« 菜園教室の研修旅行に | トップページ | つくし、み〜っけ! »

非実在青少年

東京都議会が議論している「青少年健全育成条例」の改正。

この中で、注目されているのが「非実在青少年」の問題。

なんでも、マンガやアニメの中に登場する人物の中で、「服装や持ち物、声などから18歳未満と見られる人物」のことをいうらしい。

その「非実在青少年」が、マンガやアニメの中で、みだらな行為をしたりする場面があるものは、青少年の健全な育成にはよろしくない、ということで、規制をしようとしている、ということのようだ。

これに対し、マンガ家などが「表現の自由を規制するものだ」と、反対を表明した、というニュースが2、3日前にありました。

「規制は、だいたい、こういう、もっともらしいことや、みんなが反対しにくいところから始まる。そして、一度認めると、あとは知らぬうちに規制が強まっていく。だから、もっともらしいことを言っている規制案は、よほど気をつけて見ていかないといけないんです」

――昔、大学で、「マスコミの倫理と法制(略して、「マスりんぽう」と言ってました)」という授業で、先生が言っていたことが思い出されました。

「18歳未満に見える人物」といっても、まっこと主観的。ということは、主観で、どうにでも解釈可能で、なんでも違法にすることも不可能ではない、ということ。

マンガの内容は別問題として、この規制案は認めちゃいかん、と思う。

私たちが毎月出している『中上級のにほんご』のマンガ「多辺田家が行く!」で、留学生のビーフくん(19歳)が、高校生のあずきさん(17歳)に、心ときめかすのも、あずきさんが17歳だから、拡大解釈されて「18歳未満の青少年を性的対象としておる。これは劣情であり、けしからん!」なんてことになりかねないもんね。

|

« 菜園教室の研修旅行に | トップページ | つくし、み〜っけ! »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

イラストだと、もっと若くしてください。
19才に見えるようにしてください。
と客先に指示され、表現の自由を押さえられることがあるね。

法律は、難しいね。

投稿: アルキメデス | 2010年3月18日 (木) 21時22分

ほんと、そんなことも起こり得るかもしれませんね。

どこまで、どんな場合が規制の対象になるのか、
という質問に対する都の回答を見ると、
ほんとに恣意的で主観的。http://bit.ly/cVXyWP

誰が判断するのか、という質問に対しては、議員やPTA、
出版倫理委員会、警視庁、都などで構成される
第三者機関がする、ということ。

こういう人たちが、みんなで本を読み、
エロいと思ったらエロ作品、ってことになるんでしょうね。

中に妄想たくましい人がいたら、
どうなるんでしょ?

投稿: 青山美佳 | 2010年3月19日 (金) 05時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 菜園教室の研修旅行に | トップページ | つくし、み〜っけ! »