住まい・インテリア

蒼国来さんの土俵復帰を願う

あっという間に9月!

今日は、暑い夏の間にやった仕事の一つが形になったので、ご報告です。

本日発売の『月刊日本語』(アルク)10月号で、記事を書きました!

今回はインタビュー特集です。「語ろう、言葉の力を信じて」と題し、4人の方(加藤登紀子さん、大野更紗さん、アーサー・ビナードさん、蒼国来さん)のインタビューを掲載しています。

この中の、蒼国来さんのインタビューを、私・青山美佳が担当・執筆しました。

蒼国来さんは、中国内モンゴル出身。
今年初め、八百長に関わったという疑いをかけられ、土俵を追われてしまった力士のひとりです。協会側の調査で、一方的に「クロ」と決めつけられ、引退を勧告されてしまいました。

しかし、潔白を主張して引退届を出さなかったために「解雇」処分とされてしまった、という方。退職金(約530万円)の受け取りも拒否し、現在、潔白を証明して土俵に復帰することを目指し、裁判で闘っています。

そんな蒼国来さんにインタビューに行きたい、と編集会議で案を出し、(無理やり?)承認してもらい、8月、編集長とカメラマンと一緒に、今も寝泊まりしている荒汐部屋にインタビューに伺いました。直接、対面して話を伺うと、礼儀正しく、実直な青年だということが伝わってきました。

今回の取材を通して、蒼国来さんの復帰を応援する人々とも出会いました。
蒼国来さんのお人柄が、きっと応援したい、という気持ちにさせるのでしょう。
皆さん、話しぶりはとても静かなんだけど、熱い気持ちを持って応援されていることがわかり、勝手ながら、連帯感を覚えました。

復帰を応援する有志の方たちによる署名活動も続けられていて、先日、聞いた話によると、すでに2万人分、集まっているということ。まだ署名は受付中ということです。

署名は、こちらで、できるので、もし、記事を読んで応援を、と思われた方がいらしたら、ぜひ!

また相撲オタの青山が言ってるよ、と思われるかもしれませんが、今回の件は、外国人の不当解雇という問題もはらんでいて、看過できません。

日々、外国人と接することが多い、日本語教育に関わっている方々にも、蒼国来さんのことを知ってほしいと思って記事を書きました。

特集テーマ「語ろう、言葉の力を信じて」の通り、思いが通じるといいなあ。


| | コメント (0)

本の置き場、作らなくちゃ……

ふー、今日はようやく、大きなヤマを3つ、越えることができました。

最終的な校正が終わって版下ができたもの、入稿指定ができたものなど、明日、一気に入稿します。

仕事って、なぜか重なるときは重なるなんだよなあ。もう少しバラけてきてくれると、よいのですが、フリーランスはそうも言ってられません。仕事をいただけるのはありがたいこと。

このヤマ場の間に、また1つ、編集にかかわった本が出来上がりました。去年の春ぐらいからずっと作業が続いていたもので、やっと形になりました。音声に関する本です。

それと、韓国で出版した能力試験の解説問題集も、また増刷になったということ、それも出来上がってきました。

嬉しいのだけれど、置き場がなくなってきた~。coldsweats01 少し片付けて、すっきりさせなくちゃ(って、1年前から言ってる自分が情けないっす……weep)  

| | コメント (0)

冬の朝の必需品

冬になると、野菜への水やりに加え、毎朝、しなくてはならないことが増えます。

それは結露取り。

うちはなぜか、すごく結露ができやすいらしく、朝、カーテンをあけると、ガラス窓は水滴がびっしり。それを取るのがコレ。

Photo下から上に動かして、水滴をとっていくもの。

面倒な作業ではあるのですが、結構きれいに水滴が取れるので、快感だったりもします。立ったりしゃがんだりするので、体も温まります。

今朝も一仕事。そして窓を開けて空気の入れ替え。

さて、今日もやることたくさん。サクサク片付けなくては!

| | コメント (0)

「ヒンメリ」って、知ってる?

