« 雑誌休刊、そしてブログ開始など | トップページ | あけましておめでとうございます! »

平成24年度の日本語教育能力検定試験の合格率は23%

アルクさんのブログに書こうと思ったのだけれど、もろもろ、間に合わなかったので、こちらに。

10月に行われた日本語教育能力検定試験の結果が、先週末、受験者に発送されました。

日曜日に配達がない「特定記録郵便」というもので合格証が発送されたため、だいぶ、じりじりと待たされた方も多かったようです。

でも、月曜日には、多くの方に嬉しいクリスマス・プレゼントが! 合格された方、本当におめでとうございます! 

一方で、今回は涙を飲まれた方もいらっしゃると思います。実施報告の概要を見ると、全科目を受験したのは4,798人、合格者は1,109人で、合格率は約23%。

前年は、試験内容が変わったことを考慮してか、合格率は27%近くにまで上がりましたが、また、今回は、例年通りに戻ったようです。

いずれにしても、合格できるのは5人に1人という試験。やはり狭き門といえますが、次の試験まで、まだ10カ月ある! しっかり計画を立てて勉強していけば時間は充分あります。

来年2月に刊行される「日本語教師になろう 2014年版」の取材では、通信講座NAFLのテキストを使い倒して、なんと、実質1カ月半の勉強で合格された、という方のお話をお聞きしました。この方法がまた、ものすごく効率的!

じっくり、焦らず、慌てずに勉強をしていけば、来年のクリスマスには、きっと嬉しいプレゼントが届くはず。

どうか皆さん、よいお年をお迎えください。

 

|

« 雑誌休刊、そしてブログ開始など | トップページ | あけましておめでとうございます! »

仕事で関わった本」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑誌休刊、そしてブログ開始など | トップページ | あけましておめでとうございます! »