか、見てみたい。

wish list、その3は、どこでもいいから農家レストランに行くこと。これも、おいしい食事をしたい、というのもあるのだけれど、システムとしてどうなっているのか、も見てみたい。

グリーンツーリズム、というサイトで、直売所や農家レストランが検索できるようです。

野菜な夏(こんなナ形容詞はありません)。

| | コメント (3)

タカミンの笑顔に癒され……

Photo昨日、今日と、またもや、やや追いつめられてます。

で、気分転換にパソコンのデスクトップ、変えてみました。

原稿に行き詰ったら、デスクトップを見て、タカミン(高見盛)の笑顔に癒され……

さて、また戻ります。

七夕の夜は、更けていく……

| | コメント (4)

畑は人なり?

去年の秋の講座から一緒になったS.Hさん。

お聞きしたところ、家庭菜園歴はほぼ私と同じぐらい。でも、すごく熱心で、今年は番外地でスイカの栽培にも挑戦されています。

これまで、自分の畑の管理で精いっぱいで、ほかの方の畑を見に行く余裕がなかったのですが、昨日は収穫もあまりなかったこともあって、初めてS.Hさんのスイカ畑を見学させていただきました。

Shこれです!

3メートル×2メートルほどのスペースいっぱいに広がるスイカのつる。

さて、問題です。この広がるスイカ、元は何株だったと思いますか?

答えは、なんと2株! 私もお聞きしてビックリ。スイカって、こんなに広がるんですね。地這いで育てるには、広い場所が必要なんだなあ。

スイカは、雄花と雌花が別に咲きます。だから、雄花をとって雌花に受粉させてあげないといけない。

しかも雄花が花粉を出すのは午前9時まで(意外と几帳面)らしく、朝のうちが勝負。

というわけで、S.Hさん、ここのところ、ほぼ毎朝、畑に足を運び、受粉作業をされているそう。

Photo_6その努力が形となったのでしょう。

ひとつ、大きなスイカができていました!

「収穫まで、あと2週間ぐらいですかね~happy01」と、とっても嬉しそうなS.Hさん

ちょっと離れた場所にもうひとつ、小さい実ができていました。

Photo_7かわいい~lovely そう、スイカって、最初はこんなに小さいんだよなあ。しっかり、大きくなれよっ!

それにしても、ほかの方の畑を見るのって楽しい。

結構、みんなそれぞれに工夫をしていて勉強になります。

きちんと愛情をもって手入れされている畑は、なんとなくわかる。文字は人なり、じゃないけれど、畑も人なり。

個性や人となりが出るように思います(私の畑は……どう見えてるんだろ?coldsweats01)。

| | コメント (2)

恵泉女学園大学公開講座「藤田智先生の家庭菜園教室」第7回

家庭菜園教室も第7回を迎えました。この日のメインテーマは「長ネギの植え付け」です。

いつものように午前中は教室で講義、午後から畑で実習。各自の机に長ネギの苗が1本ずつ、配られました。教室、ネギのにおい~。

長ネギをよ~くみると、葉が分岐しているところから下が白く、上の葉の部分が青い(別に、よ~く見なくてもわかるね)。

白い部分(葉鞘[ヨウショウ]というのだそうです)は、土をかけて日光が当たらないようにして白くする。

これを「軟白栽培」といいます。長ネギは軟白栽培で育てるのが特徴。この軟白な部分をどれぐらい長く、まっすぐ育てられるか、が長ネギ栽培の勝負どころ。

その極意は……

Photo藤田先生「えー、プリントの3ページのイラストをご覧ください。これが植え付けのポイントです。え~、これは、私がかつて書いた本に掲載されているイラストです。え~、予算がないといわれ、私がイラストも描きました(左)」

すごい、「予算がない」を理由に、先生にイラストを描かせてしまう編集部って……coldsweats01  でも、先生、イラストも上手!

私も、先生のイラストを真似して、ノートに描き、ポイントを記入してみました(右)。でも、先生のように上手に描けない……

極意1:畑は耕さない!
ネギの苗を植えるためには深く、垂直な溝をほる必要があります。そのためにはある程度、土が固いほうが掘りやすい。柔らかすぎる場合は、少し踏み固めて固くするぐらいでもよいそうです。

極意2:20~30センチの深さの溝に、5センチ間隔で苗を定植!
株間は広く取りすぎると、、「シモネタネギ」……もとい「下仁田ネギ」(先生が言ったんだからね)のような太くて短いのができてしまう。植物は株間が狭いと、上へ長く伸びようとする。その性質を利用して、株間を5センチと狭くして植えつけるのだそうです。

極意3:植えつけたら、ワラで溝を埋める!
このまま、溝に土を入れて根を埋めてしまうと、根が呼吸できなくなってしまうので、ワラを入れて、空気を含ませるようにして、この上に土をかぶせていく。

極意4:2週間に1回、葉の分岐点のところまで、土寄せをし、軟白にしていく
この土寄せ作業は重要。これで美白ネギができるかどうか、が決まる! 土寄せのタイミングで追肥します。元肥は必要なし!

