« 2012年度日本語教育能力検定試験を「学習材」にする | トップページ | 『オタジャパ!』のオンライン講座やった! »

「ヌカッたなトリセツマン-D.D.D.? -」001

 
試験Ⅰ問題4(言語と教育/外国語教育・日本語教育の教授法に関する一問一答形式の問題)
コミュニカティブ・アプローチが重視するコミュニケーション過程の三つの要素の組み合わせとして最も適当なものを、次の1から4の中から選べ。
1インターアクション/リアクション/フィードバック
2インターアクション/チョイス/ファンクション 
3インフォメーション・ギャップ/チョイス/フィードバック 
4インフォメーション・ギャップ/リアクション/ファンクション
バカでした。
「フィードバック」は重要だと思い、錯乱肢の中から2、4を捨てることには成功したのですが、その
後、あまり深く考えず、フィーリングで、「インターアクションは大事やん、チョイスっていう『検定キーワード』聞いたことないしな」と解答欄の1をマークしてシマイマシタ。
しか~し、正解は3。
『日本語教授法ワークショップ(増補版)』(2007、凡人社)「12章 コミュニカティブ・アプローチ」の249ページに、あっさりと「コミュニカティブな教室活動の伝達過程に含まれるべき重要な要素として、Morrow(Johnson and Morrow 1981、邦訳pp.57-68)は、インフォメーション・ギャップ(information gap)、選択権(choice)、フィードバック(feedback)の三つを挙げている」とありました。
トホホ~、トリセツマンの負け~!
反省:ポイントのひとつは「チョイス」を「用語」として理解・認識しているか否か、でした。私は知らなかった!!これからは森永の「チョイス」ビスケットを見るたびに、この問題で「選択」を誤ったことを思いだすことでしょう。嗚呼!

|

« 2012年度日本語教育能力検定試験を「学習材」にする | トップページ | 『オタジャパ!』のオンライン講座やった! »

トリセツマン通信」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2012年度日本語教育能力検定試験を「学習材」にする | トップページ | 『オタジャパ!』のオンライン講座やった! »