グルメ・クッキング

七草粥、つくってみよ

今日は1月7日。七草ですね。

Cimg4574_2七草粥、どうもこれまで「美味しいんかなあ」と、あまり興味がなかったのですが、今年は作ってみようかと。

スーパーでは「七草セット」が売られていますが、あえて、土に植わっているのを買ってきてみました。

レシピは、これがいいかな。 http://cookpad.com/recipe/709190

今年は、食べ物の写真を、美味しそうに見えるよう、撮れるようになりたいです。

追記:作ってみたー!
上のレシピにあった「鶏ガラスープの素」がなかったので、ウエイパーで代用。

お雑煮に使おうと思って買った三つ葉が残っていたので、それも刻んで入れちゃいました。

さらに、乾燥小エビも投入。もっと味気ないと思っていましたが、意外や意外、とても美味しかったです。

葉っぱだけ摘んだので、このまま育てたら、また葉っぱ出てくるかな。

| | コメント (4)

国技館フーズ

さて、国技館話の続き。

国技館にはおみやげ屋さんがあって、そこではなかなか他では見られない、マニア垂涎のグッズがあったりします。

また、国技館でしか食べられないものもあります。今回は、そんな国技館フーズの紹介。

Cimg4058Cimg4059まず筆頭に挙げられるのは力士弁当!
以前は、幕の内弁当しか売ってなかったのですが、3〜4年前ぐらいに、力士の名前をつけた弁当が得られるようになりました。

力士の出身地の食材や、その力士が好きな食材を詰め合わせたもの。

これまで、「朝青龍弁当」「魁皇弁当」「千代大海弁当」「高見盛弁当」などが売られてきました。

私は「高見盛弁当」の中に入っていた姫りんごのワイン煮が好きだったのですが、今場所、十両に落ちてしまったため、「高見盛弁当」は姿を消しておりました。(T_T)

また、先場所で引退した「魁皇弁当」も姿を消してた。(T_T)

今場所、売られていたのは、「白鵬弁当」「日馬富士弁当」「把瑠都弁当」「琴欧洲弁当」の4つ。

で、今回は「把瑠都弁当」をチョイス。

把瑠都が日本の食べ物の中で好きなものを選んで入れた、ということ。

マグロメンチカツ、たこ焼き、ゆでたまご、豚のソーセージなどが入っています。

意外とお子ちゃまな物が好きなんだなあ、把瑠都。

Cimg4066●ちゃんこはスープがわりにいただく

これも、4年ぐらい前に始まったサービス。

1杯250円で、ちゃんこ鍋が食べられます!

今場所は、元大関・霧島の陸奥部屋のちゃんこで、塩味。

国技館地下にある大広間で食べることができる。

私が行った日は12時から2時の間。

12時前から並ばなくても、12時半ぐらいを過ぎると、空いてくるので、そのほうが待たずに食べられると思いますよ。

いつもは、これをスープがわりにいただいてから、力士弁当を食べます。

今回のちゃんこは、肉団子がたくさん入ってて、美味しかった!

Cimg4076_2●新顔スイーツ発見!

食べ物の土産物も、どんどん新顔が出てきます。

今場所、見つけたのはこれ。

「連珠もち」なるもの。

ずーっと前に紹介した「MOCHICREAM」みたいな感じです。

販売元の会社のサイトもご覧ください。

これは、国技館フーズ、久々のヒットになる気がします。

一箱680円で6個入り。

もし、これから国技館に行かれる方、ぜひぜひ、お試しを!

| | コメント (4)

お役立ちハーブ

この時期、ホームセンターなどにいくと、いろんなハーブ苗が売り出されています。

野菜づくりにハマる前、一時、ハーブにハマっていた時期があります。いろいろと試してみて、好きなハーブもだんだん決まってきました。

午前中しか日が当たらない我が家のベランダでも、割と元気に育ってくれて、料理にもよく使えるのは下記かな。

●スイートバジル(シソ科):
トマトとの相性バツグン。暑さが大好きなハーブなので、これからの季節にオススメ。

●スイートマジョラム(シソ科):
今、我が家のベランダで一番元気。
気持ちを落ち着かせてくれる香りがして、私はハーブティーにして飲むことが多い。
パンにチーズをのっけって、ピザっぽくして食べるときに、上に載せてもおいしい。