唐突ですが、「ヒンメリ」って、何だかご存じでしょうか。私は、今日、この言葉にはじめて出会いました。

今、ある広告媒体向けに、クリスマスに関する原稿を書いています。その資料を集める段階で、この言葉を知りました。

ヒンメリとは、フィンランドでクリスマスの時期になると飾られるオーナメントのこと。フィンランドでは、ライ麦を使って、このヒンメリをつくり、モビールのようにして飾るのだそうです。クリスマスが近づくと、ファミリーでこのヒンメリを作るのだとか。ちなみにヒンメリは、「空」とか「天」という意味だそうです。

その作り方を説明した本もあるようです。もう少し調べていくと、作者のおおくぼともこさんが開いたワークショップの様子が紹介されていました。→コチラ

幾何学的な立体を組み合わせていくようで、見方によってはとても現代的。でも、自然素材で作っているためか、どこか温かみもあります。

フィンランドの人、すごい器用だな。三次元的にモノを捉えるのが苦手な私には、ムリそうです……。

| | コメント (0)

2009年カレンダー、ゲット!

今年4月から編集に関わっている『月刊日本語』(アルク刊)。日本語教育に関わる方のための情報誌です。私はこの中の連載、「次世代教師の賢い手抜き術」というページなどを担当しています。

この連載で、毎回、面白いイラストを描いてくださっているのが、アキワシンヤさん。そのアキワさんから先日、グループ展開催のご案内をいただきました。場所は、三鷹にあるギャラリー犀

ハガキを見ると、テーマは「セミオーダー カレンダー2009」というもの。イラストレーターさんたちが、それぞれ自分の作品で来年のカレンダーを作ったということ。また、12点の作品以外にも作品が用意されていて、セミオーダーも可能だということ。

Photoで、行ってまいりました。8人のイラストレーターさんによる、それぞれ個性的でステキなカレンダーが並んでいました。

アキワさんのCDケース型のカレンダー、可愛いheart01。アキワさんのイラストは明るくポップな感じ。にぎやかな音楽が聞こえてきそうな画風です。普段、月刊誌のほうではモノクロなのですが、カラー作品だと、さらに作風が引き立ちます。来年、机の上に置くのはこれでキマリ。

Photo_2そして、もう1点、ステキなカレンダーに出会Photo_3いました。

中村奈々子さんという方の作品。表紙は、例によって私の好きな「小さいものが並んでいる」パターン。

中は、白を基調にやわらかい色彩で、オシャレなシーンが描かれています。

これは壁にかける用に。月が変わるたび、めくるのが楽しみなカレンダーです。

それにしても、イラストレーターさんって、自分の好きな絵でカレンダーをつくることができるんだ~。絵心のない私は、絵の才能のある人が本当にうらやましいです。

| | コメント (0)

日差し深く……

冬が近づくにつれ、太陽の高度がどんどん低くなってきます。そのため、朝の日差しが部屋の奥深くまで届くようになってきました。

Photo_2今朝、コーヒーを入れて、何気なくカップをテーブルの上においておいたら、その深く届く朝日に照らされて、長~い影ができていました。

今朝はまた、今年初めて、窓に結露ができているのも確認しました。

冬が一歩一歩近づいているんだな~。

| | コメント (0)

ベランダでひなたぼっこしてたのは……?

だんだんと太陽の高度が下がってきて、ここのところ、日光が部屋の奥まで差し込むようになってきました。

特にうちのベランダは東向きなので、朝は日差しがたっぷり。あたたかくて気持ちいい。

Photoそのベランダ。今朝、ふと見ると、ついたてのガラスの下に、なにやら小さい影が。寄ってみると、茶色の尻尾が見えています。

日差しが気持ちいいのか、どうやらすずめが羽を膨らませて、ひなたぼっこしている模様。sun

あまりに可愛かったので、撮影しようとデジカメを用意。そぉ~っと近づいて撮影成功!(といっても、尻尾しか見えないんですがcoldsweats01

あたたかい日差しに、テキもちょっとぼーっとしてたのか、野生の割に反応が鈍かった。

鳥が羽を膨らませている姿って本当に可愛らしい。手で、むぎゅってしたくなります。

| | コメント (0)

おまえはどこから来たのだ?

