« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年が暮れるのである

やっと、年賀状書き終わりました。年内に年賀状出せたの、7年ぶりぐらいかも。

それでもたぶん1日には届かないですね。皆様、ごめんなさい。

いろいろと積み残したまま、2010年に突入。

ま、明日も同じ太陽が昇るわけだし。sun

浮き足立つことなく、すり足で新年迎えたいと思います。

| | コメント (0)

ぜいたくな散歩

先日、忙しさの間隙をぬって、とある講座に参加。

元高砂部屋力士・一ノ矢さんが講師となって、相撲の世界を紹介してくれる、というもの。

Photo_6一ノ矢さんは、46歳まで現役で土俵にあがり、相撲を取り続けた方です。現役最年長力士として、しばしば話題にもなりました。2年前の九州場所後に現役を引退され、今は高砂部屋のマネージャーとして活躍されています。現役時代から、高砂部屋HPの管理人でもある。

シコの踏み方を深く研究していて、本も出版されています(左:『シコふんじゃおう』 ベースボールマガジン社。青山組の本棚にも入れました)。

Photo_4その一ノ矢さんの所属する高砂部屋の朝稽古を見学させてもらい、その後、ちゃんこをご馳走になって、両国を散歩がてら一ノ矢さん自ら、案内してくださる、という、夢のような講座です。lovely

写真は、野見宿禰神社について、説明してくれている一ノ矢さんです。

現役時代、一ノ矢さんの取り組みがある日(幕下以下は毎日取り組みがあるわけじゃないんです)を狙って国技館に行く日を決めていた私。その一ノ矢さんが、両国を案内してくださるなんて、本当にドリームタイム。なんて、ぜいたくな散歩。ほとんど舞い上がって、話の内容、よく覚えてない……coldsweats01

順番逆ですが、朝稽古の様子も。

Photo部屋にお邪魔したのは朝8時。幕下以下の力士が土俵に並び、シコを踏んでいました。シコは全部で300回。その様子を見守る一ノ矢さん。さすがに厳しい目つきです。

シコのあとは、腕立て歩行(写真)で、土俵の周りを一人10回、回るトレーニング。ここまででもかなりの運動量。まだ入って半年あまり、という力士は、このあたりでもうへとへとな様子。

でも、さらにその後、すり足練習、三番稽古、兄弟子の胸を借りるぶつかり稽古と続きます。

Photo_3元・朝乃若の若松親方も登場。その後、高砂親方も登場(奥で新聞読んでいらっしゃいます)。土俵の上は、一気にぴりっとした雰囲気に。

親方からは、「もっと手を伸ばして脇をしめろ」「下から手をあてないとダメだろう」など、厳しい指導の声が飛ぶ。

写真のように、ときどき、そばに呼びつけて指導することもある。

でも、その内容をよく聞いていると、強くなるためにどうしたらいいのか、理論的な説明で、しかも、愛情をもって指導しているのがわかります。

高砂親方も、新聞を読んでますが、ちゃんと見る所は見ていて、いい相撲を取った力士には「そうだ、それでいいんだよ。その当たり、忘れるな」と、励ましの言葉をかける。ほんとにやさしいんだな、高砂親方。

Photo_5部屋によっても違うのかもしれないですが、高砂部屋は、すごく弟子が大事にされている様子を感じとることができました。

左の写真は、イジメているわけではなく、股割りの稽古。力士は体がやわらかくないと、ケガをしてしまう。

そのためには、開脚180度、胸を土につけることができるぐらいにならないといけない。つらいと聞いたことがあるけれど、こういうふうにやるんだね。

朝8時から10時半ぐらいまで、あっという間。

力士の動きもさることながら、親方の指導する姿や内容に学ぶところ多し。また見学に行きたいっす。

| | コメント (2)

岩波書店の今日の名言

あっという間にまた1週間過ぎてしまったー!

気づけばもう土曜日じゃん。クリスマス、過ぎてるじゃん。crying

試験的にTwitter、始めたところ、面白いつぶやき(っていうのかな?)見つけた。

岩波書店の今日の名言」。

岩波から出版されている本の中から、西洋・東洋の名言・至言を毎日1つずつ、紹介してくれるというもの。

これがね、なかなか味わい深いのよ。毎日1回配信だから、TLが埋め尽くされることもない。

ちなみに、ホームページにも、「今日の名言」というページがありました。こちらでは3日分しか見られないみたい。

ああ、最近、読書のための読書、してないなあ。

さてと、今日も仕事開始。

| | コメント (2)

忙……

この10日ばかり、ほんとに息つくヒマなく……。

ひたすら忙しい日が続いてます。

カレンダーを見たら、今日はもう冬至なんだね。

明日から、また日が伸びていく。でも、春は……まだ遠いね。

| | コメント (0)

