« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

3.11から2週間

あれから2週間ですね。

余震で身体を揺さぶられ、次々と起きるさまざまなことに心を揺さぶられ、今も揺さぶられ続けてます。

若頭(豊)が教えに行っている日本語学校は、授業最終週の1週前でした。
電車もちゃんと動かない、という情報が入って、14日の月曜日の授業は取りやめに。

安否確認と連絡を兼ねて、担当するクラスの学生に、
「月曜日は授業は休みです」と電話すると、
学生は電話口のむこうで「やったー♪ ラッキー」的な反応。

「まったく・・・」と苦笑しながらも、それほど怖がっていないことに、
内心ほっとしたりしていました。

ところが、原発事故の深刻な状況が徐々に明らかになるにつれて、事態が変わってきました。

授業は結局、卒業式まで行わないことが決まり、その連絡をすると、卒業式を待たずに帰国する、という学生が続出。

電話口の向こうで、「親から『帰国せよ』と言われた」「放射線が怖い」といっている様子が伺える。

「絶対安全」とはいえないし、無理に引きとめることもできない。もちろん、帰るという彼らを責めることもできない。

海外では、一部メディアで今回の原発事故を、かなりセンセーショナルに報じているところもあり、そういう影響もあるのだと思います。

原発事故が収束すれば、パニック状態は徐々に収まると思いますが、ダウンしたイメージをどう回復するか、今後の課題は重い。きっと回復するとは思うけど。

・・・・・・

一方で、外国人の方から「日本に残って頑張る!」という声や励ましも、直接、間接的にもらいました。ありがたい。crying この場を借りてお礼!

●それと、大事なこと、書き忘れた。
帰国する学生さんの中には、「先生、もし日本に住めなくなったら中国、来てください」と言ってくれる学生も何人もいました。ありがとう・・・。

さて、今日も仕事開始。

| | コメント (2)

「多言語・情報弱者対応災害支援リンク集」ができたみたい

多言語・情報弱者対応災害支援リンク集ができたみたい。
前のエントリで紹介したものも含まれている。

かなり充実しているので、あらためて紹介しておきます。

●多言語・情報弱者対応災害支援リンク集
Links: Disaster Support Multilingual Information / Support for Information Challenged People
網站彙整: 多語種災害救援資訊/為信息弱勢群体的災害救援服務

http://www.chilin.jp/dz/dz.html

★3月20日 午前9時追加

●指差し会話帳。語句やイラストを指さすだけで、誰でもカンタンに会話が出来る本。イラストがダウンロードできる。
英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、インドネシア語、フィリピン語、ベトナム語

http://www.yubisashi.com/free/t/20110314/
株式会社 情報センター出版局提供。

●法務省 入国管理局
日本で被災した可能性がある外国人の家族の方へ。日本から出国しているかどうかについて、法務省が外国人のご家族等からの照会に応じています。
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisai0001.html

| | コメント (0)

地震に関して外国人のために役立ちそうなHP

外国人留学生のために、役立ちそうなサイト、まとめた。

ツイッターでは気づいたものを、リツイートして流したが、まとめとこう。早く気づけばよかった。

●東京外大やその他大学の学生が中心となって、Twitter上での発言などを元 にまとめられた簡単な地震時の行動マニュアルが20以上の言語で制作されている。 → http://ht.ly/4d0kI

●弘前大学・佐藤和弘先生の社会言語学研究室のサイト → 
平成23年東北地方太平洋沖地震における「やさしい日本語」支援について http://bit.ly/e0dIlK

●日本の鉄道運行情報を英語、中国語、スペイン語で提供している NAVITIME
http://bit.ly/eM0UnL

●東北地方太平洋沖地震外国人被災者のための「多言語ホットライン」
受付時間9~20時。ポルトガル語080-3486-2768/スペイン語080-3454-7764 http://bit.ly/euNpNa

●survive, Japan/wiki with designs/food/ideas created in the earthquake stricken areas
https://sites.google.com/site/oliveinenglish/
日本語版と英語版あり。シャツを利用して生理用ナプキンを作ったりする方法なども。日本語版のほうに、韓国語と中国語もあります。