10月に入って、夏に比べるとだいぶ気温が下がってきました。春に買ったニーム。インド原産の植物なので、寒さに弱い。そこで、部屋の中にいれることにしました。置いたのは日のあたる、我が家では一番よい場所です。

Photo昨日の朝、虫食いの葉などがないか、確認していると、何やら糸っぽいものがついているのを発見。で、よく見ると、小枝みたいなものが葉と葉の間にある(写真の右側の上の葉と2番目葉の間です)。

もっとよく寄ってみたら、ギョエー、毛虫だ(毛ないけど……)!

オマエさん、いったいどこからやって来たんだ?

そもそも、ニームって、虫を寄せ付けないんじゃなかったのかよっ! 自ら虫を招聘してどうする!

もっとアップで撮った写真もあるんだけど、気持ち悪いので、直接画面に載せるのはやめておきます。ご覧になりたい方はこちらでどうぞ。→ 「neem_mushi.jpg」をダウンロード

かわいそうだけど捕殺だ。「捕殺」、すなわち「捕らえて殺(や)る」。さすがに素手では無理。(でも、藤田智先生によると、畑づくりに慣れてくると素手でいけるようになるそうですcoldsweats01) 割り箸でつまみ、ベランダで……。南無。

それにしても、ニームも虫がつくことあるんだ。

| | コメント (2)

うちのインテリアに統一感がない理由

9月に入り、気分を変えたくて、ブログのデザインも変えてみました。
こういうデザインも、いろいろあるものなんですね。

私はどうも昔から、今回選んだデザインのように文房具がモチーフになっているものとか、あるいは小さいものがたくさん並んでいるようなデザインに引かれてしまうようです。

この「豆力士タオル」なんて、国技館で見つけたときは狂喜しました。全体像がご覧になりたい方はコチラ錦絵師で、力士を題材にたくさんの作品を手がけていらっしゃる木下大門さんの作品です。Photo_3

また、この本なんて、完全にジャケ買いならぬ、装丁買いです。中身、あんまり読んでません(てか、ぜんぜん読んでないcoldsweats01. ごめんなさい、大修館書店さん。追記:今尾泰三さんという方のデザインです)        

PhotoPhoto_2プロフィールのほうのデザインも変えてみました。ちょっと手書き風な、クールすぎないブラック×ホワイトも好き(トップのブタのデザイン、3パターンぐらいあるようで、見るたびに変わるようです)。

……とかいって、好きなデザインの方向性がまったく統一されていないのが、家のインテリアに統一感がない理由かもbearing

| | コメント (2)

ベランダからなにやらカサコソと……

昨日の夕方のこと。暗くなったベランダから、なにやらカソコソと物音がします。

「なんだろう? セミが迷い込んだのかな? でも、ゴキだったらイヤだから放っておこう」

30分ぐらいして、パソコンに向かって原稿を書いていると、右目の視界の最も外のほうに、そこにはあるはずのない「緑色」のものが、何かある!

視線をそちらに向けると、なにやら虫が……。

さらに近寄ってみると、あれ? スイッチョン?

カソコソ音の正体はコイツだったのかな? 珍客さん、とりあえず記念撮影。

Photo網戸ごしなもんで、あまり鮮明な写真でなくてすみません。

それにしても、必死にしがみついちゃってます。観察してみると、ときどき、まばたきなんかもして、顔もよくよくみると可愛い。おなかも膨らんだり引っ込んだり。ちゃんと呼吸してるんだね。

手ブレしない写真を撮ろうと思い、何か台を……と、その場を離れ、数秒後、戻ったら、もう姿は消えていました。

日が落ちるのもだいぶ早くなり、しかも、ここ数日の気温の低さのせいか、すっかり夜の主役はセミから秋の虫へ。過ぎ行く夏を感じました。

| | コメント (0)