仕事で関わった本

日本語教育能力検定試験の対策本、2冊、編集・執筆しました

日本語教育能力検定試験関連の本、編集・執筆に関わったものができあがったので紹介します。(その1)
受験者の間で「バイブル」ともいわれるムックの平成29年度版です。
日本語教育能力検定試験は、範囲が広いので、まずは試験の概要をつかむことが重要。それには最適な1冊だと思います。過去の出題傾向などを反映した問題を解きながら、問われやすい事項を押さえられるのはもちろん、試験の目的、受験までの流れ、合格者の勉強法、模擬問題なども掲載されているので、1冊読めば、試験の枠組みが理解できると思います。
今回、私が担当したのは、試験IIIの最後に控える記述式問題の部分。
担当の先生が作成してくださった問題に対する解答例を作成しました。
記述式解答で求められるのは、実施団体のサイトによると、以下のように書かれています。
「『言語にかかわる事象』や『教育実践の方法・内容』などに対する考えや主張を問います。考えや主張の是非ではなく、その伝え方を論理性と日本語力の面から測ります。」
私の理解では、記述式解答で求められているのは、立場を、説得力のある客観的な根拠とともに正確な日本語で述べること。その辺りを意識して解答を作成しました。
対策が後回しになりがちな分野ではありますが、述べるにふさわしい「型」みたいなものがあるので、それを押さえるのが早道。あとは練習を繰り返せば、高得点が望めます。
「主張の是非は問わない」ということなので、奇抜でユニークなアイディアを述べようとしてすべるより、まずは論述文で述べるにふさわしい内容とは何かを押さえてから、練習・訓練するのが得策だと思います。その辺りも解説に書かれているので、ぜひご一読を!
なお、受験者が論理的な解答を書けることは合格するためにも必要ですが、実は教えるようになってから、学習者の作文や論文を添削する立場になったときに必要になる力であるともいえます。もっと力を付けたいという方は、併せてこちらの本もどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本語教育能力検定試験関連の本、編集・執筆に関わったものができあがったので紹介。(その2)
受験生の間で「赤い本(赤本)」と呼ばれている問題集。その改訂版です。
「教科書」と銘打ってあるとおり、検定試験に必要な項目・知識を全分野にわたって網羅し、解説してあります。
今回、私は、全般にわたっての編集補佐という形で、関わらせていただきました。
本の大きな特徴としては、合格に必要な知識を絞り込み、問われやすいポイントや過去の出題事例などをわかりやすく示したということ。また、説明は図や表、イラスト、箇条書きを効果的に使い、かなりコンパクトにまとめられていると思います(原稿段階で、「ここまでは検定試験には必要ではないのでは?」というところをカットしたりということも、正直、ありました…^^;)。
また、年によって変動がある統計数字などは、WEBと連動させて、随時、新しいものを参照しやすくしたことも特徴といえるでしょう。
検定試験に関しては、合格してもメリットがないとか、実践力が測れないから不要という論をたまに見かけるのですが、私は、教えるための基礎力として、やはり検定試験に出題される範囲の知識は必要だと考えます。なぜなら、知識は現場での、よりよい実践を支える力になると思うからです。また、現行の教え方を批判的に見るにしても、基礎知識なしにはできないとも思います。
今回、検定試験対策本、たまたま同業他社の本2冊に関わらせていただくことになりましたが、どこの社のためということにとどまらず、これから日本語教師を目指す人、検定に合格したい人に役立てばという思いで作業に取り組みました。現場で役立つ知識を身に付ける一助になれば嬉しいです。

| | コメント (0)

『オタジャパ!』のオンライン講座やった!

