« 2009年12月3日の朝日新聞広告に家庭菜園検定 | トップページ | 2009年12月の日本語能力試験にエヴァ降臨、に思う »

2009年12月の日本語能力試験の聴解にエヴァ?

昨日は、日本語を母語としない人のための日本語能力を測る試験「日本語能力試験(JLPT)」の試験日でした。

現在の形で試験が行われるのは、今回が最後。2010年7月からの試験では、試験内容が大きく変わり、新しい試験になります。

で、昨日の試験はどうだったんでしょう。

Twitterで「JLPT」で、検索してみたら、聴解問題に、アニメの場面をテーマにした問題が出た、という情報が。エヴァンゲリオン風(?)な場面設定だったということ。本当?

来年から、聴解は、より実際の生活で耳にすること、実生活のコミュニケーションに近いもの、オーセンティックなものになるとガイドブックにうたわれています。

今回の試験も、多少その「兆し」があるのかな、とも思ったのですが、アニメの場面設定って、実生活とは対極にある気が……coldsweats01

うーん、最後の試験だから、出題者が遊びゴコロで出題したのか、アニメが日本語学習の動機なった、という人が多いのを反映してのことなのか。

ま、ほかの問題を全部聞いたわけではないので、わからないですが……

追記:ゲームっぽい問題(?)も出たというウワサ。そ、そういう方向なんすか?

|

« 2009年12月3日の朝日新聞広告に家庭菜園検定 | トップページ | 2009年12月の日本語能力試験にエヴァ降臨、に思う »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

日本語の難しさは、半端じゃないです。
それを習得する人の立場を思うと、気の毒になるような
問題ですね。
日本人も正しい言葉遣いや知識をもっと磨く必要があると感じました。ルビ入りは読みにくいね。。

投稿: アルキメデス | 2009年12月 8日 (火) 21時48分

アルキメデスさん、ありがとうございます。

ほんとに、日本語に興味を持ち、それを学んでくれる人がいるのは、つくづく、ありがたいことだと思います。

日本語は、もはや日本人だけのものではなくなってきているので、専門領域は別として、誰にとってもわかりやすい日本語で、書いたり、話したりしないといけないなあ、と思います。

それは、きっと日本人にとっても、わかりやすいはずなので。

投稿: 青山美佳 | 2009年12月 9日 (水) 07時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2009年12月3日の朝日新聞広告に家庭菜園検定 | トップページ | 2009年12月の日本語能力試験にエヴァ降臨、に思う »