« 園芸療法&ペットボトルで簡易ジョウロをつくる | トップページ | 夏景色 »

蒼国来さん裁判傍聴_本人口頭弁論に行ってきた

先日7月19日は、蒼国来さんの裁判でした。この日は蒼国来さん自身が語るとあって、傍聴席51席は蒼国来さんを支援する人で満杯。せっかく並んだのに入れない人も出るほどでした。

原告側(蒼国来さん側)の主弁論では、故意の無気力相撲をしたと調査委員が認定したもとになった春日錦との対戦について、本当に故意に無気力相撲を取ったのか、ビデオを見ながら検証。

土俵上の細かい動きについて、コマ送りの映像を少しずつ止めながら、

Q(原告側代理人):春日錦はなぜ、不利な体勢になっているのに蒼国来の右腕をつかもうとしているのか?
A(蒼国来さん):必死で残ろうとしているから

Q(原告側代理人):なぜ勝負がついたのに蒼国来は回しから手を離さなかったのか
A(蒼国来さん):相撲のルールでは勝ちが決まったら相手にケガをさせないため、回しから手を離すことになっているが、勝ちたい気持ちが強かったから離さなかった

……など、懸命に相撲を取ろうとしていたことを説明し、2人(蒼国来・春日錦)とも、ガチンコで相撲を取ろうとしていたことを証明していきました。映像を見る限り、蒼国来さんの説明は、まったく不自然なところはなく、聞いていて納得できるものでした。

さらに、調査委員会の調査の詳細についても確認が行われました。「星の精算は金で行った」と春日錦が言っていたとされているため、蒼国来さんは貯金通帳を証拠品として出して検証。清算金と思われる不自然な金の出入りはないことが判明しました(蒼国来さんは、貯金のほとんどを中国に住むご両親への仕送りに使い、その記録は中国にある銀行の送金記録にちゃんと残っている。その送金記録も証拠として提出されました)。

また、調査委員会は蒼国来さんが「通帳を調べればわかるから調べてください」と訴えたにもかかわらず、通帳を調べることさえせず、ただ「クロだからクロ」と引退を迫った、ということも明らかになりました。この件だけみても、いかに杜撰な調査だったかがわかります。

一方、協会側の反対尋問では、上記の杜撰な調査をもとに調査委員会がまとめたという報告書をもとにして、「早く昇進したいとプレッシャーを感じていた、と述べているが、そのために八百長をしたのではないか」とか、妄想ともいえる推論を蒼国来さんにぶつけ、ことごとく論破されていた印象。相撲内容についての尋問でも、相撲に詳しい人からすればトンチンカンとしか思えぬ質問を繰り返し、傍聴席(相撲をよく見ている人多し)からは、幾度となく失笑が漏れました。

一番笑ってしまったのは、蒼国来さんの過去の戦歴を聞いていく場面で、協会側が突如、証拠として出してきたのが「Wikipedia」の蒼国来さんに関するページをそのままプリントアウトしたものだったこと。Wikipediaを裁判の証拠として出すってさー、どんだけ……(以下略)。もちろん、これにも会場から盛大な失笑が聞こえました。

裁判はすべて日本語で行われました。蒼国来さんは日本語が流暢すぎるので、ともすると、日本語が母語ではないことが忘れられてしまう。先に挙げた「プレッシャー」という言葉も、彼の話の文脈をとらえると、「頑張らないといけない」ぐらいの意味だったように思いました。それなのに、その言葉を表面的にとらえて妄想推論をぶつける協会側代理人。蒼国来さんは、それにもちゃんと丁寧に、誠実に説明していましたが、ここは母語ではないということを考慮しないと可哀そうだ、と思った次第です。

またまた長文になってしまいました。裁判は10月まで続くことになりました。引き続き、応援します。裁判の記事、サンスポにも出ました。参考まで。

追記:新聞記事の「涙ながらに」という表現。弁論の間、ずっと涙を流して語っていたようなイメージになるけれど、そうではなくて、終始、冷静に、丁寧に答えていたのが実際です。

涙が流れたのは、主弁論の最後に「何か言いたいことはあるか」と尋ねられ、「調査委員の調査は許せないし、頭から離れない。(ここで声がつまる)真実が明らかになるまで諦めない」といった、本当に最後の一瞬のこと。

これまで知る限り、いつも気持ちが安定してて、あまり感情をあらわにする姿は見たことがない(弁護士さんもそのように言っていた)のですが、いろんな思いがあって涙が堪えられなくなったのだ、というのが、見ていた私の印象でした。

さらに追記:この文章を、老叮噹‏さんが中国語に訳してくださいました。→ コチラ
老叮噹さんも同じく、蒼国来関を応援してくださっています。
中国語を解する方がいらしたら紹介してください。

|

« 園芸療法&ペットボトルで簡易ジョウロをつくる | トップページ | 夏景色 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

相撲」カテゴリの記事

コメント

名古屋場所の後、もうひとつ土俵がかかる一番があったんですね。
もう一度、違うメンバーで調査委員会で徹底的に調べるべし、
と感じた協会側のお粗末でおかしな対応です。

蒼国来さんは、こうしている時間すらもどかしいでしょうね。
なんとか白を勝ち取り、早く復帰してほしいと思います。

青山さんの応援も素晴らしい!

投稿: アルキメデス | 2012年7月24日 (火) 14時32分

アルキメデスさん、ありがとうございます。

そうなんです、霞ヶ関場所があったんです。
調査委員の調査は、最初からクロと決めてかかり、
裏付けとなる調査をしていない、ということが
今回の弁論でわかりました。

いじめの問題もそうですが、権限を持ちながら、
ちゃんと仕事しない人って許せなくて・・・。

ちゃんとした判断が下されることを信じています。

投稿: 青山美佳 | 2012年7月24日 (火) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 園芸療法&ペットボトルで簡易ジョウロをつくる | トップページ | 夏景色 »