●ローズマリー(シソ科):
鳥肉を焼くときに、4~5本、摘みとって一緒に焼きます。香りがついておいしいよ。ジャガイモと豚肉を蒸し焼きするときに入れてもおいしい。

●イタリアンパセリ(セリ科):
味はパセリと同じような感じだけど、若干、クセが少ない。
葉っぱの形が三つ葉のようで可愛いらしく、スープに2、3枚のせると、彩りがよくなります。

●ルッコラ(アブラナ科):
「ロケット」とも言われる。葉っぱは、ゴマの味がして、サラダにちょっと混ぜるとアクセントになる。

●ディル(セリ科):
魚料理に合うハーブ。うちでは、塩鮭とキノコのホイル焼きを作るときに、よく中に入れます。ポテトサラダに、刻んでいれてもおいしい。

・・・・・・・

ハーブも、相性があるのか、私がいくら買ってきてもダメなのが、ラベンダー。
ミントも、よく増える割に、使い方がよくわかんなかった。
カモミールも、チーム・アブラーが寄ってきて涙目な結果に。
コモンタイム、オレガノも、正直、使い方がよくわからず。
セージくんは、ぶっちゃけ、香りがあまり好きくなかった。 _| ̄|○

んなとこです。

| | コメント (0)

湿地?@農家の台所

先日、また行っちゃいました、「農家の台所」。

全国の篤農家の人たちが、丹誠込めて作った野菜がたっぷり食べられるお店です。

日本語教育に携わる者たちで、遅ればせながらの新年会(一応、女子会)。

ここの名物は、なんといっても「生野菜バイキング」。

ニンジンやピーマンといった「生」で食べても違和感ないものも、もちろんあるのですが、今回は、エノキダケや皮ごとスライスしたカボチャなどもありました。

お店の人に聞くと、すべて生で食べられる品種なのだそうです。ポクポク、新鮮な食感。delicious

もう一つ、お目当ては「ソルトリーフ」。
そう、去年、栽培しようと思って失敗した、あの「ソルトリーフ」です

葉にプチプチとした水滴のようなものがついていて、その中に塩分があり、何もつけなくても、食べるとしょっぱい味がするという不思議な野菜。

ちなみにお店で出しているソルトリーフ、作っているところのtwitterアカウントはコチラ

一般の園芸店などでは、「アイスプラント」という名前で売られています。
今年も、またそろそろ苗が出てくるころ。今年は成功させたいな。

・・・・・

●湿地?

このお店、お座敷があるのですが、靴を入れる靴箱に一つ一つ、野菜の名前がついています。

「胡瓜」「南瓜」「苺」などは定番。さすがそういう靴箱は人気があるのか、うまっていました。

私が選んだのは「生姜」。まあ、体あったまるし、渋くていいんじゃない?
もう一人が選んだのは「韮」。これもまあ、野菜は野菜の範疇。

Photoもう一人が選んだ札を見せてもらうと、そこにあった文字は「湿地」。

……え? 「しっち」っすか? 

野菜じゃないじゃん。coldsweats01

あ~、ひょっとして、「野菜を育てる場所名」という靴箱もあるのか、な?sign02

一同、「しっち」と疑わず、食事を済ませた後、
帰り際に、靴箱に書かれている文字を見て衝撃を受けたのでした。

「湿地=しめじ」!

……一同:「あ゛ー! しめじかー!!」 

それにしても、日本語教育に携わる者が4人も揃っていながら、だれも気づかないとは……

えー、今後、この女子会は「しめじ会」と呼ばれることになります。

証拠写真はコチラ

2


| | コメント (2)

ベランダ朝摘みサラダ

Photo_2今日はほっこり土曜日。

ベランダのルッコラとミニトマト、それにバジルで、朝摘みサラダをつくってみました(って、皿にのっけただけだけど……coldsweats01

畑のミニトマトには、大きさも甘さもかないませんが、これはこれで、とてもいとおしいものです。

ルッコラは、少し涼しくなってきたせいか、葉が大きくなりはじめました。

ミニトマトは、まだ実はついているけれど、あと半月ほどで、収穫はおしまいかな。

何も知らない頃、わき芽伸ばし放題で育てていたことを考えれば、ベランダで、これだけミニトマトを収穫できるようになったんだから、藤田智先生には感謝です。

| | コメント (0)