で、作業したのがこれ~。

Photo_2Photo_4Cimg1924







たった長さ1メートルだけどね、深さ30センチの溝をほるってね、アァタ、腰にきますよ。

でも、ネギ栽培は、あとは土寄せさえ気をつければ、害虫も少なくてカンタン。

うちは冬になると、「青山部屋ですか?」ってぐらい、鍋物がヘビーローテーション。今年は自分で作ったネギやハクサイ、ニンジンで、ちゃんこパーティーを開く予定です(またもや「採」らぬタヌキ?)

この後、S.Hさんの畑を見学させてもらいました。そのレポートは次に。

| | コメント (0)

色づくトマト

Minitomato月曜日に、色づき始めたベランダのミニトマト(サントリーの本気野菜シリーズ・ジュレピンク、というものです)。

昨日の朝、見たら、ひとつ、切れ目がはいって、割れてた……

さっそく、収穫して食べたら、う……、酸!bearing

でも、次のトマトがまた、赤くなってきています。

今のところ、五段目まで花がついています。去年、わき芽伸ばし放題で、1段目の5つぐらいしか収穫できなかったことを考えると、我ながら進歩した、と思うのであった。

| | コメント (0)

なるべく小さい音で聴いてほしい曲

このブログでたびたび紹介している、偉大な作曲家にして、現役ジャズピアニストの大野雄さん。「ルパン三世」や「小さな旅」の曲を作った方です。

前は、定期的にライブに行っていたのですが、仕事やら何やらでしばらく行けない期間が続いていました。

ようやく少し心のゆとりが出てきたところ、友人からの嬉しい誘い。久々にライブに行ってきました。

「Alone Together」などのスタンダードジャズも、もちろん素敵なんだけど、お目当ては「犬神家の一族」のジャズバージョン。

その日、何が演奏されるか、は行ってみないとわからないのですが、なんか、この日は演奏してくれそうな予感。

Yuji_ono_cdそして、後半の最後のほうで、出ました! 「Jazz 犬」dog !

このジャズバージョン「犬神家の一族」を収録したアルバムがあって、前からほしいと思っていたのですが、この日、とうとうゲット。

スタンダードのジャズナンバーに、1曲だけ、大野さんのオリジナル曲である「犬」が入っています。ライナーノーツをみると、「できるだけ小さい音で聴いてほしい」とある。

珍しいよなあ、自分の演奏した曲を、できるだけ小さい音で聴いてほしいって……。ふだん、「邪魔にならない曲」をほめ言葉として使用されることが多い大野さん。とても、大野さんらしい要望だなあ、と思いました。

で、CDに、サインもしていただきました~! 

サインをしていただいた後、大野さんが「久しぶりだよね」と、声をかけてくれた! 覚えていてくださっていたんだ! 嬉しいなあcrying

調子にのって、前からずっとお聞きしたいと思っていたことをお聞きしてみました。

私:あの~、「犬神家の一族」のテーマの楽譜って出版されていないんでしょうか?
大野さん:うーん、わかんないなあ。 
私:そうですか……
お店のオーナー:耳で聞いてコピーするように。

小さいとき、ピアノとエレクトーンを習っていたので、だいたいのメロディの耳コピはできるのですが、コード進行が一部、わからないところがある。それを確認したくて、ずっと楽譜を探しているのですが、ない、のか……。

私:……そうですか……。では、引き続き探してみます。

ああ、「犬神家の一族」のテーマ曲、どこかに楽譜ないかなあ。

| | コメント (2)

ミミズは「貧毛」綱

前回の日記で書いた「ミミズ」。

昆虫類と書いたのですが、確か小学校のとき、昆虫類って脚が6本あるやつ、って習ったような気がする……と思って調べたら、「~類」という言い方は学問的な分類ではない、という記述をみつけました。

もう少し調べると、ミミズは、「環形動物門」の「貧毛綱」にあたるらしい。→コチラ

「貧毛」って……思わずダンナの頭を見る……

失礼しました。

さて、また仕事に戻ります(ちょっと今日は追いつめられてます)。

| | コメント (4)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »