« 「鳥もと」は永久に不滅! | トップページ | 桃から生まれたケンヂくん »

南国の土産

ベトナム、ラオス、タイなど、東南アジアの国々を旅し、先月帰国した大先輩と再会することになりました。

「お土産があるんだ。すぐになくなっちゃうようなものじゃなくて、ずっと残るもの。でも期待しないで。高価なものじゃないよ」

えー、なんだろう??

Photoで、再会した先輩が取り出したのは1つの紙の包み。開けるとそこに入っていたものは……左の写真です。

「これね、フルーツのタネ。私が旅する途中に食べたフルーツのタネをきれいに洗って、乾燥させて持ってきたんだ」

一番大きいのはドリアン。赤い楕円のものはライチ。アーモンドみたいな灰色のはランブータン。

「タネは蒔くとたぶん芽が出ると思うよ」

私が植物を育てるのが好きだということを知っていて、わざわざ持ってきてくれたんだ。ずっと残るもの――確かに。happy01

Photo_2ネットを検索すると、タネから育てている人の栽培日記が結構たくさん見つかりました。

まずは発芽率がよい、と言われるドリアンのタネを水につけてみました。

参考にしたのは、コチラのサイト。

水につけて2日目。いまのところ、変化なし。

はたして発芽するのか? うまく芽が出たらどのように成長していくのか?

とても楽しみです。

ところで、この大先輩は、若いときから日本語教師として海外での暮らしが長かった人。

「日本での生活拠点を引き払って、晩年はラオスで暮らすことにしたんだ」

家財道具はすべて売り払い、蔵書も持っていくのは100冊と決めて、それ以外はすべて古本屋に売り、ようやく、今、家の中は冷蔵庫と布団だけになった、ということ。

「日本はね、今のご時世、捨てるほうがお金がかかるんだよ」

「いろんなものを持つこと=豊かな暮らし」ではない、とわかっていながら増える物。持たずに暮らす。実践は難しそうです。

|

« 「鳥もと」は永久に不滅! | トップページ | 桃から生まれたケンヂくん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花と園芸」カテゴリの記事

コメント

来てみてびっくりsun
いつもコメントありがとうございます。

多分、ごぶさたです。

またよろしくです。

投稿: つんこ | 2009年9月 5日 (土) 11時21分

つんこさん、ありがとうございます。

ほんとにすっかりご無沙汰しております。
いよいよテキストができあがる、とお聞きしております。楽しみです。

また、ブログ、遊びに行きますね。
こちらにもいらしてください。

投稿: 青山美佳 | 2009年9月 5日 (土) 13時09分

「捨てるな、うまいタネ」という本がありましたね。
根気よく待っていると、芽が出た時の嬉しさ。。
楽しみに待ちましょう〜〜
アボガドのタネから、育ったグリーンが我が家にありま〜す。

投稿: アルキメデス | 2009年9月 7日 (月) 19時14分

アルキメデスさん、ありがとうございます。

それだー! 「捨てるな、うまいタネ」。
書店で、何度も手にとっては戻し、取っては戻し。そのうちに見かけなくなってしまって、題名が思い出せなかったのです。ありがとうございます。

早速、ブクログに追加♪

投稿: 青山美佳 | 2009年9月 7日 (月) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「鳥もと」は永久に不滅! | トップページ | 桃から生まれたケンヂくん »