また、有益なサイトが見つかったら、順次追加します。

★追加(2011年3月16日 16時30分)

●凡人社 「東北地方太平洋沖地震に関する外国語による情報提供」
http://www.bonjinsha.com/news/news_id=120
※以下、とりあえず抜粋して、リンク張っておきます。

●宮城県災害時外国人サポート・ウェブ・システム
日本語・英語・中国語・ポルトガル語・韓国語
http://emis-miyagi.jp/index.php

●NHKワールド17言語ニュース NHK WORLD In 17 other languages
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/info/select.html

●多言語地震関連情報ツイッターサイト「かんたんな にほんご」
http://p.diim.jp/

●FMわぃわぃ:多文化・多言語コミュニティ放送局。世界の10言語で神戸・長田から放送。
http://www.tcc117.org/fmyy/index.php

★追加(2011年3月16日 22時30分)

●日本の原発について 英国大使館「日本の原発について」2011年3月16日 14:46 Tom Vincentさん作成
http://clip.kwmr.info/post/3896045912

●BCCJ Members Update on Japan’s Nuclear Power station situation
http://bit.ly/eKvdSb

●日本語教師YMのblog 「地震の情報] 原子力発電所について」
わかりやすい日本語で、原子力発電所についてまとめてくださっています。→http://bit.ly/fWItxe
注:画面の右側は、このブログを書いている先生が教えている学生さんへの連絡です。

| | コメント (4)

【速報】1級玉砕

昨日、1級を受験した家庭菜園検定ですが、今日昼に解答速報が発表になりました。

追加:解答速報はコチラ
4月14日まで期間限定で公開。

自己採点の結果、60問中33点で、見事玉砕したことがわかりました。crying
1級の壁は高かった・・・_| ̄|○

・・・・・

昨日は、こんな時期だし、受験するのもどうしよう、と思ったのですが、東京は被災したわけではないし、日々をたんたんと過ごすことも大事かと思って、予定通り、受験してきました。

とりあえず、出来ることとして、自分ができることを、たんたんとしようと思います。

節電のため、部屋のメインの灯りも消し、いつもより少し着込んで暖房も我慢。
TVも、苛立ちを助長されるので、消してます。

うるさい音もなく、心も乱されることなく、静かな夜。

被災された方と、必死に救助活動されている方たちの無事を祈ります。

| | コメント (3)

家庭菜園検定1級に挑戦してみます

去年、2級を受験リベンジを果たした家庭菜園検定

今年は、ギリギリまで悩んだのですが、1級に挑戦してみることにしました。

とはいえ、1級は記述式がほとんどで、去年の問題を見ると、かなり難しい。crying

60問中50問正解すると、1級と認定されるのですが、去年の合格率はなんと1.9%。

今年は、救済措置なのか、40問正解者は準1級に認定されるということ。

とりあえず、公式テキストにあげられている『別冊 やさい畑 野菜づくり名人の秘訣 Q&A205』で勉強しています。

やっと昨日までに、「ミズナ」のページまで読んだ。

試験は来週の日曜日。

1週間、とりあえず、出来ることやる。


| | コメント (2)

日本語能力試験予想問題集N5刊行!

昨年、国書刊行会から刊行した「日本語能力試験予想問題集」のN1N4

N5_2ありがたいことに、「N5はないの?」という声をいただき、昨秋に刊行することが決まり、
やっと2月末、刊行となりました。

N5はオレンジ色の表紙です。おいしそうな色です。

N5は、旧試験でいうと4級。

まだ、習得していると考えられる文型や語彙が限られるので、特に読解問題を作成するのは、手足を縛られて書く感じでした。語彙制限がある、というのは、なんと不自由なことよ。

また、N1~N4は問題だけだったのですが、N5は解説も付けました。問題作成もさることながら、この解説を書くのには、時間がかかりました。coldsweats01

できるだけ、語彙・文型は網羅するようにしたので、初級前半のまとめとしても使っていただけるのではないかと思います。

とりあえず、以下にN5~1です。こう並べると、ゴレンジャーみたいだな。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »