« れ、れっれれ、れっれ、れ♪ | トップページ | 虫歯なんて大した問題ではない……死んでしまえば »

タネまきには想像力がいる

昨日もまた恵泉女学園大学の野菜講座でした。

この日のテーマは、秋野菜の第2弾「葉物野菜」。

具体的には、シュンギク、ホウレンソウ、コマツナ、ミズナ、キョウナ、それと、ラディッシュ、コカブ。6種類のタネを畑にまくのが今日のミッション。

畑は、またもや2週間放置。オクラがまた、これみよがしにデカクなっているんではないか、と思いきや、9月に入って涼しくなったせいか、テキも実をつけるペースを落とした模様。2、3個、大きな実がついている以外、実がなってない……(そういえば、大きくなった実しか見てなくて、ちょうどいい大きさの実、食べてない……)

Photoトマトとキュウリ栽培のために支柱を組んでいたものを解体し、そこを耕して、葉物くんたちのタネをまくことにしました。

2メートル×1メートルほどの広さ。そこに溝をつくって条まきします。

最初、真ん中を開けないまま、条間を30センチぐらいとってタネをまこうとしていたら、後ろから「タネ、まこうとしてる?」という声が。

いつも、いろいろと教えてくださる隣の区画のベテランさんが2人。

「はい」
「もっと条間は狭くても大丈夫だよ。15センチぐらいあれば十分」
「え、そうなんですか?」
「うん。でも、真ん中に間がないと、収穫のとき、大変だよ」

……なるほど。収穫するときのこと、まったく考えていませんでした。
教訓「タネまくときは、収穫するときのことをイメージせよ」

「育ったときの背の高さが低い順に、まいていくといいよ。手前に背の高くなるものを植えちゃうと、後ろの低いのに日光が当たらなくなっちゃうからね」

……なるほど。そういう配慮も必要なんですね。
教訓「タネまくときは、育つときのこともイメージせよ」

いろいろ勉強になるなあ。……なんとか6種類の種まき完了。ふー。

●虫2連発

Photo_2ニンジンとクウシンサイも、すくすく育ってます。

虫がついていないか、ちゃんと見ることも必要。で、いました! ニンジンの葉につくキアゲハの幼虫。

すごいハデないでたちですが、いたっておとなしい性格。でも、こいつがいると、葉っぱ、すごい勢いで食われてしまう。

きれいなチョウになるとはわかっちゃいるが、ごめんね、H&S(合掌)。

次にクウシンサイ。

こちらも、またもや、伸び放題。

少し刈り込んですっきりさせることにしました。

Photo_3刈り込んでいくと、根元のほうに、見たことないヤツがおりました(左)。アンタ、だれ?

色は地味だけど、顔に見える部分には角もあったりして、なんか、キハゲハに比べると、渋い玄人な感じ。

でも、突然、お尻だと思ったほうに進みだした。あ、あのー、アナタ、そっちが前だったんですか。

アオムシ(ただし1センチ以下)は、素手でいけるようになりましたが、さすがに、この大きさになると、素手は無理。枝につけたまま……H&S(合掌)。

いま、「やさいの時間」を見て思い出した。昨日、寒冷紗、かけてくるの忘れた……また近々、行かなくちゃ。

|

« れ、れっれれ、れっれ、れ♪ | トップページ | 虫歯なんて大した問題ではない……死んでしまえば »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花と園芸」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまです。種まきは大好きです。とくに発芽して芽が揃う頃の感じが。間引きしながらも我が子のように(矛盾してますが)「立派にそだてよ」って念じます。
この時期虫はたいへんですよね。たぶん一番虫も活動しやすく元気な時期なんでしょうね。

投稿: たっちゃん | 2009年9月14日 (月) 02時51分

たっちゃんさん、ありがとうございます。

タネまきは疲れますが、わくわくしますよね。

間引きしながらも我が子のように・・・確かに矛盾しますが、その気持ち、わかります。

私はどれを選んで間引いたらいいのか、すごく迷ってしまいます。

虫も涼しくなってきて元気になってくるんでしょうね。防虫対策は、薬を使ったり、H&Sしたりするより、寒冷紗で物理的にシャットアウトが、互いのためにいいような気がします。coldsweats01

投稿: 青山美佳 | 2009年9月14日 (月) 07時47分

美味しいものには、虫がつく。
これは仕方がない。
虫はそれぞれ相手を選んでいるんだよね。

人に例えているわけではないんだけどね。。

投稿: アルキメデス | 2009年9月15日 (火) 12時37分

アルキメデスさん、ありがとうございます。

おいしいものには虫がつく。
そうなんですよね。ちゃんとわかってるんだよなあ。

キアゲハちゃん、きれいな姿になったところをアルキメデスさんのブログで拝見し、殺生したことに心が痛みました。bearing

投稿: 青山美佳 | 2009年9月15日 (火) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« れ、れっれれ、れっれ、れ♪ | トップページ | 虫歯なんて大した問題ではない……死んでしまえば »