« R指定ナス | トップページ | 「鳥もと」は永久に不滅! »

腱鞘炎の恩恵―左手で全部押せるショートカットキー設定

選挙で大嵐が吹き、そのあと、本物の台風も来て暴風雨に見舞われ、怒涛の中で8月が終わっちゃいましたね。政権交代していい方向にいくといいけれど。

さて、腱鞘炎は相変わらずの模様。

そこで、右手でマウスでやる作業をできるだけ少なくするため、左手をポジションに置いたまま、よく使う機能をショートカットキーで操作できるよう、設定することにしました。

原稿のやりとりで、コメントを入れることが多いので、それを設定。忘れないように設定方法、書いておこう。ワード2007での設定法です。

1.ワードを立ち上げて、一番左上にある、一番目立つデカイ「Officeボタン」を左クリック。
2.現れる画面の右下、「wordのオプション」を押す。
3.左側に現れるメニューの中から「ユーザ設定」を選択。
4.画面の一番下「ショートカットキー」という文字の右にある「ユーザ設定」をクリック。
5.左の窓「分類」から「校閲タブ」を選択すると、右の窓「コマンド」に英文が出る。
6.「Insert Annotation」を選択。これが「コメント挿入」です。日本語の説明は左下の「説明」のところに示されるので、わからないときはこれで確認。
7.「コマンド」窓の下に「割り当てるキーを押してください」とあるので、そこにカーソルをあわせ、自分で操作しやすいキーを押す。
※コメント挿入は「Ctrl+Alt+M」というキーがすでに割り当てられているのですが、これだと「M」を押す時に右手を使わないといけないので不便。そこで、私は「Shift+Ctrl+C」に設定。こうすれば左手をポジションから動かさないで済む。
8.最後に左下の「割り当て」ボタンを押せば、設定完了。

同じ方法でコメント削除(Delete Annotation)も「Shift+Ctrl+D」に設定。

ふー、いちいち、マウスを使って上のメニューから選ばなくてよくなったので、だいぶ楽になったよ。

これも腱鞘炎になって、なんとかラクしようと思ったからやったこと。不便もたまにはしてみるもんだね。

|

« R指定ナス | トップページ | 「鳥もと」は永久に不滅! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんだかよく分からないのですが、いかに右手マウスで仕事しているかが、伝わってきます。
僕は、とくに左手が弱く、メールも打てません。
もしかしたら、サウスポーになるかも (^_^)/~ 

投稿: アルキメデス | 2009年9月 1日 (火) 15時33分

アルキメデスさん、ありがとうございます。

パソコンのマウスもそうですが、日常生活でも、いかに右手に頼っていたか、思い知らされます。weep 

左手も使えるようになっておいたほうがいいかも、です。

投稿: 青山美佳 | 2009年9月 1日 (火) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« R指定ナス | トップページ | 「鳥もと」は永久に不滅! »