昨年夏に国書刊行会さんから出版した『オタジャパ! オタクな例文で覚える上級表現 &  文型』

生み出した子は育てなければ、ということで、本の内容を紹介する講座を開きました。

講座を開いた、といってもオンライン上でのこと。現在、国際交流基金の日本語教育上級専門家として、エジプト・カイロに滞在していらっしゃる村上吉文先生が、実施している「中東日本語教師オンライン研修2012」というものに出演(?)させていただきました。

この本、これまでにあまりなかったタイプのテキストのためか、「どうやって使ったらいいかわかならない」「オタクって言ってるわりに、練習問題は普通じゃん」といった声も聞かれます。

こうした声に応えようと思い、どんな意図をもってこのような構成にしたのか、あるいは、使い方のヒントのようなものを紹介しました。こちらで録画を見られますので、ご覧ください。

また、そのときの説明用につくったスクリプトもアップしておきます。

「_.doc」をダウンロード

来月3月には、国書刊行会さんの営業さんが、アメリカで、この本を紹介するワークショップを開催してくれるそう。そちらでも、このビデオを流してくださるということです。(^^)

| | コメント (0)

平成24年度の日本語教育能力検定試験の合格率は23%

アルクさんのブログに書こうと思ったのだけれど、もろもろ、間に合わなかったので、こちらに。

10月に行われた日本語教育能力検定試験の結果が、先週末、受験者に発送されました。

日曜日に配達がない「特定記録郵便」というもので合格証が発送されたため、だいぶ、じりじりと待たされた方も多かったようです。

でも、月曜日には、多くの方に嬉しいクリスマス・プレゼントが! 合格された方、本当におめでとうございます! 

一方で、今回は涙を飲まれた方もいらっしゃると思います。実施報告の概要を見ると、全科目を受験したのは4,798人、合格者は1,109人で、合格率は約23%。

前年は、試験内容が変わったことを考慮してか、合格率は27%近くにまで上がりましたが、また、今回は、例年通りに戻ったようです。

いずれにしても、合格できるのは5人に1人という試験。やはり狭き門といえますが、次の試験まで、まだ10カ月ある! しっかり計画を立てて勉強していけば時間は充分あります。

来年2月に刊行される「日本語教師になろう 2014年版」の取材では、通信講座NAFLのテキストを使い倒して、なんと、実質1カ月半の勉強で合格された、という方のお話をお聞きしました。この方法がまた、ものすごく効率的!

じっくり、焦らず、慌てずに勉強をしていけば、来年のクリスマスには、きっと嬉しいプレゼントが届くはず。

どうか皆さん、よいお年をお迎えください。

 

| | コメント (0)

雑誌休刊、そしてブログ開始など

あっという間に11月もあと1週間。

なんだか、いろいろとめまぐるしく周囲が変わり、こちらに書く暇がありませんでした。いろいろご報告。
●『日本語教育ジャーナル』が休刊に

記事を書いたり、取材に行ったりと、いろんな形で関わらせていただいていた雑誌『日本語教育ジャーナル』が、来年2月に出る春号をもって休刊することが決まりました。

版元であるアルクさんの経営陣が変わったこと、紙媒体で雑誌を刊行していくという形態が過渡期にあること、など、いくつか理由はあると思うのですが、この雑誌、日本語教育業界の業界誌的な役割があったので、少なからず、インパクトがあった模様。

中には、「日本語教育の衰退ではないか」と語る声も散見されましたが、そうではない、ということは言っておきたいな、と。

日本に住む外国人がますます増える世の中、日本語教育は、社会の安定に不可欠なもの。また、日本語を学ぶことを通じて世界中に日本ファンが増えるのは、何より安全保障にもつながると思う。衰退させてはイカンのです。

●アルクさんのサイトで、ブログ開始!
雑誌の休刊と、たまたまタイミングが合ったのか、アルクさんのサイト「スペースアルク」で、来年、日本語教育能力検定試験を受験する受験生を応援するブログを書かせていただくことになりました。

私の検定受験経験をはじめ、試験を受けるのにおさえておいたほうがいいなと思う時事ネタ、公の統計など、お知らせしていけたらと思っています。昨日、オープン。よろしかったら覗いてみてください。

●『オタジャパ!』を紹介するオンライン講座に出演(?)
8月に国書刊行会さんから出版した『オタジャパ! オタクな例文で覚える 上級表現&文型』の内容について、オンライン上で説明をする、というものに出演(?)させていただきました。コチラでご覧いただけます。

現在、エジプト・カイロに赴任されている国際交流基金の日本語教育上級専門家で、『月刊日本語』『日本語教育ジャーナル』で、大変お世話になっている村上吉文先生が、この本をご覧になって、声をかけてくださいました。

なんでもチャンスをいただいたものはやってみよう、ということで、恥ずかしかったのですが、当たって砕けろ精神でやってみました。いや〜、聴衆がいないところで話す、というのも、結構、緊張するものですね。

と、まあ、10月後半から11月前半にかけて、いろいろありましたが、とりあえず、私は元気です。(^^)

最近は、ツイッターでつぶやくことが多いので、こちらもよろしければフォローしてくださいませ。

| | コメント (2)

蒼国来さんの裁判、本日、結審を迎えます

今日、蒼国来さんが土俵復帰を目指して戦ってきた裁判が結審する。第1回公判は昨年7月14日だったので、戦いは1年以上に及んだことになる。最初に取材で話を聞いた時、「解雇と言われた日は悔しくて眠れなかった」と、「冷静に」話してくださった。

最初は「そうだよなあ。自分はやっていないのにやったと言われたら悔しいよなあ」と思うだけだった。だが、裁判をずっと傍聴してきて、「悔しくて眠れなかった」の一言に込められた意味が、ものすごく重いものだということがわかってきた。そしてそれは、私の中でも怒りに変わった。

最初からクロと決めつけての調査。蒼国来さん側は、携帯電話や預金通帳を調べてほしいと言ったのに、調査委員は調べなかったことも裁判では、明らかになった。こんないい加減な調査で解雇となり、汚名を着せられてしまった蒼国来さんの胸の内を思うと、本当に怒りしか出てこない。

蒼国来さんは中国・内モンゴルの出身。元はレスリング選手だったが「相撲以外のスポーツはもうやらない」と決意して来日したという。自分が相撲で活躍することで、内モンゴルのことも知ってほしいという思いもあったという。一生懸命稽古し、やっと幕内に上がった矢先、今回のことが起きた。

努力して実力をつけ、これからやっと活躍できる、という思いでいたところに、まったく身に覚えのない罪で解雇と言われたとしたら、あなたはどう思うか。しかも、異国の地で。蒼国来さんの「悔しくて眠れなかった」には、こういう意味も含まれている。

取材で「冷静に」語ってくれたのは、ものすごく強い心を持っているからだと思う。でなければ、この長い裁判を戦えないと思う。幸い、蒼国来さんには心強い弁護団がついている。裁判の様子を見ていると、彼らも単なる仕事としてではなく、蒼国来さんを本当に思って戦っているのがわかる。

蒼国来さんは、こんなことがあっても、日本が嫌いになったわけではないという。それは、皮肉なことだけれど、今回の件で、自分を支援してくれる人や、「頑張れよ」と言ってくれる人と、たくさん出会ったからだと言う。こんな一途に相撲にかけてきた青年の思いが届くことを願ってやまない。

| | コメント (2)

『オタジャパ! オタクな例文で覚える上級表現 & 文型』刊行!

