« ああ、相撲…… | トップページ | 永谷園も懸賞出さない・・・ »

2010年度_藤田智先生の家庭菜園教室_第6回

2週続けて、家庭菜園教室でした。

今週のミッションは、
1.ジャガイモ掘り
2.ニンジンのタネまき
3.トマトやキュウリ、ミニカボチャの手入れ

●ジャガイモの掘り起こし

4月の講座開始の日に植え付けをしたジャガイモさん。花が咲いて2週間後以降、葉が少し黄色くなってきたころが、掘り起こしのタイミング。

そして、掘り起こしには重要な条件があります。それはお天気。晴れの日が2~3日続いた後であること。梅雨に入ると、雨が続くので、なかなかタイミングが難しいのですが、地面が濡れた状態で掘り起こすと、そのおイモさんは、保存がしにくくなるのだそうです。

_beforeその日のうちに食べるのならいいけれど、下手すると、掘った翌日に腐りはじめてしまうこともあるのだとか。

掘ったおイモさんは、2~3時間、日に当てて乾かすことも必要。そのためにも、晴れた日に掘り起こすことが望ましいのだそうです。

昨日は、前日に雨が降りましたが、誘惑に負けて、どんなものか、試しに1株、掘ってみました。

お~、大きくなってるよ~。

え、赤いからイモじゃないじゃんって? いえいえ、これ、皮が赤い品種で、「アンデスアカ」といいます。中はふつうのジャガイモと変わりません。

_after……と、上から写真を撮っていたら、春からずっと取材をしてくれているカメラマンさんが、「視点を変えて撮ると、もっと立体感のある写真が撮れるよ」と教えてくださいました。

コツは、
1.視点を下にもってくる
2.背景を入れてみる
3.対象物を、いつもまん真ん中でなく、ちょっと左右にふってみるのもおもしろい

アドバイスを受けて撮った写真が左です。

確かに、おイモさんが立体的に見えて、しかも後ろの葉も見えて、きれいだー。

さすが、プロのカメラマンさんです。すごい、おいしそうに見えるよね? happy01

●ニンジンのタネまき

ミッション2はニンジンのタネまき。ニンジンのタネは、昔はトゲがついていて、まくのは大変だったらしい。でも今は、トゲを取り除き、さらにコーティングまでしてあるものもあって、まきやすくなっている。

ニンジンのタネまきで大切なのは、
1.発芽まで乾燥させない
2.光好性なので、タネの上にかぶせる土は薄く

ニンジンは、とにかく芽が出るまでが勝負。乾燥させないよう、タネをまいたあとに、もみがらをまいて、保湿をはかるのだそうです。私たちは、もみがらがないので、不織布をベタがけしました。今週はずっと雨の予報なので、大丈夫かな。

まいたのは、「時なし五寸くぎ」じゃなく「五寸ニンジン」という品種。「時なし」というのは、春まきでも秋まきでもいい、という意味らしい。

■カロテンとカロチンの違い

ニンジンの英語名「carrot」のもとにもなっているのが「カロテン」。ニンジンに多く含まれている栄養素です。

昔は「カロチン」と、よく言ってましたが、最近は「カロテン」ということが多い。

先生によると「『カロチン』はドイツ語読み、『カロテン』は英語読み。最近は、英語読みで言うことが多くなりました」ということ。

またニンジンはビタミンAが多い、とよく言われますが、ニンジンの中にビタミンAが存在するわけではなく、カロテンが人間の体内に入ると、ビタミンAに変わるのだそうです。知らんかったー。

_after_2●そして、ミニカボチャは育つに任すことにした

番外地で、行灯仕立てにして育てているミニカボチャ。ますます茂っちゃって、正直、どうしよー状態です。ひょっとして蔓ボケ状態か? bearing

「親蔓を1本残して切り、子蔓2本を伸ばしましょう」とかって、本には書いてあるんだけど、「私が親です」って、蔓に書いてあるわけじゃなし、もう、私には、どれが親で、どれが子だか、わからんとです……。

でも、なんだかいつの間にか、受粉してて、実がいくつかでき、大きくなり始めてます(この写真も、カメラマンさんのアドバイスを受け、下のアングルから、周りも入れて撮ってみました)。

受粉も虫さん任せ、蔓も自然任せ、って、どうかと思うのですが、このまま、見守ることにいたします。できたらおなぐさみ。

うーん、カボチャは、序二段には顔じゃなかったかも。

●最後に業務連絡

また藤田先生がテレビに出られます。来週の月曜日6月28日、20時~22時、日テレ「人類ZEROの未来」という番組です。

|

« ああ、相撲…… | トップページ | 永谷園も懸賞出さない・・・ »

学問・資格」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花と園芸」カテゴリの記事

コメント

この日、朝にバス停で声をかけさせていただいた者です。
以前に懇親会に乱入した同じ会社のメンバー(講座は受けてません)からURLを聞いていたのですが、初めてのコメントです。
更新が早くて素晴らしい!
私も写真はメモ程度に撮ってるのですが、整枝のところは、わかりやすく撮るのが難しいです。
これからもときどき参考にさせていただきます。

投稿: たにやん | 2010年6月21日 (月) 00時26分

たにやんさん、初コメント、ありがとうございます! 嬉しいですhappy01

習ったこと、自分で忘れないように
復習をかねて書いてるブログなので、間違ってたらすみません。

整枝方法は、確かにわかりやすく写真を撮るの、難しいですね。
実際に切り落とすのも難しい。
結構バッサリいくので、勇気もいるし。

まだまだ序二段(2年目)には、
わからんことばかりです。

投稿: 青山美佳 | 2010年6月21日 (月) 06時04分


読んでいると野菜づくりの楽しさが、伝わってきます。
人参の育て方は、最初が大切なんですね。
ビタミンAのこと、初めて知りました。
写真も良いね。これも勉強にになります〜

お腹空いてきた〜coldsweats01

投稿: アルキメデス | 2010年6月21日 (月) 22時28分

アルキメデスさん、ありがとうございます。

写真、やっぱりプロの方は違いますね。
「多少無理な格好しないとね、
いい写真撮れないんですよ」とは、
そのカメラマンさんの言葉。

ニンジン、芽出たかな~。

投稿: 青山美佳 | 2010年6月22日 (火) 07時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ああ、相撲…… | トップページ | 永谷園も懸賞出さない・・・ »