« ナスを干してみた | トップページ | モロヘイヤと海の幸 »

それは本末テントウムシのサンバでしょう!

今朝のyahooニュースで、目をひかれたのが「羽のないテントウムシを遺伝子操作でつくった」というもの。

テントウムシくんは、アブラムシなどを食べてくれるありがたい益虫。農薬を使うかわりにテントウムシを買ってきて、畑に放して虫を食べてもらう、という取り組みもなされいると聞きます。私も自分の畑にいるのをみると「よし、よし」と思う。

でも、テントウムシは羽があるので、畑にとどまっておらず、どこかに行ってしまう。そこで、畑にとどまっているよう羽のないテントウムシを作ることに「成功した」、ということ。ソースはコチラ

羽のないテントウムシの写真を見て、私は絶句しました。あまりに痛々しい……weep

しゃれてる場合じゃないですが、それこそ、本末テントウムシのサンバ! こんなにしてまで無農薬農法をするんだったら意味ないんじゃないかな。

それでも、これは農家の人にとって朗報なんでしょうか……。わかりません。

|

« ナスを干してみた | トップページ | モロヘイヤと海の幸 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花と園芸」カテゴリの記事

コメント

見ました。これは無惨な姿ですね。
飛ぶ時やまんまるの姿が動いているのが
愛くるしいわけで許せません。

こんなことしたらまさしく
産婆いらずです。

投稿: アルキメデス | 2009年7月21日 (火) 15時56分

アルキメデスさん、ありがとうございます。

まさしく「無惨」という言葉がぴったりですよね。
ソースにあげた記事中では、「ほかの昆虫にも応用可能」と書かれていて、戦慄を覚えました。

テントウムシにも産婆さんがいるとしたら、ほんとに嘆いていることでしょう。

投稿: 青山美佳 | 2009年7月21日 (火) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナスを干してみた | トップページ | モロヘイヤと海の幸 »