« 藤田智先生の特別講義 | トップページ | ロマネスコベビー、降臨! »

青山式放置農法

さて、午後はいつもの畑実習授業。

昨日はまず、ソラマメとエンドウマメの種まきをしました。

その後、先生が各自の畑を見て回ってくださった。受講生もそれについて、ほかの受講生の方の畑を見学。

区画の位置によって、日当たり、水はけ、風のあたり具合、さらに、前に何が作られていたか、などなどによって畑のコンディションが違うせいか、同じ、タネや苗を植えたのに、成長具合には差があります。

私の区画、今年はなぜか、自分で言うのもなんですが、過去2年に比べると、キャベツもハクサイもカリフも絶好調!→ その様子はコチラ

先生も見てくださり、「いいじゃないですか〜!」とおっしゃってくださった。

前に、この区画を使用されていたSさんが「前に使ってた人がよかったからだよ」と。
うん、それは確かにあると思う。

さらに、私なんかより、畑に通われる頻度も多く、知識も多くて手入れもきちんとされているSさん(家庭菜園検定1級合格者!)が、「おかしいなあ、青山さん、俺より畑に来る回数、少ないのになあ……」とぼやき。

先生「いやいや、1級の人より2級の人(私のこと)のほうが、一生懸命やるからですよ」と。

あのー、先生、すみません、本当に放置なんです……。

「タネはまけば出る」――えーと、これは、『奇跡のリンゴ』を書いた木村秋則さんの言葉……ではなく、青山式放置農法を実践する青山美佳の実感です。

昨日はその他、共同畑で育てていたサツマイモ、ラッカセイなども収穫。大学祭の様子と併せてミニスライドショーにしてみました。

|

« 藤田智先生の特別講義 | トップページ | ロマネスコベビー、降臨! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花と園芸」カテゴリの記事

コメント

畑は土づくりといいますもの。
前の方に感謝ですね〜。

塩ゆでのピータッツは美味しいですね。
ついつい、食べ過ぎてしまいます。
それにしてもいろいろたくさん!素晴らしい〜

藤田先生のNGの話を聞いてみたいです (^^)/ 

投稿: アルキメデス | 2011年11月11日 (金) 16時02分

アルキメデスさん、いつもありがとうございます。

土は大事、と実感します。
畑は、受講生全員、よく手入れしているので、
かなり、肥沃な土になっていると思います。

藤田先生のNG話は、またお会いしたときに。(^_<)

投稿: 青山美佳 | 2011年11月13日 (日) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤田智先生の特別講義 | トップページ | ロマネスコベビー、降臨! »