« 第4回家庭菜園検定1級、受けてきた | トップページ | サクラ開花宣言 »

「家庭菜園検定の勉強」で勉強したこと

一昨日25日に行われた「家庭菜園検定」。

昨日、公式サイトで、解答が発表されました(まだ「第3回家庭菜園検定 全解答掲載中」になっているけれど、内容は第4回になってます)。

自己採点してみたんやけど、これがもう微妙すぎて、ほんま、合格できているか不合格か、わからんのや〜。

記述式解答なので、リスクを避けて、自信のない漢字で書くよりもひらがなで書いたところ(鱗茎→りん茎。何偏か自信なかったの……(‥;))、内容はあっているけれど、公式解答とは微妙に言い方が違うもの(土壌酸度→酸度、ウイルスフリー苗→ウイルスフリー、乾燥防止または水分保持→保湿)などは正解としてもらえるのか。

本当に結果通知がくるまでわかりません。(T_T)

合格できたかどうかわからないので、説得力はないけれど、今回、勉強を進める上で、いくつか気付いたことがあったので、備忘録として記しておこう。

●ツイッターの活用は結構、有用
今回、たまたまツイッター上で、家庭菜園検定1級に合格され、過去問やご自身で作成された問題を毎日5〜6問ずつ、出題してくださっている方(@ZucciniLABO さん)がいました。そこで思いついたのが、ツイッターを使っての勉強です。この方が本当に良問を届けてくださった。

その方の問題と解答をリツイートした後、自分でわからなかったところを調べ、それを「RT補足」として自分もツイートする。その時、「#(ハッシュタグ)家庭菜園検定」とつける。そうすると、後で「#家庭菜園検定」だけまとめて読むことができます。ノートをクラウド化するという感じかな。こうしておくと、外に出かけたとき、電車の中などでiPhoneで簡単に見られます。本を出して見るより、私は便利だと思いました。書くと、いろんな人の目に晒されることになるので、いい加減なことは書けないので、ちゃんと調べ、ちゃんと書く。これもよかった。

●わからない言葉を検索するとき、コピペしない
1級は記述式なので、自分で書けないといけない。そこで、調べるときにコピペ(コピー&ペースト)をせず、自分で文字入力するようにしました。ここで正しい綴りを確認できる。もし間違っていると、google先生が「もしかして●●?」と教えてくれる(全部じゃないけど、間違っているとヒット数が少ないので、なんとなく気付く)。これは結構、覚えるのに役立ったと思います。

●周辺知識が記憶を強化する
自分で調べていくと、ターゲット内容以外に、いろんな周辺知識が表示されます。見知らぬ言葉が出てくると調べたくなる。その言葉をまた調べることによって、記憶が強化されるように感じました。

●カタカナ語は語源を探ると理解しやすい
カタカナ語って、記号みたいでなかなか覚えられない。例えば、ショウガの成分「ジンゲロール」とか、響きは面白いけれど、「なんじゃ、そりゃ?」です。でも、「ジンゲ」は「ginger(ジンジャー)」のことだとわかれば記憶に残ります。

語源を探ると、言葉を分解して理解できるという効用も。例えば、ダイコンの辛味成分「イソチオシアネート」は「isothiocyanate」。調べると「iso」「thio」「cyanate」にわかれることがわかりました。「iso」は同位体、「thio」は「硫黄」、「cyanate」は「シアン塩酸」。意味はわからんのですが、こう分解して覚えれば、「イ、イソ、シア、いや、チア? ネント?」などと混乱することがなくなる。英語綴りで覚えるというのも、意外と有効だということが分かりました。

●自分なりのギャグにしてしまう
年なので、若いときのように、力技で丸暗記はできない。そこで活用したのが「ギャグ」です。例えば、植物に必要な微量要素「鉄、銅、マンガン、ニッケル、亜鉛、モリブデン、ホウ素、エン素」。私は頭文字をとって「鉄道マニア、モリ・ホウ・エン」と覚えました(誰だよ、モリ・ホウ・エンって……(^_^;))。

また、自分の記憶にあるもの、好きなものと結びつけるのも有効。例えば、トウモロコシで起きる交雑現象「キセニア現象」は「稀勢の里がニアニア」しているところを思い浮かべる。自分なりにイメージしやすいもの、好きなものと結びつけると、テンションも上がるし覚えます。

と、まだあったように思うのですが、今回、勉強することを通じて、勉強になったことも多かったです。勉強すること自体も楽しかった。

でも……また来年、勉強するの、ちょっとしんどいなあ。ああ、合格してるといいなあ。

|

« 第4回家庭菜園検定1級、受けてきた | トップページ | サクラ開花宣言 »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花と園芸」カテゴリの記事

コメント

記憶の仕方が面白いです。
娘の暗記を聞いているようで可笑しい(*^-^*)
とくに「鉄道マニア、モリ・ホウ・エン」が上手いね!

祈っています (^O^)/
合格したら、野菜でお祝い!?

投稿: アルキメデス | 2012年3月27日 (火) 16時24分

昔から暗記ものは弱くて、
何かストーリーにしたり、
関連付けたりして覚えるというテを
よく使っていました。

でも、暗記しただけではあまり意味がない。
これから、使える知識にしなくては、と思います。(^^)

投稿: 青山美佳 | 2012年3月27日 (火) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第4回家庭菜園検定1級、受けてきた | トップページ | サクラ開花宣言 »