« 2010年度 藤田智先生の家庭菜園教室 第2回目 その2(実習) | トップページ | めちゃくちゃ書きたいことはあるんだけど…… »

家庭菜園検定2級、リベンジ成功!

3月に受験した家庭菜園検定2級。

PhotoTwitter(@yutakamika)では、すでに報告しましたが、おかげさまでリベンジできたよ~! 感涙。crying これで藤田先生にも顔向けできます。

1度目は49点で玉砕した2級。今回は2度目のチャレンジでした。

点数は、自己採点通り、58点でした。え? 去年より9点増えただけじゃないか、って? まあ、ここは細かいことは抜きに。でも、本音言えば、60点越え、したかったなあ。

Photo_3去年は、多くの問題を迷いながら、イチバチ(注:イチかバチかの略)で解答。でも、今回は、誤りの選択肢について、「夕方じゃなくて朝だろ!」とか「収穫まで30日って、そんな短くないだろ!」とか、ツッコミ入れながら答えられた問題も増えました。

また、今回、まったく分野が違うものの、日本語教育のほうの仕事で、四肢選択問題をつくる経験をしたせいか、誤りの選択肢の作り方も、「はは~、おぬし、ここでひっかけようとしておるな」と、見えたものも数題あった。奥さん、結構、細かいところでひっかけようとしてんのよ、この試験。要注意よ。

それと、今回思ったのは、わからないものでも、すでにある知識から類推することができるようになった、というのもあったかもしれない。といっても、下手な知識が邪魔して、結果は真逆!って場合もあるんだけど。

それから、やっぱり畑で実際に手と身体を動かしてるうちに、いつの間にか、身についてたもの、というのもあるなあ、と思いました。特に害虫、病気は、実際に被害に遭い、「にっくき敵の名は忘れぬ」じゃないけれど、印象に残ります。そういう意味では、「痛い目にあう」というのも、いい試験対策?

なんだか日本語教育の分野の話みたいだけど、家庭菜園も、実践と理論の両輪があってうまくなるもの、という気がします。

これで、来年は1級受験資格はできた。でも、1級、記述式問題が多くて、無茶苦茶、難しいらしい……。うー、どうしよう。

|

« 2010年度 藤田智先生の家庭菜園教室 第2回目 その2(実習) | トップページ | めちゃくちゃ書きたいことはあるんだけど…… »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花と園芸」カテゴリの記事

コメント

☀ 大事 連続の春
<4月の不順な天候の後、トンネル脱出か>
頭の晴れマーク、Mac から Win に送ってみますが、共通に出るものかしらん。
さて4月から5月にかけては、私的には大事件(⁈) の連続でしたね。年末来の超多忙に加えて。
問題集の出版、シコ踏み体験、中村不折の書道博物館巡り、新年度菜園教室の開始、念願の家庭菜園検定パス‥‥などなど。
いつにも増して、張り切りようが伺われ、青春を繰り返してるようにも思われます。
関心のありようが重なる部分もあり、興味感興させられました。
ラジオ体操などで、85歳大先輩の知合いに今でも股割きストレッチング出来る人がおります。
某新聞社の シルバーシチズン大賞に推薦しようとしてますが、400字5枚の推薦文ををどうまとめるか、思案中です。
中村不折さんと (美佳様 幼少時一緒に写ってる) おじいさん、 顔の輪郭、髪が多くふさふさ、獅子鼻、頬が尖り気味なのが似てますね。
文字見本は博物館のHP、またはGOOGLEの画像検索では見ましたが、おかげさまにて、ご紹介のHPで今までお目にかからなかった大きくて、鮮明な書を拝見。
青山さんは関係者だから、出かけるの 遅くになりはしたが、早く気づいてよかった。もともと書道の素養も無いわたくしが、単独でというのは 気が重いところです。
何と言っても赴いて現物を見るにしかずかと‥‥。相撲にしろ、それから御柱祭とか旅行、絵画、歌舞伎などなど にしろ。


