« 第2回家庭菜園検定の結果概要発表 1級合格率1.9% | トップページ | 『月刊日本語』7月号に相撲の記事書いた! »

2010年度_藤田智先生の家庭菜園教室_第4回

2週間ぶり、昨日はまた、恵泉女学園大学の家庭菜園教室でした。昨日は講義はなくて、午後の畑実習のみ。

日本語教育学会やら、原稿の締切やらで、またもや2週間、あけてしまいました。案の定、「『小』松菜」は「『大』松菜」に成~長~! (すごく、バチ当たりとわかっているんですが、心の中で思いました……ああ、コマツナ、もうちょっと少なめに撒いておくんだった……。欲張ったばっかりに……)

Photoトマトも、わき芽が、主枝に並ぶほど、大きく成長(私、これで去年、わき芽と主枝を間違えて、主枝をぶった切って、ミニトマト、逝かせてしまいましたcatface)。

でも、一番果、なってる~!

トマトさんは、一番果をならすことで、その後、実をならせますモードのスイッチが入る、と去年、習いました

これで、うちの畑のトマトさん、「実、ならせまっせー!」モードに入ったはず。あとは週1のわき芽かき、そして誘引、追肥と害虫・疫病に気を付けて、育てていけば、夏には真っ赤なトマトがとれる!……はず。去年も、ここまでは、順調だったんだよな~。

Photo_2キュウリも、すんでのところで、また去年と同様、地をはわせてしまうところだった。去年は、ここで失敗して、ベト病に罹患させてしまいましたが、今年は、なんとか間に合った模様。

で、誘引しながら下のほうを見ると、エッ!? もう、一番果、なってるじゃん♪ キュウリって、ほんとに知らないうちに、大きくなってて、ビックリするんだよなあ。去年もなんど、畑で「ゲッ!」とつぶやいたことか。

キュウリは、トマトとは逆に、一番果は、早めに収穫しないといけないのだそうです。一番果を大きくしてしまうと、そこに栄養がいってしまって、あとの実つきが悪くなってしまうから。

まだ、小さいけれど、20センチぐらいだったら、収穫したほうがよい、ということで、収穫。お~、トゲがピンとたって、痛いほどだよ。

キュウリも、下30センチまでのわき芽をすべてとって、すっきりさせ、風通しをよくして、病気を防ぎます。

Photo_3もう一つ、キュウリで気をつけなくてはいけないのがウリハムシ。

うちのキュウリにもいました。真ん中の小さいやつ。でも、コイツ、けっこう足がはやくて、つかまえようとすると、すぐに葉のうらに隠れようとする。写真撮ったけど小さかった。

コチラに、もっと大きく出ています。

受講生を前に、説明する先生「よ~く葉の裏を見て、見つけたら捕殺してください」と、葉をチェック。「あ、テントウムシが交尾してますね」……せ、先生、また、そんな実況中継はいいですからcoldsweats01

でも、先生、そこで、テントウムシについて、教えてくださいました。

テントウムシはよく益虫といわれますが、益虫なのは、背中に七つの星のある「ナナホシテントウ」だということ。やたら背中にたくさん星があって、ちょっと毛がある「ニジュヤホシテントウ」は、逆に害虫。「トホシテントウ」という、これまた少し背中に毛があるやつも、害虫。

うむ、毛があるやつは、基本、害虫みたいですな。→いま、気づいた。トホシテントウ、上のリンクにある幼虫の姿、す、すごい。(ついでに、交尾中の写真もあった……)

●「目線ください」

第1回から、来年刊行予定の本の「モデル」になっている私。「モデル」といっても、苗と手先が主役。昨日も、収穫した玉レタスやニンジンを、ザルに入れたところを手に持ったところを撮影……だったんだけど、急に「じゃ、収穫したザルを持って、目線ください」。

え、えー? 顔も出るんですか? 「はい、笑顔でお願いしますー」。ああ、ギコチなく笑う私……。

同じような仕事してるもんで、取材で、こっちが写真を撮らせてもらうことはよくありますが、撮られるほうになるのは、どうも慣れません。でも、撮られる人の気持ちがわかって、これも一つ、経験。

●サツマイモを共同農園に植えた

昨日は、共同作業もありました。サツマイモの植え付けです。カマボコ型の畝をつくり、そこに穴をあけて、サツマイモの苗を植えつけます。

先生「えー、このサツマイモの品種は、紅あずまの一種で、トチアズマです」

おー、ジャガイモの「出島」に続き、サツマイモ界には「栃東」が現れたのか! イモ界にも相撲ブームが!と思っていたら、先生「……というのはうそです」

頭には、栃東と出島が現れ、国技館に心が飛んで、にやにやしていた私。結局、なんの品種か、聞きそびれました。

昨日は、途中から小雨が降り出した。番外地のトマト誘引とか、オオマツナ収穫(ああ、なんで、こんなにタネ、撒いちゃったんだ……禿後)などをしていたら、最終組になっちゃった。

畑にいると、いつも時間があっという間に過ぎる。まだまだ要領が悪いんだろな。精進します。coldsweats01

|

« 第2回家庭菜園検定の結果概要発表 1級合格率1.9% | トップページ | 『月刊日本語』7月号に相撲の記事書いた! »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花と園芸」カテゴリの記事

コメント

現場からの臨場感溢れるコメットですね。
畑が近ければ良いのにと思います。

力士のような名前ってありますね。
こんなサイトを発見!
http://minna.cert.yahoo.co.jp/oogj/492453

投稿: アルキメデス | 2010年5月31日 (月) 22時15分

畑は正直、遠い……。毎回プチ旅行です。coldsweats01

タネの名、力士系の名前、なぜか、多いんですよね。

上記検定、やってみました。
5問中2問で不合格……。
まだまだ知らないことが世の中にはたくさんあります。

投稿: 青山美佳 | 2010年6月 1日 (火) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第2回家庭菜園検定の結果概要発表 1級合格率1.9% | トップページ | 『月刊日本語』7月号に相撲の記事書いた! »