« タネまきには想像力がいる | トップページ | ポップコーンって、ちゃんとコーン »

虫歯なんて大した問題ではない……死んでしまえば

先日、落語を聞きにいったときのこと。会場のすぐ近くに岩波書店の店がありました。

開演までの時間、暇をつぶそう、と思って入って見つけたのがこの本――『笑う英会話』。

英語の参考書や辞書などに実際に載っている、一体どういう場面で使ったらいいのだろう、と思うような珠玉の「迷文」を集め、イラストをつけ、ツッコミを入れてある。

読み始めたら、やめられなくなって、とうとうレジへ……買ってしまいました。

たぶん、文型や語彙を無理やり入れて例文をつくろうとしたが故の産物のようにも思います。でも、普段、私も日本語のテキストをつくっていますが、例文つくるのって、意外に難しい。よく仲間からツッコミ、入ります。coldsweats01

この本、お世話になっているA社さんやK社さんなどの本からの引用も数点ありました。

作者のおひとり、草下シンヤさんのブログで数点、見ることができます。→コチラ

ツボにハマったのは、今日のタイトルにしたものと、草下さんのブログで紹介されている「私たちは朝2時に~」のやつです。私も思う――「なんで?」

|

« タネまきには想像力がいる | トップページ | ポップコーンって、ちゃんとコーン »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

イラストが秀逸ですね。
なるほど、こんな入り方だと興味を持って楽しめる〜
いろんな、楽しみ方を知っていますね。
懐がひろ〜い。。

投稿: アルキメデス | 2009年9月17日 (木) 20時35分

アルキメデスさん、ありがとうございます。

ほんと、イラスト、いいですよね。
でも、結構マジで、インパクトのあるイラストが記憶を助ける、ということはあると思います。

面白みのないイラストで勉強するより、興味を持つ学生、いるかも?bleah

投稿: 青山美佳 | 2009年9月18日 (金) 05時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タネまきには想像力がいる | トップページ | ポップコーンって、ちゃんとコーン »