ハカラメ

先日、友人の会社を訪ねたとき、おもしろい植物をもらいました。

Photo←コレです。友人によると、「ハカラメ」というらしい。

葉っぱの端から芽が出てる。だから「葉から芽」。

ググッたら、なんと「はからめ」でヒットしました。

子宝草、クローンコエ、あるいは、セイロンベンケイソウ、マザーリーフなどとも呼ばれることもあるらしい。

育て方などを紹介してくださっているサイトがありました。→ コチラ

育て方は至って簡単みたい。水につけておくだけ。そうすると葉の縁に芽がつく。

その芽が、ある程度、育ったら土に植えやればいいようです。

大きくなると花も咲くらしい。シャンデリアのようになるらしい。うーむ、見てみたいぞ。

追記:花を咲かせることができない環境だと、葉から芽を生じさせるらしい。これを無性生殖というらしく、このセイロンベンケイソウは、その実験によく使われるのだそうです。

上記のサイトで知りました。うーむ、無性生殖植物、面白そう。

| | コメント (2)

12月12日の「世界一受けたい授業」に藤田先生出演

週があけた、と思ってたら、もう週末……。また積み残したまま週末突入か……

さて、明日2009年12月12日、「世界一受けたい授業」に、我らが藤田先生が出演されます。日テレ系。

学校のHPにも出てました。→ コチラ

トップバッターで出演されるようです。見逃さないように。

「ボビー・オロゴンと戦った」と、おっしゃっていました。

| | コメント (2)

2009年12月の日本語能力試験にエヴァ降臨、に思う

前回、書いた、「日本語能力試験1級聴解にエヴァンゲリオンっぽい問題が出た」件。

その後、Yutubeなどにアップされていて、音声を聞きました。コチラは字幕付き。

コチラでは、スクリプトも見られます。

「第二次防衛線が突破」「モビルファイター」……ってなんだよ、ぜんぜんオーセンティックじゃないじゃん、と最初思いました。

でも、はたと思った。こういう緊迫した状況で、相手の言わんとしていることを聞き取らなければならない場面って、実際の生活でもあるよなあ、と。

これは、もしかしたら、そういう方向の「兆し」?

また、上でスクリプトを紹介してくださっているサイトでは、そのほか、ドラクエっぽい問題も出題された、と書かれています。本当かどうか、は未確認ですが、出たのだとすると、これもある「兆し」なのかなあ、とも愚考。

ここに出てくる語彙「炎の指輪」「雷のブローチ」「アナラハンの北の山脈」、なんて、なにやら全然わからない。絵のある問題で、順番を答える問題だったらしいので、見ればわかるのかもしれないけれど、いきなり耳にしたら、なんのことかわからなくて、それだけで焦っちゃうとは思う。

でも、わからない語彙が出てきたとしても、文型はさほど難しいものは使われていない。ということは、多少聞き慣れない語彙が出てきても、焦らず、その部分は推測して聞く、というストラテジーを使って問題を解け、というメッセージなのか? そういう聞き方も、確かに実生活ではあるもんね。

深読みしすぎ? 実際の課題を遂行するための聴解力とはなんぞや? 

| | コメント (0)

2009年12月の日本語能力試験の聴解にエヴァ?

昨日は、日本語を母語としない人のための日本語能力を測る試験「日本語能力試験(JLPT)」の試験日でした。

現在の形で試験が行われるのは、今回が最後。2010年7月からの試験では、試験内容が大きく変わり、新しい試験になります。

で、昨日の試験はどうだったんでしょう。

Twitterで「JLPT」で、検索してみたら、聴解問題に、アニメの場面をテーマにした問題が出た、という情報が。エヴァンゲリオン風(?)な場面設定だったということ。本当?

来年から、聴解は、より実際の生活で耳にすること、実生活のコミュニケーションに近いもの、オーセンティックなものになるとガイドブックにうたわれています。

今回の試験も、多少その「兆し」があるのかな、とも思ったのですが、アニメの場面設定って、実生活とは対極にある気が……coldsweats01

うーん、最後の試験だから、出題者が遊びゴコロで出題したのか、アニメが日本語学習の動機なった、という人が多いのを反映してのことなのか。

ま、ほかの問題を全部聞いたわけではないので、わからないですが……

追記:ゲームっぽい問題(?)も出たというウワサ。そ、そういう方向なんすか?

| | コメント (2)

2009年12月3日の朝日新聞広告に家庭菜園検定

Cimg2405今朝、パンをかじりながら新聞を見ていたら、朝日新聞の会員クラブ「アスパラクラブ」で、藤田智先生が連載されている「家庭菜園のカンどころ」の広告が目に飛び込んできました。

内容は、先日11月8日、学園祭で行われた藤田先生の講演の報告でした。

家庭菜園検定の広告も出ています。

来年3月21日に実施。申し込みは今日12月3日から2010年2月3日まで。

私、去年2級にいきなり挑戦し1点足りなくて玉砕。今年も2級に挑戦しようと思っています。

今回から1級も新設されたのですが、受験資格は2級合格者。

うう、受けられん。。。weep

| | コメント (2)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »