« 見事な「レース編み」に後悔と自責の念 | トップページ | 郵政民営化は、まだ遠い? »

青いバラ、いよいよ発売だそうです

昨日、今日と、『中上級のにほんご』11月号の最終校正。今月も、あともう一歩まできました。最終チェックの前に、ちょっとだけ息抜き。

サントリーが開発したという「青いバラ」。いよいよ11月3日から一般販売される、というニュースを見ました。プレスリリースはコチラ

1本2000円~3000円だって! 高い! 

でも、開発の苦労からすると、これでも安いのかもしれませんね。

今は、青というより紫色。そのうち、空の色のような青いバラ、できるのでしょうか。

ちなみにこのバラ、花言葉は、「夢、かなう」、だそうです。→ コチラ

|

« 見事な「レース編み」に後悔と自責の念 | トップページ | 郵政民営化は、まだ遠い? »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花と園芸」カテゴリの記事

コメント

青いバラは作るのが難しいと昔から聞いてましたが
できたんですね、とうとう!
何もそこまでしてバラを青くする必要ないとも思うけど・・・
美しいですね!でも高い!
このバラの「売り」は花言葉かも!?
うまいな~サントリー!happy01

投稿: さゆりん | 2009年10月21日 (水) 23時36分

さゆりんさん、ありがとうございます。

花言葉がウリ、確かにそうかも~。tulip
研究に取り組んだ人たちの思いが、この花言葉に表れてますよね。

でも、花言葉って、勝手に決めていいものなの?catface


投稿: 青山美佳 | 2009年10月22日 (木) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見事な「レース編み」に後悔と自責の念 | トップページ | 郵政民営化は、まだ遠い? »