この度、『オタジャパ! オタクな例文で覚える上級表現 & 文型』という本が国書刊行会さんから出版されました。私も、『オタジャパ製作委員会』の一人として、参加させていただきました。

Photo表紙の絵を見て、「何、この本!」という拒否反応を示す方もいることでしょう。あるいは、例文を読み、「意味わからない……」と思われる方も多いことと思います。

私も、最初は「これまた、ずいぶん、“振り切った”企画だなあ」と思いました。ただ、企画会議を重ね、本づくりを進めていくにしたがって、その認識は変わっていきました。

皆さん、ご承知のように、今や、多くの日本語学習者の学習動機として、アニメやマンガは強大な力を持っています。日本人や先生よりも、マンガに関する深い知識があり、好きなアニメ作品に対する強い愛を持っている「オタク」な学習者が、あなたの教室にもいることでしょう。

どなたにも、興味を持っている分野のことで勉強すると、単純に楽しいし、記憶にも残りやすかった、という経験は、あるのではないかと思います。

でも、多くの教科書に載っているのは、真面目な例文や文章。せっかく勉強するのだから、興味を持っていることをテーマにして勉強しても悪くないんじゃないか、というのが、この本をつくることになったおおもとの発想です。

●「例文」は「気持ち」で分類
「文型」として取り上げているのは、旧日本語能力試験1級の、いわゆる「機能語」です。ただし、「二重否定」「接続表現」といった「形式」で分けるのではなく、「表したい気持ち」で分類しました。気持ちで理解すれば、記憶にも残りやすいのではないか、と思ったからです。

例文は、アニメやマンガ、オタク文化を題材にしています。知らない人にとっては「イミフ」だと思います。でも、「一般の人みんながわかる」のではなく、「私はわかる」のが「オタク心」というもの。知っている人が「ああ、あのアニメのことか」と思って、ニヤニヤしてもらえればよいな、と。

余談ですが、気持ちで分けてみると、「相手をほめる」「感謝する」といった表現よりも、上級表現には、意外と「相手を非難する」「怒りや不快感を伝える」表現が多いんだなあ、ということがわかりました。怒りや不快感を伝えるほうが、より高度な言い回しが必要だからなんだろうね。

●日本のアニメ・マンガの底力が理解できる「オタトピック」
学習者の方にはもちろんですが、先生方にオススメなのは「オタトピック」です。これは、ここ最近の新聞記事の中から、アニメやマンガ、日本のオタク文化について書かれたものを選んだものです。これらを読むと、学習者や海外の人がどうして日本のアニメやマンガに引きつけられるのか、理由がわかるようになります。

私も、これらの「オタトピック」を読んで、「学生はよく知っているよね」で、済ましているのはもったいない、と思うようになりました。今さらながら、「ONE PIECE」のアニメ、見ちゃったよ。

「オタトピック」は、日本語能力試験の「文章の文法」の問題の形式にも合わせているので、読解教材としてそのまま、使っていただけると思います。

1級の機能語とはいっても、全部網羅しているわけではありません。今回は、文型を網羅的に示すよりも、日常でよく使われるもの、アニメやマンガで使われているものを優先しました。

これで日本語の勉強すべてをカバーできると考えているわけでも、もちろんありません。でも、この本をきっかけにして、ちゃんと日本語を勉強してみよう、と思う学習者が増えてくれたら嬉しいなあ。

追記:書店に並ぶのは、お盆で取次が休暇だったため、今日20日以降になるみたいです。
もし、見本が必要な方は、国書刊行会さんが内容見本(無料)を作成してくれたということ。「お問い合わせ」フォームから、請求すれば郵送してくださるそうです。

| | コメント (2)

「最後の忍者」に会ってきた!

今日は、久々に本業の話(相撲見たり、野菜づくりばっかりしているわけではないんですよ〜)。

ライター・編集者として関わらせていただいている『日本語教育ジャーナル』(アルク)の秋号が本日、発売になりました。

『日本語教育ジャーナル』は、日本語を外国人の学習者に教える「日本語教師」の方のための情報雑誌で、約20年前に創刊。2012年5月からは季刊発行になりました。

Img_1162この中で今回、私は「最後の忍者 川上仁一氏に聞く」という記事を取材・執筆しました。

きっかけは今年2月、ネットニュースで、「『最後の忍者』が三重大学の特任教授に就任。忍術学を学術的に研究する」という記事を見たこと。

なぜ、「日本語教育の本に忍者を取り上げるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、「忍者(NINJA)」は外国人を魅了する日本文化の一つ。忍者を題材にしたアニメも多く、海外には「NINJA」ファンがたくさんいます。日々、外国人と接する日本語教師の先生たちも、学習者から忍者について聞かれることもあるのではないか、と思って企画案を出したところ、GOサインが出ました。

取材に行ったのは、忍者の里・滋賀県甲賀市。実は、甲賀市では「忍者検定」というものが行われています。すでに今年で5回目となるのですが、そちらで今回、川上先生がご講演をされるのに合わせ、お話を聞きに伺った、というわけです。

川上先生が忍者修業をすることになったきっかけ、実際にどんな修業をしたのか、忍術とはどういうものなのか、そして、三重大学ではどのような研究をされようと考えていらっしゃるのか……。

詳しくは、記事をお読みいただければと思うのですが、もっとも印象に残ったのは、「忍者は刀や鎖鎌を振りまわす戦闘的な暗殺者というよりも、むしろ、敵陣に忍び込んで情報収集や謀略活動を行うという危険な任務を遂行するための高い身体能力を持ち、薬学や医学、天文学、心理学の知識も持った頭脳プレイヤーでもあった」ということ。

情報収集・謀略活動の目的も、「この狭い国土内では村と村が近接しているため、ガチンコで武力戦になると互いにダメージが大きいので、情報戦で優位に立って、できるだけ争いを回避させるためだった」というのも、非常に興味深かったです。

取材をして、私は「忍者」のイメージが変わり、もっと「忍者」や「忍術学」について、深く知りたくなりました。来年、受験しようかな、「忍者検定」(笑)。

『日本語教育ジャーナル』は全国の大手書店で購入できるほか、Amazonでも購入できます。


| | コメント (2)

『日本語教育能力検定試験 合格するための本』できた!

今日は本業の話。

毎年、日本語教育能力検定試験の対策本として作成されているムック、『平成24年度 日本語教育能力検定試験 合格するための本』(アルク)が、先日、刊行されました。

今年は富士山の表紙が目印。

例年、合格者の話を聞くと、「まず、この本を買って試験の概要をつかんだ」「試験勉強の進め方がわかった」という話をする方が多く、受験を考えている方なら必携の本だと思います。

今回、青山組は、最後の練習問題80を担当。

●「時事問題」は、日本語教育や外国人政策などをめぐって、おさえておきたい時事キーワードや省庁名、政策名などを中心に問題を作成しました。基本的事項をおさえた上で、あとは自分で調べるなどして知識を補強するとっかかりとしても使っていただければ嬉しいです。調べる過程で記憶が強化されたり、点と点だった知識がつながってくると思います。

●「仲間はずれ問題」は、試験1の冒頭にある5択問題。過去に頻出している観点を中心に問題を作成しました。まず取り組んでみて、どんな観点から問われるのか、つかむのに利用してください。試験直前の知識整理にも使えると思います。

最初はチンプンカンプンでも、勉強をすすめて、自分なりに「仲間はずれである」根拠が説明できるようになったら合格は近い!?

| | コメント (0)

蒼国来関を囲む会(9回目)に参加してきました

昨日は、「蒼国来関を囲む会」に出席してきました。

このブログで何度も書いているので、ご存じの方も多いと思いますが、蒼国来関(以下、エンさん)は、中国・内モンゴル出身の力士。昨年、角界を揺るがした八百長問題で、一方的に「クロ」と決めつけられて引退勧告を受け、「やっていないのに従うことはできない」と従わなかったため、「解雇」とされてしまった方です。

今、土俵復帰を目指して裁判で戦っています。

だいたい毎月1回、裁判の進捗状況の報告と、エンさんがどのような思いでいるのか、どんな生活をしているのかという現状報告をする機会として、「蒼国来関を囲む会」が開かれています。

昨日は、その第9回でした(案内はコチラでいつも出ます。誰でも参加できますよ〜。ちなみに次回は5月12日(土)だそうです)。

エンさんは、春から社会人ラグビーチームのトレーニングに参加しはじめた、ということ。昨日は、その様子を撮影したビデオの上映がありました。さすがアスリート。体を動かしているときはいきいきとした表情をされていました。

ラグビーのチームメイトとの交流も深まったようで、「皆さんが応援してくれる」と感謝の言葉を述べるエンさん。

以前、インタビューさせていただいたときに、今回の件を通して、日本が嫌いになったのではないか、と聞いたら「日本や日本人が嫌いになったことはない」と明言されていたのですが、昨日は、それがリップサービスなんかではなく、本当にそのように思われているんだな、ということがわかりました。

土俵から追放しようとしている日本人がいる一方で、応援しようとしている日本人もいる。その人たちに出会ったことが、エンさんにとっては力になっているようです。もちろん、それは「応援しよう」と思わせるエンさんのお人柄があってのこと。

土俵を追われてから1年。裁判は夏ぐらいまで続きそうな見通しです。協会側は、この事件は解決済みとしたい姿勢がありあり。

一方で、弁護士さんやご本人のお話を聞けば聞くほど、特別調査委員会の調査は杜撰だったことがわかり、怒りがわいてきます。ヽ(`Д´)ノ 

国ではレスリングやボクシング選手としても活躍していたエンさん。違う道を進めばいいじゃないか、という人もいるかもしれません。でも、来日するときは、「相撲は、自分がやろうと決めた最後のスポーツ」という強い気持ちを持ってやってきた、といいます。

ラグビー選手に混じってトレーニングする姿も素敵♡でしたが、やっぱり一番見たいのは、キリッとマゲを結い、まわしをしめて土俵に立つ姿です。

昨日、出席して、あらためて思いました。「とことん応援するよ、エンさん!」

●追記:中国で、SEをしていらしたという老叮噹さんという方が、この記事を、中国語に訳してくださいました。コチラのページです。もし、中国語を解するお知り合いの方がいらしたら、ぜひ紹介してください。

| | コメント (2)

日本語教育関係のデータを調べるときに便利なサイト

ずっと野菜のことばっかり書いていたので、たまには日本語教育のことも。

今さらですが、『月刊日本語』(アルク)の2011年11月号では、日本語教育と政治についての特集を組みました。その際、データを調べるのに便利だったサイトをまとめておこう。

気づいたら随時追加するかもしれません。

●「高度人材」
◆グローバル人材の育成に向けた提言(経団連/2011年6月14日)
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2011/062/index.html

◆アジア人財資金構想:http://www.ajinzai-sc.jp/k_jirei.html

◆JASSO「留学生の進路」21年度と20年度:
21年度:http://www.jasso.go.jp/statistics/intl_student/data10_d.html
20年度:http://www.jasso.go.jp/statistics/intl_student/data09_d.html#no1

◆「外国人高度人材に関するポイント制導入の際の基準等に関する論点整理」取りまとめ(厚生労働省/2011年8月)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001m1bh.html

●外国人集住都市会議
◆外国人集住都市会議サイト:http://www.shujutoshi.jp/

以下は、誌面ではページ数の関係でカットになってしまった「外国人児童・生徒」について。

●外国人児童・生徒について
◆日本語指導が必要な外国人児童生徒22年度(文部科学省/平成23年8月16日)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/08/1309275.htm

◆外国人児童の多様性への対応(文部科学省):
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2011/04/15/1304668_3.pdf

◆「定住外国人の子どもの教育等に関する政策懇談会」の意見を踏まえた文部科学省の政策のポイント
(文部科学省/平成22年5月19日)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/kokusai/008/toushin/1294066.htm

| | コメント (0)

より以前の記事一覧