利き野菜ジュース

怒涛の数日間。忙しかった。

そんな中で、また行ってしまった「農家の台所」。

一応、言い訳しとくと、打ち合わせを兼ねてのランチです。

野菜がとにかくたくさん食べられるレストラン。

思えば「アイスプラント」との出会いも、ここでした。お店では、「しのぶ」じゃなくて、「ソルトリーフ」という名前で出ています。

Photo

お店のオススメということで、今回試したのは、「利き野菜ジュース」。3種類のジュースの味が楽しめる、というもの。

赤が、トマトとパプリカだったかな?

真ん中のオレンジが、パプリカとニンジンだったかな?

緑が、コマツナと洋なしだったかな?(全部、うろ覚え……coldsweats01

最初、正直、「コマツナっすか……」と思ったのですが、予想に反し、私はこれが一番おいしかった。コマツナって、ジュースになるんだねえ。

Photo_2そして、目玉は、サラダバー!

驚いたのはマッシュルーム。生で出されてるんですよ。

最初、「え、マッシュルームを生でいきますか……」と、抵抗があったものの、これが食べてみると、美味しいんです、ポクポクしてて。

サラダバーは、基本、「生」。

この日は、ほかに、モロヘイヤの葉、エノキダケ、カボチャのスライスも、生でいってみました。

いずれも、美味しかった。

たっぷり野菜をとりました。

が、畑は、またもや放置。そろそろいかなくちゃ。

|

菜園教室の研修旅行に

先週は、菜園教室の研修旅行もありました。

行先は、去年と同じ、伊豆。浄蓮の滝を訪ね、ワサビ農園でワサビ漬けの加工実習、そして、イチゴ農園の視察です。

Photo09●浄蓮の滝

去年は当日雪。そして、今年も前日夜に雪。weep

あのー、なんか、悪いことしたでしょうか、私たち、という感じでしたが、心配は伊豆に着いたら、なくなりました。

むしろ、前日の雪(雨かも)が幸いして、滝の水量が多い!

左が今年、右が去年。勢いが違う!

なんか、幸先がいいよ~。

●ワサビ農園でワサビ漬けの加工実習

Photo_2藤田先生の教え子さんのおうちのワサビ農園。「天城わさびの里」というところで、ワサビ漬けの加工実習をさせていただきました。

ちょうど今の季節、ワサビは花をつけます。

去年の復習ー。ワサビは何科の野菜でしょうか。ヒントは花の形。ダイコンや菜の花に似ていませんか。はい、正解はアブラナ科。

花びらが4枚の十字花が咲きます。今年の菜園検定に出るかな?

ワサビは、肥料などをやらず、湧き出す水のミネラル分で主に育つんだそうです。ワサビは、本当にきれいな水でないと育てられない。ワサビ田をつくるのにウン千万かかるとか。

Photo_3ワサビ漬けの実習は、去年もやったハズなんだけど、すっかり忘れてた。でも、忘れると、何度も感動できる。

大雑把に言えば、ワサビの茎を刻み、酒カスと合わせる。ポイントは作ってもすぐに食べないこと。すぐ食べても酒カスとワサビがなじまず、美味しくない。

これが、2、3日おくと……食べた瞬間、ワタシ、あまりの辛さに意識が遠のき、目の前が真っ暗になりました。

きく~! 辛ければやめときゃいいのに、どんだけ辛いのに耐えられるか、自分の限界に挑戦したくて食べちゃう。そんな私はM?