投稿: 寛迷答(kanmeito) | 2010年5月 5日 (水) 23時35分

寛迷答さま
コメント、ありがとうございます!
冒頭の「太陽マーク」、ちゃんと表示されていますよ~sun

仕事に集中すべきなんだと思いつつ、興味がわくと、つい突っ走ってしまう性分のようで、体力配分をもっと考えなさい、と、昔から、親によく言われてきました(今は、ダンナに言われます・・・)

でも、何でもやってみると、何かしら発見があり、いかに知らないことが多いか、気付かされます。

不折さんにしても、相撲のシコにしても、野菜にしても。

不折の書道博物館、構えずにふらっとぜひ、お立ち寄りを。こぢんまりとしていて、人も寂しくないぐらいにいて、ゆっくり過ごせます。向かいには子規庵も。上野の森も近くであります。

投稿: 青山美佳 | 2010年5月 6日 (木) 13時00分

オメデト〜〜ゴザイマ〜ス!
ツッコミヨユウ受験だったんですね。
落ち着いて解いている雰囲気が伝わってきました。

1級取れたら、新しい仕事にも繋がるかもしれませんよ。
先日、菜園をしているおじさんと豆についての立ち話をしました。みんな良い顔をしていますね〜

投稿: アルキメデス | 2010年5月 6日 (木) 21時42分

アルキメデスさん、ありがとうございます。
おかげさまで、なんとか合格できました。

そうか~、1級とると、確かに広がるかもしれませんね。

どうせなら極めるところまで極めるか!?
でも、ホント、重箱のすみをつつくような問題。coldsweats01

投稿: 青山美佳 | 2010年5月 6日 (木) 22時58分

ご無沙汰しております。

遅くなりましたが、リベンジおめでとうございます!scissors
すばらしい!いつも美佳さんのガッツには脱帽です!
それに、この賞状、とても可愛いですねwink
藤田先生のアイデアでしょうか?

投稿: さゆりん | 2010年5月12日 (水) 09時46分

さゆりんさん、昨日はコメント、
ありがとうございました!

おかげさまで、やっと、リベンジ、
かないました。

賞状は、だれのデザインかなあ。
ちなみに、このゆるキャラのダイコンくんは、
「だいちゃん」といいます。

賞状のほか、かわいいカードが一緒も
ついてるのに気づいた。

2級だから(?)か、銀色。
1級は金色なのかな。

投稿: 青山美佳 | 2010年5月13日 (木) 05時07分

青山様、はじめまして(正確には5/15の懇親会
でお会いしました)、renpapと申します。

懇親会の時に藤田先生に色紙を書いてもらって
いた人が私です。(笑)

その後、青山さんが検定証書を持って先生と写真
を取っていた理由がこのブログを拝見して理解で
きました。リベンジ、おめでとうございます!
私も来年は挑戦したいと考えています。

又、サニーさんと幹事役をして頂きましてありが
とうございました。

twitterのフォローリクエストさせて頂きました
ので宜しくお願いします。

投稿: renpap | 2010年5月18日 (火) 13時04分

renpapさん、はじめまして。
コメント、ありがとうございます! 
twitterもフォローしてくださり、ありがとうございます。

私もフォローさせてくださいのリクエストをお送りしましたので、
よろしくお願いいたします。

実は、先生が色紙にサインしていらっしゃるの、
はじめて拝見しましたっ! なんと書かれていたのでしょう?

2級、来年挑戦されるということ、ぜひぜひ!
テキストで勉強することもやっぱり必要ですが、
畑で実際に手と体を動かしているうちに、
知らずのうちに知識になってることも、
意外と多いんだなあ、と、実感しました。

勉強したことは、実践でも役立つことなので、
覚えて損はなし、だと思います。
(なんか、試験業者の回し者みたいだな)

今後もよろしくお願いいたします!


投稿: 青山美佳 | 2010年5月18日 (火) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2010年度 藤田智先生の家庭菜園教室 第2回目 その2(実習) | トップページ | めちゃくちゃ書きたいことはあるんだけど…… »