« iPhoneアプリの『漫画カメラ』が面白い | トップページ | 蒼国来さんの裁判、本日、結審を迎えます »

「獺祭」

「獺祭(だっさい)」と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。

日本酒の「獺祭」を思い浮かべる人も多いと思いますが、今日は「獺祭忌」のほうの「獺祭」の話。

「獺祭忌」とは、正岡子規の命日9月19日のこと。正岡子規が自分の居を「獺祭書屋」と呼んでいたことにちなみます。

んで、その「獺祭」とは何か。辞書を調べると、「文章を作るときに、自分のまわりに資料となる書物をいっぱい広げている様子」とある。晩唐の李商隠という詩人が、そのようにして詩作や文章を書いていたのだそうです。

ところで、この「『獺』って何?」ですよね。

「獺」とは「カワウソ」のこと。カワウソは、自分が採ってきた魚を自分のまわりに並べる性質がある。李商隠は、自分が周りに書物を広げている様子が、まるでカワウソが魚を自分の周りに並べている様子のように見えることから、自ら「獺祭魚」と称したのだそうです。

我が家も、この連休は、2人そろって原稿書き。まさに獺祭状態でした。^^;

さて、正岡子規の話をもう一つ。

ドナルド・キーンさんが、9月に新潮社から『正岡子規』という本を出版されました。新潮社のPR誌「波」2012年9月号に、俳人の黒田杏子さんが紹介文を寄せています。

「感動した部分」という中に、「画家中村不折との出合いと友情が俳句の歴史を変えることとなった」という一節が。

この中村不折さん、あまり知られていないと思いますが、少なからず縁があって、ひいじいちゃんのいとこ。

書家・画家だった人で、「新宿中村屋」のロゴは不折によるものです。

そのほか、長野のお酒「真澄」のロゴも確か、不折さんの作だったと思う。

台東区に「書道博物館」というのがあって、そこに作品や収集した作品が展示されています。秋も深まってきたし、久々に行ってみようかな。

|

« iPhoneアプリの『漫画カメラ』が面白い | トップページ | 蒼国来さんの裁判、本日、結審を迎えます »

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

「獺祭」・・・・スーパーなどですごい勢いで売り場を確保していますね。
        ゆっくり飲んだことがありません。

「かわうそ」・・といえば、絶滅種になってしまいました。四万十川で見たかった〜
        お二人の仕事、忙しそうで・・・かわうそ〜 (^^;)


「ドナルド・キーンさん」・・・今度全集が出るみたいですね。
               その打ち合せの様子がTVで放映されていました。
               日本人よりも〜ですね。

「中村不折」・・以前新聞の特集「中村屋のカリー」で知りました。
        ひいおじいさんの従兄弟ですか!?
        「真澄」は好きなお酒で、長野といえばこれか「夜明け前」です。


とりとめのない、書き方になってしまいました〜 
すいません・・・(^^;)

投稿: アルキメデス | 2012年10月11日 (木) 19時29分

アルキメデスさん、ありがとうございます。
ちょっとブログの更新をサボっていたので、
書きたいことがいろいろあって、とりとめがなくなってしまいました。^^;

カワウソ、絶滅危惧種から絶滅種になってしまったんですね。
資料を広げて文を書く、という、うちに生息するカワウソは、
絶滅しそうにありません・・・。^^;

投稿: 青山美佳 | 2012年10月12日 (金) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« iPhoneアプリの『漫画カメラ』が面白い | トップページ | 蒼国来さんの裁判、本日、結審を迎えます »