« 家庭菜園検定1級の計算問題の解き方を勉強した | トップページ | 第4回家庭菜園検定1級、受けてきた »

屋上菜園始まる

いよいよ屋上菜園、始まりました!

何しろ区画の広さは3㎡。畝は、できて2つ。この限られたスペースをどんだけ有効に使うか、が勝負です。

昨日は作付の相談に行き、スタッフのお姉さんにいろいろと教えていただきました。

目から鱗のことがたくさん!
Ver2●1.トウモロコシとエダマメは、一つの畝に交互に植えると、植えられる本数を増やすことができる。

●2.ジャガイモは畑の畝に直接植えるのではなく、麻袋を利用して畝の間に置く。

●3.トマトの根本にバジル、ナスの根本にイタリアンパセリの種をまく。コンパニオンプランツなので、お互いによい影響を及ぼす

●4.ミックスリーフは、ラディッシュとカブの間に蒔いてもOK

……ということで、出来上がった作付イメージが上です。

そして、今日はこれをもとに、実際に種まきとジャガイモの植え付けをしてきました。

ここでもまた目から鱗の発見が続きました。

Cimg4668_3●1.畝立て
クワを使って畝を立てるのは同じなのですが、端っこの土はクワでは耕せない。
そこで移植ゴテを使用します。

●2.元肥を施す
畝をたてたら、そこにまず肥料(化成肥料)を1畝あたり一掴み半(50gぐらいか?)、蒔いてすき込みます。牛糞堆肥は入れない。すでに培養土に入っているのかな(←これ、未確認。次に行ったときに聞いてみよう)

●3.畝を整える
きれいな形にするのに使用するのは、なんと、木片。これで畝を叩いて固めていきます。水が均等に行くように、上は平らにするのが大事。これ、畑ではかなりいい加減にやってたなあ、私。(^_^;)

Cimg4672_2●4.種まき
もうこれでもかってぐらい、スペースを有効活用。
ラディッシュとカブの間に、横にベビーリーフを蒔く。
種も、間引きの手間を減らすため、交互にずらして3〜4粒ずつ、間をあけて蒔く。

条まきだからといって、一つのライン全部に種をびっしり蒔かなくてもいいんだ。

●5.上にバーク堆肥を載せる
種を蒔いた上に、バーク堆肥を載せておく。
栄養と保水のために載せるのだそうです。
最初、「牛糞たい肥」かなあ、と思って聞いたら、「バーク」だということでした。

Cimg4681_2
●6.ジャガイモ
麻袋を半分裏返して、畝間に置く。

15センチぐらい土を入れて、そこに種イモを半分に切らずに芽が出ているほうを上にして植える。

上に15〜20センチ土をかぶせ、周りに支柱を立てる。

ジャガイモは、親イモより上に子イモができるので、徐々に土を増していく。

それに従って、麻袋も折り込んだ部分をだんだん伸ばしていく。

ということで、今日のところ、完成したのが左の形です。

もう一つの畝には、4月になったらトマト、ナスを植え、根本にバジル、イタリアンパセリ、ルッコラなどを植える予定。

狭いスペースでは狭いなりの工夫がある。とても勉強になります。


|

« 家庭菜園検定1級の計算問題の解き方を勉強した | トップページ | 第4回家庭菜園検定1級、受けてきた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花と園芸」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい!小さな都市のグリーン計画みたい。
ジャガイモは麻袋。これ聞いたことがあります。
ベランダでも大丈夫ね。

コンパニオンプランツ!
なんだか、魅惑的な言葉〜
面倒見が良いのでしょうか?

いずれにしても、畝の上だけでなく横からも芽が出てきそうな感じですね。

投稿: アルキメデス | 2012年3月19日 (月) 19時59分

麻袋でジャガイモ育て、
私も初めて挑戦で、とても楽しみです。

「コンパニオンプランツ」は、近くに植えておくと、
お互いにいい影響を及ぼす植物のことなんです。

例えば、ウリ科のスイカやキュウリなどのそばに
ネギを植えておくとよい、とか。

根の周りから分泌される成分や、
その周りに繁殖する微生物が違うので、土壌が豊かになり、
その分、病原菌の繁殖が抑えられるのだとか。
(覚えたこと、受け売り(^^ゞ)

できるだけ農薬に頼らない方法として、
注目されているようです。

投稿: 青山美佳 | 2012年3月20日 (火) 07時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 家庭菜園検定1級の計算問題の解き方を勉強した | トップページ | 第4回家庭菜園検定1級、受けてきた »