« めちゃくちゃ書きたいことはあるんだけど…… | トップページ | 第2回家庭菜園検定の結果概要発表 1級合格率1.9% »

2010年度_藤田智先生の家庭菜園教室_第3回

あー、やっど、やば、ごえだー~!!(訳:あ~、やっと山、越えたー!)。

先週末、家庭菜園教室の授業と実習(+懇親会)があったのだけれど、先週から今週にかけて、無茶苦茶忙しくて、ブログも落ち着いて書けず、でした。

さて、先週は、第3回目の授業でした。この日のテーマは、

1.トウモロコシ
2.ツルなしインゲン
3.エダマメ
4.エンサイ(クウシンサイ)

ああ、ビール飲みたくなるラインナップだねえ。

●トウモロコシ
ゴールドラッシュという品種のタネをまきました。このゴールドラッシュ、ナマで食べてもイケルぐらい、やわらかいトウモロコシなんだそうです。昔、親に、ゆでたトウモロコシでさえ、「おなか壊すから、よくかんで食べなさい!」と叱られたもの。それが、ナマでもいけるトウモロコシだなんて、時代は変わったもんです。

トウモロコシの栽培で気を付けなくてはいけないのは、雌花と雄花の咲くタイミングがずれること。そこで、同じ品種の個体(?)を、できるだけ、そばにまとめてうえて、受粉をしやすくしないといけない。そこで、植える場所は、隣の畑の人と、できるだけ近くなる場所に植えました。お隣のIさん、よろしくお願いします。

もう一つ、気をつけなければならないのが、キセニア現象。
別に、稀勢の里がにやにやしている現象ではありません。

トウモロコシは、上で書いたように、ほかの個体からの花粉を受粉する性質がある。そのため、そばに違う品種のトウモロコシを植えると、その影響を受けて違う品種ができてしまう、という現象です(で、だいたいあってるかな。今年の菜園検定2級に出たよ!)。

例えば、ナマで食えるゴールドラッシュを植えたのに、ポップコーンなどをそばに植えて受粉してしまうと、せっかくのゴールドさんが、開けたら全部ポップコーンなんてことが起きるんだそうです。どうしても植えたいときは、花が咲く時期をずらせば、その恐れは少なくなる、ということでした。

●ツルなしインゲン
こちらの品種は、先生が受講生の年齢層を熟慮して選んだ、「おひまなら来てよね、私、寂しいわ~♪」の さつきみどり2号。ツルなしちゃん、とにかく、たくさん実ができます。ひまでなくても、畑に行かないと、大変なことになります。

●エダマメ
まいたのは、「おいしい枝豆とれました」という品種です。タネって、いろんな名前、あるのね。

これら、マメのタネをまくときの注意ポイントは、肥料を通常の半分にすること。マメ科の野菜は、根っこに「根粒菌」というものがついて、大気中の窒素を取り込んで、根の上の葉や茎に送る働きがある。

窒素は、葉や茎を大きく育てる養分。これがありすぎると、葉や茎や伸びすぎて「蔓ボケ」になり、肝心の実がならなくなってしまうんだそうです。肥料、やればいいってもんじゃないのね。

●エンサイ
茎の真ん中に空気の通り道があって、空洞があることから、クウシンサイともいいます。
品種は、先生いわく、「えー、これは、わかりません」。ま、丈夫だから、なんでも育つでしょう。

2_3●苦節1年、2級、合格できました、の報告できた!
授業の最後のほうで、先生が「家庭菜園、受かった人!」と、聞いてくださいました。

2級合格できた旨、やっと報告できた。「苦節1年、やったじゃないですか~!」と、おっしゃってくださいました。

うー、ありがとうございます。先生のご指導と、ギャグのおかげです。

●業務連絡1:西城秀樹さんとのトークショー!
満を持して、秀樹登場! 「やさいの時間」で共演されている西城秀樹さんと藤田先生のトークショーが大学で行われます。日にちは6月27日(日)の13時半から。→11時半受け付け開始。12時からスタート、と変わったようです(2010年5月24日)。

恵泉女学園大学のオープンキャンパスのイベントです。上のリンクをクリックしたら、学校の告知ページが開きますよ。受験生とその保護者の方向けということです。

私が子どものころは、ひろみ、五郎と並び、新・御三家と呼ばれたうちの一人。やっぱり今も、格好いいそうですヨ。

●業務連絡2:5月23日(日)の「奇跡の地球物語」に藤田先生登場!
テレビ朝日の番組「奇跡の地球物語」に、先生が登場されます。番組予告はコチラ。放送時間は午後6時30分から。

先生、ほんとに八面六臂のご活躍です。

午後はまた、畑へ。それはまた別に。

|

« めちゃくちゃ書きたいことはあるんだけど…… | トップページ | 第2回家庭菜園検定の結果概要発表 1級合格率1.9% »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花と園芸」カテゴリの記事

コメント

燦然と輝く2級のカード!
なんかカッコいいね。
23日のテレビ見ますよ〜

投稿: アルキメデス | 2010年5月19日 (水) 17時45分

アルキメデスさん、ありがとうござます!

最初、こんな可愛いカードが入ってるの、
気付かなかった。

23日、もしかしたら、
先生が映っていらっしゃる後ろとか、通るかも?

投稿: 青山美佳 | 2010年5月19日 (水) 18時07分

枝豆、自分で作れたらいいなあ。
ウチの役立たずの庭にも
あらためてちゃんとアドバイスお願いします。

ところで、明日、またお世話になります。
ゆっくりバージョンだったかな・・・


投稿: イットク | 2010年5月20日 (木) 17時52分

イットクさん、ありがとうございます。

エダマメは、なんといっても、
庭でつくるのが一番!

湯をわかしてから、とりにいけ、って
いわれるぐらい、とりたては美味しいですヨ。

去年、畑から帰ってきてすぐにゆでたけど、
ほんと、味が違いました。

肥料とカメムシさえ、気をつければ、結構
できると思います。

明日、またよろしくお願いします!
ゆっくりバージョンです。

投稿: 青山美佳 | 2010年5月20日 (木) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« めちゃくちゃ書きたいことはあるんだけど…… | トップページ | 第2回家庭菜園検定の結果概要発表 1級合格率1.9% »