●イチゴ農園視察

Photo_41研修旅行の3つ目のポイントはイチゴ農園の視察。手にはコンデンスミルクの入ったカップを持って、いざ、ハウスへ。

「ハイ、これが灰色カビ病です」などと、先生の「講義」も受けながら、舌切りスズメの欲深なバアさんよろしく、目は大きくて赤いイチゴにロックオン。

しかし、少し小ぶりで、上に白い部分が残っているぐらいの、若い実のほうが美味しいことに気付く。すでに腹いっぱい。

今年は雨が多いせいで、甘さは去年よりも少し、落ちるかな。

雨が多いせいなのか、農園の中に、アマガエルがおリました(右の写真)。緑でよくわかんないかな。 

バスの中では、菜園検定(来週末21日だよ~)の勉強。

「先生、キノコって、連作障害ってないんですか?」――藤田先生、一瞬絶句。「キノコは野菜ではなくて、菌類ですから、ありません」

先生ー、ごめんなさーい。また、変な質問で沈黙させてしまいました。coldsweats01

まだ道遠し。あと1週間、気合入れて勉強しなくちゃ。

| | コメント (4)

ほっとするMOCHICREAM

またもや、ここ数日、めちゃくちゃ忙しい。取材に出たり、原稿書いたり、校正したり。

Cimg2655家で仕事をしていて、「ここまでやったら、ひとやすみ」のときに、すごくいいもの、見つけた。

MOCHICREAM

「雪見大福」みたいなものですが、そんなに冷たくない。

いろんな味があって、ここにあるのは、宇治金時、チョコレート、キャラメルプリン、ラズベリーミルフィーユ、マンゴー、ちょこばなな。

名前聞いただけでヨダレ出そうになるでしょ。

吉祥寺ロンロンの中にあるお店で売ってます。

ロンロン、改装になるのですが、改装後、このお店は残るのかな。できたら残ってほしいな。

さてと、もうちょっと頑張るか。

| | コメント (2)

今日は七草なのら~

Photo今日は七草。

……ってことは、年明けてもう1週間経った、ってことですな。早!

七草と言えば七草粥。

……ですが、ここは青山部屋。

ここはあえて、先日、一ノ矢さんの授業で教えていただたちゃんこ「キャベツ鍋」、いってみることにします。

これ、ほんとにシンプルで、一ノ矢さんも「こんな材料でおいしいの?って思うかもしれないですが、ほんとにオススメですよ」とおっしゃっていた。

◆用意するもの(2人分)
・豚バラ肉スライス:500gぐらい
・キャベツ:2分の1コ
・コンソメスープの素 3つぐらい(表示より少し濃いめになるように量を調節)
・こしょう 適宜

以上。 お好みで、中華麺2玉を入れてもOK。

◆作り方
1 鍋に湯を沸かして、コンソメスープのもとをとかす。
2 湯が煮立ったら、バラ肉を入れる。この時、開いて入れたほうが柔らかくなります。
3 アクをとって、肉の色が変わったら、キャベツを一口大に切って投入。
4 あとは煮えるのを待つ。食べる前にブラックペッパーで味付け。
5 中華麺は、軽く茹でておいて、2杯目のときに一緒に食べる。

Photo以上。ほんとね、これね、「スープの素だけで、こんなに美味しくできるの!?」って、びっくりすると思います(教えていただいてから、3回か4回はつくりました)。

私も最初、正直、「さみし~い鍋になるのでは?weep」って思ったのですが、そんな考えは食べているうちになくなります。

皆さま、どうぞお試しくださいまし。

←写真追加。出来上がりはこんな感じ。温まるよ。

| | コメント (2)

グラン・クリュに

今日も1日があっという間に過ぎた。でもやることは減ってない……。

昨日は学園祭に行ってきました。いろいろと報告したいことはあるんだけど、また後日。

Photo学校の周りは、紅葉がきれいだったよ。

この時期、歩くのは気持ちいい。

学校から駅まで、友達と歩いて帰ってみました。

途中、前から行ってみたかったお店に立ち寄りました。

Photo_2Photo_3グラン・クリュです。

ここの純生ロール、去年の忘年会で、藤田先生がお土産にくださったもの。

一度食べたら忘れられないよ。ふんわり生地に、生クリームたっぷり。

昨日は、そのお店で、和栗モンブランを食べました。 

さりげない甘さがおいしかった。

秋を満喫。その代り、今日は追い詰められます。crying

| | コメント (6)

より以前の記事一覧